日本とフランスの小学生の平均体重は?

ちょっと気になっていたのですが、いよいよミミズにもダイエットという言葉がちらつくようになってきました。

この前の週末、白玉のお汁粉を食べようということになり、楽しくクッキング。小豆を煮て砂糖を大量に入れ、白玉団子を作ってみました。とても楽しくできて、お汁粉もおいしくいただきました。

ところが、その日の夜、体重を測ってみたら、何と30kgになってしまいました。気になって調べてみたらやっぱり平均をはるかに超えています。よく見てみると、日仏ではあまり差がありません。日本人もフランス人も、だいたい同じぐらいの体格で育っていくということになります。が、ミミズは、8歳半ぐらいの身長(127cm)で9歳ぐらいの体重(30kg)ということになります。運動が大好きなので、見た目はそんなにデブというわけではありませんが、意識しておかないとアタシのようになってしまう…。

というわけで、アタシたちは最近、ダイエットを意識するようにしています。おかげでちょっとやせましたが、太っていていいことは何もありません。クリスマスが近いので、いまのうちにがんばって体調を整えることにします!

参考までにいろいろな資料をひとつにすると…

年齢フランス身長体重日本身長体重
7歳12122118.822.6
8歳12725124.625.4
9歳13328130.528.9

小1になるともうひとりでできるようになるのか…

先日、やっとおばあちゃまから荷物が届きました。いろんな頼みごとをしていて、その中におそろいのハンテン、クッキングトイ、ちとせあめなどがありました。おそろいのハンテンはもううれしくてうれしくて、毎日、これを早く着るために、早くお風呂に入っておそろいタイムを楽しんでいます。おばあちゃまはパパにも作ってくれると言っていました。ありがとう! それからちとせあめ、この週末にまた着物を着て、写真でも撮ろうかと思っています。髪の毛をちゃんとやってあげたい。七五三の写真、みんなすごくステキだから、ちょっとぐらいかわいいのを残してあげたいと思っています。

ところで、クッキングトイですが、「わたし、ひとりで作ってみる」といって、ひとりで楽しく遊びました。しっかりと説明を読んで、わからないところはママに確認しながらも、すべてひとりでできました。そっか、もうこういうことも少しずつひとりでできるようになるんだなぁと思うと、ミミズの成長を喜ばしく思うと同時に、少しだけさみしいような気持ちにもなります。

ひとりでできるといえば、ほんの数カ月前までうまくできなかった三つ編みだって、ものすごい速さでできるようになったし、毎朝の朝学習スマイルゼミも、学校に行く前に7課題終わらせることができるようになって、いろんなことがスムーズにできるようになっています。

七五三は少女から大人への成長を祝うことだとおばあちゃまが言っていたけれど、本当にそうだなと思います。これからいろんな経験をして、どんどん成長していってほしいなと思います。

今年はキノコを見つけるぞ!

アタシたち、キノコ運がないんです。我が家の近くにある森は、キノコ狩りでも有名で、セップと呼ばれるおいしいきのこがたくさん生えています。アタシたちも、たまにキノコ狩りに出かけるのですが、あちこちで「わ! 大きいの見つけたぞ!」と聞こえる中、収穫ゼロ。キノコ狩りに行くたびに、なんだか悲しい気分になっていました。

でも、ミミズは、来年の夏休みの自由研究で、キノコを調べたいと言ったので、今年はキノコを見つけに森へ出かけようということになりました。

で、昨日の日曜日。快晴の昼下がり、キノコは出ていないとは思いながらも、森へ行ってみました。やっぱりゼロ。森全体が乾燥していて、とてもキノコが生えている気配がありませんでした。それでも、いつも疲れ気味で体調の悪いパパもいっしょに家族で出かけられたので、ミミズも大喜びでした。

パパとフランス語の勉強も

次の週末も、キノコを探しに出かけます。今年は絶対に大きくておいしいきのこを見つけるぞ!

