フランス語のお仕事

初のフランス語の絵本

今日は一日中、パパと過ごしました。とてもめずらしいことです。アタシがアルバイトから帰ると、パパと本を読んでいました。今日、学校の図書館で借りたワニの本です。ミミズ、ちょっと疲れた表情をしていましたが、パパと楽しそうに本を読んでいました。

それからパパのゲームをやりました。マリオカートみたいなゲームを、興奮気味にやっていました。しかもフランス語で叫びながら。さすが、パパとずっと一緒にいると、ひとり遊びもフランス語になるんだなぁということがわかりました。つまり、ミミズの日本語は、アタシがつねにいっしょにいるから上達しているということになります。

さて、夜ご飯の後、アタシはひとりで柔道へ行きました。ミミズは「パパとおうちにいる」と言ったのです。めずらしいことだけど、こんな日もあるんだなぁと思いました。で、柔道から戻ってくると、何だかグッタリした様子。何かと思ったら、ミミズはフランス語で本を作っていたのです。

かわいく仕上がりました

タイトルは『Les 4 seasons』、春夏秋冬の木の絵を描いた本です。春夏秋冬でその様相を変えた1本の木の様子を描いています。これまでいろんな本を作ってきたので、本の制作それ自体はめずらしいことではありませんが、フランス語で作ったのははじめてです。物語は絵で表現されていて、フランス語は春夏秋冬という言葉だけですが、それでも立派なひとつのお話です。

月曜日に学校に持っていって、先生に見せるのだとか。日に日にフランス語も上手になり、さらにフランス人としても磨きをかけている毎日です。

フルーツサラダを作ってみた

もうすっかりお姉ちゃん

小学校で何を勉強しているのか、実はよくわかっていません。宿題の内容を見て、今日はフランス語を勉強したのかなとか、今日は算数の勉強をしたのかななどとわかりますが、時間割をもらったわけではないので、ミミズの話を聞いてこういうことをやったのかなとわかったりします。

で、先週ぐらい、フランス語の不定冠詞(un, uneなど)の勉強のためのテキストで、フルーツサラダのレシピを持ってきました。で、このテキストを使って、実際に学校でお料理をして楽しかったと話していました。「今度、作り方を教えてあげるよ」とミミズが言うので、今日作ってみました。

材料は、りんご、洋なし、バナナ、ぶどうです。皮をむいて、細かく切って、ボールに入れて、混ぜるだけ。仕上げにレモン汁とお砂糖を入れるとありましたが、レモン汁がなかったので、お砂糖もなし。皮をむくのはママの仕事、食事用のナイフでフルーツを小さく切るのはミミズのお仕事で、ふたりで楽しくできました。

それにしても、もうこんなに大きな女の子になったんだなぁと驚きます。昔の写真を探していたら、2歳ぐらいのころ、ミミズがおままごとをしていた写真を見つけました。もうこのころとはぜんぜんちがいます。時の流れの速さに驚くばかりです。



ブラジャーを買う

柔道の後はブラをつけます

ブラジャーの存在は少し前から気になっていました。柔道のお友だちで、1歳年上のマイリースという女の子がいて、その子がつけていたのを見たからです。その子は、お姉ちゃんが13歳ぐらいで、同じようにお姉ちゃんのブラジャーを見て、つけるようになったみたいです。で、水曜日、お買い物に行ったときに買いました。

ブラジャーのサイズは8歳ぐらいからあります。いろいろなメーカーが作っていますが、はっきり言って8歳の子がつけてもブラジャーの意味はあまりないように思います。でも、8歳サイズから販売されているには、購買層がいるからなわけで、ちょうどの購買層にいるのが、ミミズということになるわけです。

ふたつで10ユーロぐらいのブラジャーがかわいらしくて、これがほしいと言いました。でも、もしかしたらやっぱりあんまりよくないと思ったらもったいないので、ブラとショーツで6ユーロぐらいの白のセットを購入しました。

購入してすぐにつけてみましたが、やっぱりちょっと違和感があったみたいで、つけてすぐに外してしまいました。「柔道の後につけるから」と言って、とりあえずブラジャーをもっていき、柔道の後のお着替えの際につけてみて、いろんなお友だちに見せていました。

「ママ、ブラジャーもっと買わなきゃね、だって、ママも毎日ちがうブラジャーをつけているでしょ」と言います。ぜんぜん使っていないのに、買う必要があるのか微妙だけど、もうそんなことに興味を持つようになったのかと思うと、何だかニヤッとしてしまいます。

またそのうち新しいブラを買ってあげようかなぁと思ったり。ミミズが最初にかわいいと手に取ったピンク色のネコの柄のブラにしようかなぁとかね。



字がきれいになったのはスマイルゼミのおかげだと思う

毎朝の漢字練習にもその影響が!

