朝4時プレゼントを確認【サンタさんがやってきた】

アタシはキリスト教徒ではありませんが、サンタさんが世界中の子どもたちにプレゼントを届けにやってくるという話はとても夢があると思っています。だから、ミミズが生まれたときから、ずっと12月25日にサンタさんがやってくるから、12月に入ったらサンタさんに手紙を書いて、プレゼントを頼むということをやっています。8歳のミミズはそろそろサンタさんって本当にいるのだろうかと微妙に思いはじめていて、クラスの子たちから「親が買ってくれるんだ」などと吹き込まれたりしますが、「サンタさんのことを信じない子の家にはサンタさんはやってこない」と言い張っています。

そんなわけで、24日の夜を迎えました。相変わらずあんまりやさしくない態度に、パパから怒られ、ママとも言い争い、この日の夜も涙を流しました。「でもね、クリスマスには奇跡が起こるんだよ」と言って、ミミズは23時ごろにやっと眠ってくれました。

さっそくパパとお仕事です。このクリスマスのお話しは、それぞれの家にいろんな人の分のプレゼントが届きます。たとえば我が家の場合、パピーやマミー、おじさんやおばさん、いとこたちなどです。で、その山のようなプレゼントを25日の家族でのランチに持って行くのです。というわけで、アタシたちは20人分のプレゼントを一斉に包みました。気づけば1時を過ぎていて、アタシは2時ごろに床に就きました。

いつもだったら9時ごろに目を覚ますミミズは、どういうわけだか3時ごろに一度アタシを起こしました。「プレゼントが届いているかどうか気になるから見に行こうよ」と言います。アタシは本当に眠たくて、「ママ、まだ眠たいからひとりで行って来れば?」というと、「ひとりは嫌だ」といいます。クリスマスツリーは畳の部屋に飾っていて、アタシたちはその上の部屋で寝ています。

ミミズはどうしても気になって、4時ごろに「ママ、プレゼントが見える気がする」といいます。もう仕方ない。クリスマスだし、4時にプレゼントを開けたのです。いやいや、眠たかった。

日本のサンタさんからはキッズスマートウォッチ、フランスのサンタさんからは髪の毛の色が変わるバービーです。ママの書道の筆、絵本2冊、すみちゃんの洋服、おやつなどなど、たくさんのプレゼントをいただきました。ありがとう。

そして、お昼にパピー宅へ行くと、またたくさんのプレゼントがありました。サッカーのウエア、空手バービー、ゲーム、チョコレートの山です。これからどんどんいろんな人からもらい、お返しし、ということを年内繰り返します。

今日は0時まで映画を見ています。ま、たまにはね。明日はおばあちゃまとスカイプです。クリスマスって楽しいね。









女子トークしたくてもテーマがない【フランス小3女子】

ミミズの学校の図書館のお手伝いに行くことがあります。おもに低学年の児童たちのお手伝いですが、ときどきミミズの学年であるCE2のお手伝いにも行きます。アタシはすべてのクラスメイトとの面識があるため、アタシが学校へ行くと、みんな喜んでくれます。いま流行している遊びを披露してくれたり、鬼ごっこに入れられたり、とても楽しく遊びます。

そんな子どもたちの様子を見ていると、ペアになっているっぽい男女がいるのです。へぇ、この子、この子とくっついたんだ…みたいな。2組ぐらいいます。そんな子たちと比べると、ミミズはまだお友だちとワイワイ遊んでいるグループのひとりです。事実、そういうことを極端に嫌う傾向があって、映画なんかのハッピーエンドも「きもい!」と嫌がります。微妙な年ごろです。

夜、寝る前に、「ママ、今日は女子トークシしよう」などと言うことがあるけれど、「じゃあ、ママからはじめてよ」などと言って、女子トークがはじまりません。「女子トークってさ、普通は、好きな子がいて…みたいな話なんじゃないの?」と言うと、「そんなのいるわけないじゃん。ママはだれかいないの?」とね。