クレープの日

塩キャラメルクレープ

フランスでは毎年2月2日はクレープの日です。キリスト教のいわれがある日ですが、そんなことよりも、スーパーで大々的にクレープの材料が販売されるので思い出します。年が明けて、そろそろ節分という時期なので、我が家では忘れずにクレープを食べます。ま、季節のものだし、郷に入っては郷に従えの言葉どおりです。

ところが今日は、ランチですっかりクレープを作り忘れてしまいました。なので、今年のクレープは夜ご飯でいただきました。久しぶりにクレープを作ったものだから、薄力粉と豆乳の分量をちょっと間違えてしまい、かなり濃厚なクレープとなりました。でも、家族みな3枚ずつ食べました。

今回のクレープは、塩キャラメルのクレープとチーズのクレープでした。ちょっとそっけなかったんだけど、天気が悪くて終日家にいたものだから、たいしておなかも空かなかったので、サラッといただきました。ミミズもおいしいと食べてくれました。これで明日、節分の豆をまき、ようやく新しい年がはじまります。

思えば、年女だからものすごい幸運が訪れると思いきや、ジムで肘をぶつけて柔道ができなくなるなど、何となくスタートがよくありませんでした。ま、ミミズが元気で健康だからそれでいいんだけど、4周りも生きてきたのかと思うと、これからはミミズに心配をかけないように健康に生きていかねばと気が引き締まりました。というのも、パパの親せきや友だちの多くが病気になったり亡くなってしまったりと、あまりいいニュースがありません。パパも大病をしているので、アタシがしっかりしなければと本当に思います。

フルーツサラダを作ってみた

もうすっかりお姉ちゃん

小学校で何を勉強しているのか、実はよくわかっていません。宿題の内容を見て、今日はフランス語を勉強したのかなとか、今日は算数の勉強をしたのかななどとわかりますが、時間割をもらったわけではないので、ミミズの話を聞いてこういうことをやったのかなとわかったりします。

で、先週ぐらい、フランス語の不定冠詞(un, uneなど)の勉強のためのテキストで、フルーツサラダのレシピを持ってきました。で、このテキストを使って、実際に学校でお料理をして楽しかったと話していました。「今度、作り方を教えてあげるよ」とミミズが言うので、今日作ってみました。

材料は、りんご、洋なし、バナナ、ぶどうです。皮をむいて、細かく切って、ボールに入れて、混ぜるだけ。仕上げにレモン汁とお砂糖を入れるとありましたが、レモン汁がなかったので、お砂糖もなし。皮をむくのはママの仕事、食事用のナイフでフルーツを小さく切るのはミミズのお仕事で、ふたりで楽しくできました。

それにしても、もうこんなに大きな女の子になったんだなぁと驚きます。昔の写真を探していたら、2歳ぐらいのころ、ミミズがおままごとをしていた写真を見つけました。もうこのころとはぜんぜんちがいます。時の流れの速さに驚くばかりです。



いちごの収穫がようやくはじまりました

今年は本当に寒いです。ミミズが生まれた年もこんな感じでした。雨が多くて5月いっぱいまで寒かったです。今年のフランスがまさにそんな感じで、もう5月も終わろうとしているのに、まだ寒い日が続きます。

そんな中、今日、ミミズはいちごを見つけました。3つぐらいなっていたかな。ビデオを撮るようにいわれたので、実況中継しました。「もしもミミズがおもしろいって思ったらチャンネル登録おねがいね~」と言っていました。将来がおそろしい…。

そういえば、ボタンの花も咲きはじめました。バラ子ももっこりしてきています。そういえば、また別の鳥の家族が、バラ子の裏の巣に入ってきました。剪定ができなくて残念だけど、もう少し待つことに。そのうち子どもが育って巣立っていくはずです。

今年は、アサガオで緑のカーテンをキレイに作る予定です。でも、まだアサガオが発芽する気温に到達していません。6月のはじめぐらいまで待たないと。でも、6月終わりには日本へ行くので、お義父さんたちに世話を頼むことになってしまいます。うまくできるかな。

今日はアタシの柔道の日で、ミミズはパパと珍しくお留守番をしました。家に着くと、ふたりで楽しそうに遊んでいたみたいで、そのままパパと珍しく寝ました。

そういえば、今朝、幼稚園で育てていた青虫がちょうちょになりました。ようやく春めいてきているみたいです。明日はどんな一日になるんだろう?