フランスで生まれ、フランスで小学校に通っているミミズですが、まったくどこから見ても日本人です。小学校に通いはじめたら、日本語が下手になるかなぁと少し心配していましたが、むしろグレードアップしているように感じます。

この夏の日本でのさまざまな経験、とくにプラネタリウムで夏の大三角を学んだり、星の名前を覚えたりしたことがフランスに戻ってからも生きていて、「あ! あれは夏の大三角じゃない? あれがペガね、アルタイルがあっちで、残りのひとつがおしり星のデネブよ!」と叫び、「とうとうミミズとママはフランスで夏の大三角を発見したのであーる!」と、何だか興奮してみたり、「私、日本のあーちゃんといっしょに暮らしたいけど、フランスのおうちがなくなるのはイヤなの、どうしよう…」と悩んでみたり、ふたつの文化の間で楽しく過ごしています。

ところで、今週からアタシはアルバイトがはじまりました。今回は微妙にパパの仕事との連結がよく、朝、アタシがミミズを学校へ連れていき、その足でアルバイトへ行き、ミミズを迎えにいくのはパパで、アタシがアルバイトから帰ってくるまでパパと二人で過ごし、パパは夜勤で朝まで働きます。だから延長保育などもなく、いい具合に毎日過ごしているのですが、ミミズはママと過ごす時間が少し減ったせいか、アタシが帰ってくるとものすごいわがままになります。しかも、パパと宿題をやりません。毎日、ちょっとした復習を家でやらなければいけないのですが、パパとではなく、ママとやりたいのだとか。

それにしても、これまで以上にフランス語で過ごす時間が増えているにもかかわらず、日本語のレベルがますますレベルアップしている理由はどこにあるのかと考えてみたら、やっぱり朝の勉強とスマイルゼミ以外、考えられないのです。

スマイルゼミは、似たような課題をちょっとずつだけど毎日繰り返していて、そのおかげで足し算や引き算の仕組みなどもわかり、字が上手になっています。スマイルゼミの字の練習は実におもしろくて、鉛筆のようなペンを使ってタブレットで字をなぞり書きしてから字を書く練習をします。うまく書けると〇、さらに上手だと◎、もっと上手だと花丸になるのですが、花丸になるまでやります。

実は書道でもなぞり書きすることで字が上手になる練習方法があります。アタシもかなりなぞり書きで練習しました。おかげで少しぐらい人前で字を書いても恥ずかしくはなくなりましたが、ミミズも同じように上達しているのでとてもおもしろいです。

現在、スマイルゼミではひらがなの練習のみですが、字のバランスなどがとてもうまくなっています。嫌がらずに続けてやっているので、スマイルゼミを選んで本当によかったと思っています。

親の評価表

パパとママの評価表(コメント入り)

毎週金曜日、学校での授業態度を基準になされる評価表を持って帰ってきます。いい子の日は緑のチェックで、何かで注意されると黄色いチェック、悪い子の日は赤いチェックで、いつもはだいたい緑チェックばかりのミミズが、今週は一日だけ黄色いチェックをもらいました。「教室で大声でおしゃべりをした」とあります。このため、全部緑チェックのときにもらえるボーナスポイントというカードがもらえませんでした。

というわけで、学校で毎日評価されているミミズが、今日、パパとママの評価表を作りました。というのも、パパは朝からご機嫌ななめで、家族に当たり散らしていたためです。ミミズはパパに赤いチェックをたくさんつけていました。アタシもときどき赤チェックをもらいました。「頼んだことをやってくれなかったから」とかそんな理由ですが、ま、ミミズも学校で評価されているのだから、その気持ちを共有しました。

それにしても、学校でこんなふうに評価されていたら、どこかでガス抜きが必要になるわけで、それが我が家だということをわかってあげていないと、ミミズはストレスで押しつぶされてしまうなぁと思いました。家で少しぐらい勝手わがままなことを言うぐらい、許してあげないとなぁ。