てなわけで、まだ女子トークができませんが、先日、クリスマスだし洋服を買いに行こうということになりました。ところが、あんまりかわいい服がない。どうしようというとき、ミミズがとんでもなくキラキラした服を見て「これ、かわいいなぁ。でも、サイズがないなぁ」と。「そう?」と気にしていなかったら、その服がほしいみたいで最終的にそのキラキラのスカートを選びました。で、そこからコーディネートがはじまって、ブーツまで購入。ブーツはほぼジャストサイズなので、この冬に履きつぶさないと来年は履けないと思われるものですが、「私、こんなブーツがほしかったの」と大喜び。もっと早く言ってくれたら…と思いました。

あんまりおしゃれに気を使うタイプではないけれど、こういうキラキラしたタイプの服は気になるみたいです。









2021年クリスマス企画☆紙芝居づくり①

さっそく紙芝居づくりがはじまりました。工作好きのミミズは早く絵を描きたくて仕方がありません。でも、紙芝居は順を追って作らないと失敗します。今日はお話の流れを決めて、何枚ぐらいの紙芝居にするのかを決めました。

どんなお話にしようかというのは最大のテーマです。いろいろ話し合った末、迷子になったお星さまの話にしようとなりました。で、タイトルは「まい子のお星さま」です。お話の内容も、いろんなアイデアを出し合って、だいたい決まりました。最終的に8枚のお話になりました。

まい子のお星さまが家族を探します。まず星たちに聞き、次の日の朝、太陽に聞き、道を歩いている女の子に聞きます。女の子が、夜になるとお月さまに聞いてみたらどうかと提案し、お月さまにも聞きます。そうしたら、北の空に家族を探していた星たちがいたことを教えてくれます。で、まい子のお星さまは北を目指し、家族と再会するという話です。

紙芝居の作りを研究しながら、何枚目の絵の裏に何枚目のお話を書くのかなどをチェックしました。全部オッケイです。で、一枚でもいいから絵を描きたいミミズは、絵を描きはじめました。ポイントは大きく描くこと、真ん中に描くことです。星の絵はクレヨンを使って、夜空を水彩絵の具で描くと、星が浮き出すようにきれいに見えます。このアイデアは明日、実践してみようということになりました。

ついでに、ではないけれど、紙芝居の舞台も作りたいなぁと調べてみましたが、ちょっと大変なDIYになりそうです。クリスマスには間に合わなさそうなので、とりあえず、A3の紙が入っていた紙のケースを使って、紙芝居の舞台を作ることにしました。これは、アタシが作ってみようかなと思っています。

というわけで、紙芝居づくりがはじまりました。









Calavéloでフランスの小学校へ行く【地域のすぐれた自助サービス】

アタシたちが住んでいる地域には、Calavélo(キャラベロ)というサービスがあります。これは、地域のボランティアの人たちが学校の子どもたちを自転車で学校まで連れて行き、連れて帰るというサービスです。とてもすぐれたサービスで、ミミズもその恩恵にあずかっています。

住んでいる場所によって、集合場所が決まっています。アタシたちの地域ではすぐ裏のバス停が集合場所になっています。だからとても便利です。時間になると、ふたりの同行者が来てくれます。必ずふたり来てくれて、ひとりしか同行者がいない場合は、このサービスはキャンセルされてしまいます。先頭と後方に大人がついて、子どもたちはその間に入り、一列になって右側を走行します。右側走行とは車と同じ側です。現在、アタシたちの地域にはミミズとあともうひとりしかいません。待ち合わせのバス停から学校まで、まっすぐいくと20分ほど、このサービスに参加する子どもたちが近くにいたら、その子の地域の待ち合わせも回って学校に向かいます。

このサービス、地域をあげてのサービスで、いろんな大人たちが本格的にかかわっています。毎週、予定表がメールで送られてきて、何曜日の行きにはだれとだれ、帰りはだれとだれが来るのかがわかるようになっています。この予定表を作っているのがアタシたちの柔道の仲間のお母さんで、予定表づくりはもちろん、天候を見てサービスをキャンセルするなどのタイミングもとてもむずかしく、毎日の大きな仕事になっています。学校が行っているサービスなので、保険にも加入されているし、いざという時も安心です。

日本では、学校の行き帰りはグループで登下校したり、自主的な自助サービスがありますが、フランスの場合、親が11歳以下の子どもを学校まで送り迎えするのは義務なので、とくに働いている親などは助かります。ただし、学校の下校時間よりも遅くまで働いている親たちは、子どもたちを学校の保育施設に車で迎えに行く人が多いため、帰りは車に自転車を載せて帰るという人もいます。それでも子どもたちが楽しそうに自転車に乗って学校へ行くので、このサービスに申し込んでいる家庭もたくさんいます。