フランスのお祝いPâquesで卵狩り

日本ではイースターと呼ばれるPâques。アタシたちが住んでいる田舎のあたりでは、宗教的なお祝いというよりも、庭に隠されたチョコレートを探すことがメインイベントとなっていますが、このチョコレート探しはchasse aux œufs (卵狩り)と呼ばれています。市販されているチョコレートは、卵の形をしているものが多く、中にはウサギやテントウムシなどのかわいらしいモチーフのものが大量に店頭に並びます。

で、昨日、4月21日の Pâquesでは、まず我が家のお庭ではじめました。少しずつ買い集めていたチョコレートを庭に隠して、ミミズが探します。我が家の庭は小さい上、チョコレートの数もそう多くはなかったので、10分足らずで見つけました。

スズランのつぼみを発見!

ところで、そんな矢先、庭の片隅にすずらんのつぼみを見つけました。ミミズが生まれた5月1日はメーデーであると同時にスズランをプレゼントする日でもあるので、この家に引っ越してきてから何度も植えていたのですが、なかなか根づきませんでした。これでどんどん増えていってくれるといいんだけど。

お昼にパピー宅へ行きました。で、本格的な卵狩りです。いとこのマティス(10歳)も来ました。メルヴィンとノーランはもう大人と同じなので卵狩りはしませんでした。 ミミズとマティスは競争するように卵を見つけていました。

というわけで、糖分を摂り過ぎた一日でした。まったくお菓子の国フランスです。



生後6~7カ月に実践したゴックン期のメニュー

私が実践した生後6~7カ月のころのメニューをご紹介しましょう。ゴックン期とは、赤ちゃんといっしょに過ごしている方ならよく知っている食育用語で、食育のスタートを飾る時期のこと。口を閉じてゴックンと飲み込む練習をする時期です。

ゴックン期は赤ちゃんや家庭環境にもよりますが、生後5カ月~6カ月を目安にスタートさせ、2カ月ぐらいで次のステップへと進んでいくのが通常です。

アタシはその当時、食育になぜか夢中で、毎日、日記をつけていました。だから、ゴックン期の赤ちゃんと過ごしている方が迷ったときに使えるように、メニューをリストアップしておこうと思います。ちなみに参考にしていた本はこちらです。

第1周目のゴックン期のメニュー

1日 おかゆ1さじ
2日 おかゆ1さじ
3日 おかゆ2さじ
4日 おかゆ2さじ
5日 おかゆ2さじ 野菜1さじ かぼちゃ
6日 おかゆ3さじ 野菜1さじ にんじん
7日 おかゆ3さじ 野菜1さじ トマト

第2周目のゴックン期のメニュー

8日 おかゆ3さじ 野菜2さじ かぶ
9日 おかゆ4さじ 野菜2さじ ほうれんそう
10日 おかゆ4さじ 野菜2さじ ブロッコリー
11日 おかゆ4さじ 野菜2さじ たまねぎ
12日 おかゆ5さじ 野菜3さじ タンパク質1さじ かぼちゃ とうふ
13日 おかゆ5さじ 野菜3さじ タンパク質1さじ だいこん 白身魚
14日 おかゆ5さじ 野菜3さじ タンパク質1さじ ブロッコリー いりこ

第3周目のゴックン期のメニュー


15日 おかゆ5さじ 野菜3さじ タンパク質1さじ かぼちゃおかゆ にんじんとうふ
16日 おかゆ5さじ 野菜3さじ タンパク質2さじ ほうれん草がゆ とうふのトマトあんかけ
17日 おかゆ5さじ 野菜3さじ タンパク質2さじ いりこだしのブロッコリーがゆ たまねぎのオレンジ煮
18日 おかゆ5さじ 野菜3さじ タンパク質2さじ かぶのおかゆ ほうれんそうのいりこ煮
19日 おかゆ5さじ 野菜3さじ タンパク質2さじ だいこんがゆ にんじんと白身魚のトロトロ
20日 おかゆ5さじ 野菜3さじ タンパク質2さじ 白身魚がゆ グリンピースとパプリカのスープ
21日 おかゆ5さじ 野菜3さじ タンパク質2さじ トマトのリゾット かぶととうふのだし煮