朝は日本語の勉強をする習慣

すっかりお姉ちゃんになりました

アタシは毎朝6時50分に起きます。朝ご飯の支度などをして、ミミズを起こすのがだいたい7時10分ぐらいで、ミミズは7時半までに起きます。朝ご飯を食べて7時45分ぐらいから勉強を開始。漢字の読みプリント、書きプリント、漢字の練習、おはなしドリルをやった後、スマイルゼミをやります。スマイルゼミは時間の許す限りやり、8時20分ぐらいに家を出るという毎日です。

この30分程度の日本語の勉強を、かれこれ4年ちかく続けています。ミミズが幼稚園に行くようになってから、朝ご飯の後に日本語の勉強をしてきました。でも、この30分のおかげで、ミミズの日本語は現在までのところほぼ完ぺきです。

しかも、ミミズは学校であれどこであれ、アタシとは完全に日本語を使い、それをどこかで自慢します。「ミミズ、何語で話しているの?」とお友だちに効かれると、「私のお母さんは日本人で、フランス語はよくわからないから、私はいつも日本語で話すのよ」みたいに説明します。

パパがイライラしていると、「もう怒るのはやめて!」と怒鳴り、「もう! ママは日本人で、フランス語がわからないのよ!」と、ママを守ってくれます。何だかすごい。ミミズってすごいなぁと感心します。

習慣というものはとてもすごいものだなぁと本当に思います。フランスで生まれ、フランスで育っているのに、完全に日本人なんだから。たった30分でも毎日続けていること、本当に大事なことだと思います。だから、明日もまた続けようと思うのです。



子どもはみんな芸術家

左はおしゃれをしたママ、右はママとミミズ

子どもの描く絵にはそれぞれに特徴がありますが、ミミズの描く絵はたいていママの絵です。ママのそばにいるのはミミズ、ときどきパパが登場しますが、ほとんどがママで、よっぽどママの影響が強いということがわかります。

絵の描き方を見ると、アタシが子どものころに描いていた絵とは明らかにちがっていて、とてもユニークな気がします。「6歳、女の子、絵」と検索すると、ちょっとアニメっぽい絵がいろいろと出てきますが、これは明らかに日本のアニメの影響だと思います。そんなことをマンガの先生が話していました。

ミミズの場合、いったい何に影響を受けているのかはわかりませんが、ちょっと雰囲気がちがいます。最近でこそゲゲゲの鬼太郎が好きですが、ドラえもんやプリキュアも好きだけど、あんまり影響を受けていないように見えますが、やっぱりフランス人っぽい絵なのでしょうか。

今日、ミミズの小学校から「家庭での学習の手引き」みたいなものをもらいました。フランス語の読み書きがしっかりとできること、算数は100まで数えられるようになること、アートの時間を取り入れることなどが書かれています。ミミズはこのアートの時間はとても好きで、たいてい絵を描き、何かを作っています。今度、ティッシュペーパーの空箱ができたら、それを使ってギターを作る予定ですが、これは日本の子ども用の雑誌がヒントになっています。

そういえば、日本の幼稚園でも、聞紙を丸めた棒を持ってきたり、牛乳パックを使った車を作ったり、いらなくなったものを再利用して工作を詩ていましたが、フランスでは、立体的なものでは仮面を作ったり、写真を使ったデコレーションを作ったり、ちょっと趣がちがいます。また、絵に関しても、日本ではクレヨンとお絵かき帳を使っていましたが、フランスでは一枚ずつの紙に、さまざまな材料の画材を使って描きます。

ともあれ、子どもの作品はすべてアートです。このおもしろい感性、いつまでも持ち続けていけるといいんだけどね。




妖怪ノート

たんころりんの説明が書いてある

今朝はのんびりと起きました。何といってもここ数日とても暑くて、ゆっくり眠れたものじゃないのです。日曜日だし、とくに予定もないし、ゆっくりと過ごしました。パパは相変わらず車の修理。プロでも好きでもないのに、よくもなぁやります。お金がないというのが理由だけど、だからって自分でやるっていうのはなかなか…。おかげでナーバスなのがネックです。

さて、朝ご飯を食べながら、ミミズは3冊の本を朗読しました。赤ちゃんのころ開き読みした本。スラスラと読む姿を見て、成長を驚かずにはいられませんでした。スラスラとです。ひと文字ひと文字を追うのではなく、スラスラと読みました。というわけで、本日の勉強はスマイルゼミだけ。スマイルゼミは今月、かんたんな足し算や引き算の課題が入っているほか、長さを比べる課題などもあってなかなかおもしろいです。ひらがなの書き方が少しずつ上手になってきているのも楽しくて、今日は大喜びしながらやっていました。