フランスにはいろいろな社会サービスがありますが、このCalavéloはなかなかすばらしいものだと思います。昨年までは体力的にむずかしいかなと思っていましたが、近くに住むクラスメイトがはじめたことから、ミミズも今年から参加しています。毎朝、寒くても楽しく自転車で学校に通っています。







8歳の娘の反抗期に奮闘するママのひとりごと

ミミズ8歳。フランスの小学校に通いはじめて3年目、学校でのさまざまな経験、学校内外のお友だちとの交流、テレビやYou tubeなどの情報など、五感を通してさまざまな情報を得て、自分自身の在り方や考えを構築している元気いっぱいの女の子です。

そんなわけだから、最近のすごいワンマンぶりに疲れています。でも、アタシだけじゃなくて、多くのお父さんお母さんが同じように悩んでいます。どうやって解決しているのかよくわかりませんが。

フランスでは、「隅に行きなさい」と怒って、子どもに部屋の隅でひとりで考えさせるということをします。冷静にさせるということかもしれないけれど、子どもにとって効果的かどうかはわかりません。でも、親もそれで少し冷静になれるかもしれないなと、いまでは思っています。今度、やってみようかな。

たいしたことじゃないといえばそうなんだけど、昨日、ミミズが夕食のとき、嫌いな肉をこっそり捨てたことに気づき、「マジでむかついてしまった」のです。なかなか気持ちが冷静になれなくて、最悪な夜になってしまいました。これまでがんばってきたのは何だったのだろうと、何かが崩れたような気分だったのです。

そんなとき、仕事に逃げたり、ほかの何かに没頭して忘れることもできるんだけど、やっぱりここは逃げてはいけないと踏みとどまりました。ある立派な女性が「子育ては仕事と両立できるようなそんな甘いものではない」と言っていたのをたまたま読んで、共感したのです。「子育てが終わったらいくらでも再出発できる」とも「仕事と両立しようなど、中途半端に考えない方がいい」とも言っていました。そうだ、そうだ。

それから母にラインしたら、返事があって少し心が救われました。だれかに話すのは、やっぱりいいことかもしれないと思いました。相談というほどのことじゃなくても、声に出して吐き出すことで、イライラが解消されることもあるのかもしれません。

コロナ渦でイライラすることも多く、また、ワクチンを打つ打たないで差別的な扱いを受けることもあって、そういうストレスが少しずつアタシをむしばんでいるのかもしれません。コロナによって家庭内暴力が増えたとか、そういう話を聞くと、他人事ではないと思います。今回のことで手を上げたというわけではないんだけど、ミミズが心に傷を負ったのではないかとちょっと心配です。

というのも、昨晩、ミミズは自分の行為でママを傷つけてしまったと大泣きし、なんてバカなことをしたのかと自省し、今朝も「ママはもうアタシのことなんか嫌いだけど、それでもアタシはママが好きだからね」と言っていました。「嫌いじゃないよ」と言ったけれど、「ママの気持ちはわかっているから」と悲し気でした。

こういうひとつひとつのことは放置してはいけないような気がします。食べ物を捨てたのはこれで二度目で、それもあってアタシがかなり落胆したのですが、ちゃんと話し合って解決しようと思います。まったく子育ては大変だ。

バレンタインデー前日

明日はバレンタインデーだとミミズは朝からはりきっていました。大好きな人にチョコレートを作るのだといって、近くのスーパーへ出かけました。ミミズのイメージは、ホワイトチョコレートを溶かしてハート型にするというものでしたが、ちょっとそれはむずかしいということになり、クッキーにホワイトチョコを載せて、デコレーションするということにしました。

「レッツ・クッキング!」と、板チョコを細かく割り、ママが湯煎して溶かしました。で、ミミズは並べたクッキーにチョコレートを載せたりトッピングを載せたり。つまみ食いをしながらたくさんのデコレーションチョコクッキーができあがりました。

チョコレートをあげる大好きな人……それはパパじゃなくてママ。ははは、パパにはかわいそうだけど、ミミズが世界でいちばん好きなのはママなので、明日はママとこのクッキーを食べるというわけです。もちろん、パパにもあげるけど。