第4周目のゴックン期のメニュー

22日 かぼちゃがゆ 小松菜のりんご煮込み
23日 にんじんがゆ グリンピースと白菜のスープ
24日 たまねぎがゆ さつまいもどうふ
25日 きな粉がゆ にんじんとほうれん草のいりこ風味
26日 だいこんがゆ かぼちゃと白身魚
27日 ほうれん草がゆ  白身魚とブロッコリー
28日 白菜とたまねぎのおかゆ トマトすりつぶし
29日 かぶのおかゆ きな粉と青菜のスープ
30日 小松菜がゆ にんじんどうふ

第5周目のゴックン期のメニュー

第5週目のゴックン期から2回食としました。

1日 
朝 かぼちゃがゆ とうふのすりつぶし
夜 バナナ豆乳 トマトのすりつぶし

2日
朝 ほうれん草がゆ だいこんときな粉
夜 グリンピースうどん にんじんのおろし煮

3日
朝 ブロッコリーがゆ みかんのすりつぶし
夜 パンがゆ たまねぎと白身魚のトロトロ

4日
朝 にんじんがゆ 白身魚のりんご煮
夜 きな粉いもがゆ ほうれん草トロトロ

5日
朝 トマトがゆ かぼちゃとうふ
夜 さつまいもの豆乳ポタージュ だいこんのトロトロ

6日
朝 かぶのおかゆ いりこ風味のブロッコリー
夜 バナナのりんごスープ 白身魚とほうれん草

7日
朝 たまねぎがゆ きなことじゃがいものスープ
夜 うどんがゆ 白身魚かぶら

第6周目のゴックン期のメニュー

8日
朝さつまいもたまねぎがゆ きなことじゃがいものスープ
夜 ブロッコリーポテト だいこんのいりこ風味

9日
朝 トマトリゾット きな粉とポテトのスープ
夜 かぼちゃパンがゆ いりこ風味豆腐

10日
朝 だいこんがゆ りんごのすりおろし
夜 バナナピースサラダ きな粉とにんじんのくずゆ

11日
朝 かぼちゃがゆ グリーンきな粉スープ
夜 さつまいもといりこのとろとろ トマトすりおろし

12日
朝 小松菜のおかゆ 白身魚のみかん風味
夜 じゃがいもがゆ とうふとかぶのだし煮 りんごすりおろし

13日
朝 ほうれん草と白身魚のおかゆ にんじんのすりおろし
夜 プルーンとパンがゆ バナナりんご

14日
朝 ブロッコリーがゆ たまねぎどうふ
夜 きな粉バナナ かぶのトマト風味

第7周目のゴックン期のメニュー

15日
朝 さつまいもがゆ 白身魚のりんご煮
夜 きな粉バナナ かぶのトマト風味

16日
朝 たまねぎがゆ にんじんとうふ
夜 ほうれん草とじゃがいものペースト きな粉スープ

17日
朝 かぼちゃのおかゆ 白身魚のトロトロ
夜 さつまいもがゆ ブロッコリーの豆乳スープ

18日
朝 にんじんがゆ トマトどうふ
夜 バナナ豆乳 キャベツとじゃがいものスープ

19日
朝 だいこんのおかゆ グリーンスープ
夜 パンがゆ きな粉とにんじんのくずゆ

20日
朝 トマトリゾット いりことたまねぎのトロトロ
夜 じゃがいものおかゆ 小松菜のとうふあえ

21日
朝 ほうれん草がゆ 白身魚とキャベツのスープ
夜 さつまいもの豆乳ポタージュ みかんのすりおろし

第8周目のゴックン期のメニュー

22日
朝 かぶのおかゆ とうふのトマトあんかけ
夜 バナナとグリンピースのスープ 小松菜といりこのトロトロ

23日
朝 ブロッコリーがゆ みかんのつぶつぶ
夜 パンがゆ ほうれん草といりこのスープ

24日
朝 かぼちゃのおかゆ いりこ風味のだいこん
夜 じゃがいもきな粉がゆ かぼちゃととうふのビュレー

25日
朝 きな粉のおかゆ 白身魚のトロトロ
夜 さつまいもポタージュ ブロッコリーとたまねぎのスープ

26日
朝 たまねぎとじゃがいものおかゆ だいこんのいりこ風味