今日は本当に暑くて、家にいても暑くて不快な一日でした。外に出る気になれず、家でテレビを見ながらダラーっと過ごしたのですが、夕方、妖怪ノートを作りました。その名のとおり、妖怪の説明を書いたノートなんだけど、この夏の境港への旅行からずっと妖怪ブームが続いています。残念なのは、ゲゲゲの鬼太郎の動画が見られないことなんだけど、こればかりは仕方がありません。

夜、日本から持ってきた天国と地獄の本を読みました。この本は水木しげる先生がまとめた本で、とくに地獄がどんなところかなどがいろいろと説明されています。何だか本当に思い切り妖怪の世界にはまっています。クリスマスプレゼントには本でも買ってあげようかなと思ったり。



2020年の夏はANAで行く

2019年の夏も充実した日々を過ごすことができました。ミミズは幼稚園に通い、年長さん体験をしっかりとさせていただき、先生方とお別れをして日本での幼稚園体験を終了しました。来年は小学校へ行きます。小学校での体験入学について、実家のある区域では2週間以上滞在する日本の子どもは通うことができるため、おばあちゃまの協力のもとにちょっとした手続きをすれば通えるはずです。

というわけで、フランスに戻って2週間ぐらいですが、実は日本行きのフライトチケットを購入しました。というのも、2020年は東京オリンピックがあるし、チケット代もけっこう上がってくることが予想されているからです。帰ってすぐにANAからプロモーションのメールを受け取り、日本行きのチケットを確認したら、ミミズとふたりで1200ユーロぐらいの安いチケットがありました。そこで勤め先に休みの予定を確認し、今日、チケットを購入しました。すでに1400ユーロになっていましたが、今年のフィンエアのチケットよりも安いです。

ちなみに、ほかの航空会社でフライトを探すと2000ユーロ台がほとんどでした。今回、パリ発ではなく、ボルドー発のフライトを探していたせいもありますが、チケット代がすでにけっこう高くなっています。しかも、ここ数日で安いチケットがにわかになくなっているので、早いところ押さえておかないと大変なことになります。2020年に日本に行く予定の方は早めに購入した方がいいと思います。

というわけで、ANAです。久しぶりのANAなので、ちょっと楽しみです。でも、スイス航空との共同運航便のため、機材はスイス航空です。乗り継ぎはチューリッヒですが、以前、チューリッヒを経由したとき、パスポートコントロールが混んでいた記憶があります。お店がたくさんあって楽しそうなんだけど、早めに移動しないと大変だなぁと思います。本当は今回もフィンエアがよかったんだけど、チケットが高すぎました。残念。でもまぁ、とりあえず日本行きが確保できたのでホッとしています。



お誕生日会へ行く

ミミズの柔道のお友だちのジュリローズの誕生日会へ行きました。とても仲のいい子です。プレゼントは日本で購入し、さらに家にあったおもちゃを持っていきました。15時前に到着すると、数人のお友だちが来ていました。その子の学校のお友だちが大半でしたが、ミミズが大好きなレオも来ました。レオは、親の事情で私立の学校へ進学したため、学校が別になってしまいました。だから、ミミズは、お友だちの誕生日というよりも、レオに会えることが楽しみでした。

ジュリローズ宅に着くなり、レオはまだ?レオはどこ?と大変です。柔道のお友だちで幼稚園時代のお友だちでもあるポリンも来ていて、まずはふたりで遊んでいましたが、レオが来るとすっかりレオに夢中です。ずーっとそばから離れず、ずーっと遊んでいました。

rpt

ミミズは本当にレオが大好きで、 mon cheri とか mon amorなどと呼んでいました。恋人の男性を呼ぶときの呼び名です。もうビックリ。レオも嬉しそうにしていましたが、ミミズほどの気持ちはないみたい。ミミズは、レオがほかの子と遊んでいると、その中に割り込んで行く積極性を見せていました。大きくなったら大変だ。いったいどんな子になるんだろう。

お誕生日会のときは、たいていミミズを預けるのですが、ジュリローズのママはママ友でもあるのでずっと残りました。ポリンやレオのパパとママもいたので、みんなでおしゃべり。フランス人はこの手のホームパーティーが大好きです。ときどき大人の会話を理解するのがむずかしいのですが、アタシも楽しいひとときでした。

というわけで、今日はフランスっぽい週末でした。唯一、パパが家でお留守番というのがフランスっぽくなかったけどね。