夜 バナナのすりおろし にんじんのみかん煮

27日
朝 トマトのリゾット ほうれん草いりこ風味
夜 白菜の豆乳ポタージュ とうふとかぶのだし煮

28日
朝 ブロッコリーのおかゆ たまねぎのオレンジ煮
夜 パンがゆ 小松菜と白身魚

29日
朝 ほうれん草のおかゆ かぼちゃっぷる
夜 じゃがいもがゆ にんじんととうふのトロトロ

30日
朝 かぶのおかゆ 白身魚かぼちゃのスープ
夜 さつまいもがゆ 白菜のいりこ風味

31日
朝 ブロッコリーのおかゆ とうふのトマトあんかけ
夜 年越しそば 白身魚とほうれん草のスープ、 ぶどう

生後6カ月の終わりごろとうとうミミズは立ち上がった

生後6カ月から家族でプールに通いはじめました。ベビースイミングに興味があったからではなく、アタシたちの運動不足解消のためでしたが、結果的にこのプール通いのおかげで、いまの元気なミミズがあり、だれの力も借りずに泳げるようになったんだと思います。

そんなミミズですが、もうすぐ生後7カ月を迎えようとしていたころ、つかまり立ちをして、伝い歩きをするようになりました。とうとう世界への第一歩を踏み出したのです。

当時の記録によりますと、ママといっしょにお風呂に入るときも、浴槽につかまって立ち上がり、湯の中でひっくり返ろうが平気だったとあります。このことからもわかるように、赤ちゃんのころから怖がらせずに育てると、プールなんかもへっちゃらになるのかもしれません。

あとは食育のおかげもあるかなと思います。とにかく毎日、マニュアルとして使っていた本のメニューを繰り返し使って、バランスの良い食生活を目指してきました。炭水化物、野菜、タンパク質の三つを柱に、いろんな食材を食べてきました。

よく食べて、よく遊んで、とても元気よく育ってきました。寝るときだけ大変だったことを覚えています。元気がありすぎて、なかなか眠れませんでした。幼稚園がはじまると、だんだん一日のリズムができてきて、夜21時ごろになると眠たくなってきましたが、このころは大変でした。

でもこんなふうにミミズは世界への一歩を踏みはじめました。2013年11月25日のことです。









生後6カ月で歯みがきがはじまる

歯が生えてくるタイミングは個人差があるようですが、ミミズの場合、生後6カ月を過ぎたころにようやく小さな前歯が生えてきました。早ければいいわけでも遅いのは問題であるわけでもないんだけど、この頃の子どもの成長は気になることばかりです。

離乳食のスプーンのように、歯が生えてきたら、歯ブラシで歯みがきトレーニングをはじめました。小さな小さな歯ブラシ、かわいくてまだ取ってあります。

歯が生えてくるころになると、歯茎がムズムズしたり、歯が痛くて夜泣きをする赤ちゃんもいるみたいです。ミミズの場合、よだれがひどくなってきたり、おもちゃをかんだりしていたのをよく覚えています。

歯みがきトレーニングを嫌がる子もいるという話を聞いて、そうなんだ…と思いましたが、ミミズは赤ちゃんのころから楽しく歯みがきができました。どうしてかな。歌を歌いながら、気持ちいいよねぇ~などと言いながら、楽しく歯みがきをしてきたからかな。いまだに、「仕上げはおか~あさ~ん♬」と歌いながら仕上げみがきをしています。

最近では、幼稚園のクラスのお友だちの歯が抜けたという話を聞きます。ミミズはまったくそんな様子がありません。アタシ自身、たしか小学校低学年ごろに歯が抜けたように思います。いよいよ本格的に歯を大切にしなければならなくなりました。いつまでも健康な歯であるためにも、いろいろ考えていかないといけないなぁと思います。