でも、冬休みと長雨、外出制限で体重がうなぎのぼりのミミズ、明日のバレンタインデーは気をつけないとね。思い切りマラソンしたり、運動したりして、食べた分を消費することも約束しました。明日が楽しみ♡





外出制限で太ってきた

2021年がはじまって1カ月が過ぎました。いろいろと忙しかった1月でしたが、COVID-19の感染拡大状況が深刻で、昨日から新たにスーパーをのぞく大型の店舗が閉鎖になるなどの措置が取られています。で、今日、近くのモール街は一斉にクローズされたのかと見に行ったらまったくそんなことはなく、これまでどおり営業していました。今回の措置は、店舗の規模が20.000平方メートル以上の店舗が対象で、そこまで大きな店舗が近所にはなかったということになります。加えて、国の間の行き来も制限されましたが、いまのところ、日本に行く予定がないのであまり大きな問題ではなく、むしろこうして状況を待った方がいいと思います。

そんな状況下、アタシたちは日に日に太ってきています。春先の長雨で出かけることができず、運動不足がたまっています。家で運動をしようと思ってもなかなか…。ミミズはとうとう31キロになってしまいました。少し太り気味です。アタシも大変。明日から気持ちを引き締めて、ダイエットメニューにしていかないと…と思っています。

明日は豆まきですが、フランスではクレープの日です。あんまり食べさせないようにしようと思っています。でもやっぱりフランスの文化だから、1枚ぐらいは食べようかなと。恵方巻も食べるから、ダイエットは3日からかな。



ここ最近はおやすみ前の本がお気に入り

月末が近づくと、ちょっと忙しくなりますが、ここ1カ月近く、寝る前に本を読んでいます。どんな本を読もうか、昨年からずっと考えていたのですが、やっぱり毎年、お誕生日にカードを送ってくれるこぐま社の本を購入しようと選びました。グリム童話やアンデルセン童話もいいんだけど、ちょっと読んだことのないような話がいいなと思い、深い理由もなく、イタリアの昔話と中国の昔話を選定。1日1話、毎日読めば、だいたい2週間ほどで終わりますが、これがなかなかおもしろい。というか、落ちのおもしろさがしっくりと伝わらないものもあり、微妙な気分で読み終えることができるのです。

この本の読み聞かせ、けっこう効果があって、寝る直前まで暴れているミミズは、この読書の数分間ですっかり目がトロンとしてきます。それなのに、わりとしっかりと話を聞いていて、「どういう意味?」と質問攻めにあい、なかなか読み進めることができないこともあります。先日、本当に話を聞いているのか、ちゃんと理解しているのかを確認するため、さりげなく聞いてみると、実にしっかりと理解していて驚きました。

それにしても、国がちがえばさりげなく表現される風景や常識などもちがっていて、ときにどうして?とわけがわからないこともあります。現在、中国の話を読んでいますが、おそらく中国では年上の人のことばは絶対なようで、たいていいじわるな兄姉がひどいことを言い、その言に従うまじめな弟妹が主役となります。さらに、いじわるな兄姉はけっこう残酷で、すぐにだれかを殺すこともあります。イタリアの話でも、そんなちょっと常識的に理解を超える部分がありました。だからおもしろくて、次はトルコの昔話がいいとか、ロシアの物語がいいとか、リクエストが上がってきました。

そんなわけで、たぶんまた近いうちに、本を購入するんだと思います。子どもが大きくなってくると、つい読み聞かせをしなくなってしまいますが、実は子どものころに、母から読んでもらった記憶があって、過去のことをすぐに忘れる私にしてはめずらしい記憶です。つまり、こういう経験は大人になっても残るということなので、どんなに忙しくても、締め切りやら何やらで寝る時間もブログを書く時間もなくても、やっぱり読んであげようと思うわけです。

フランスの小学校の個人面談

2週間前、連絡帳に si vous souhaitez que l’ on fasse le point sur la scolarité de votre enfant… と書いてありました。なんだこれは?と辞書を引いても意味がわからなくて、その下に曜日と時間のリストがあって選ぶ欄がありました。てっきり何らかの学校行事に協力してほしいという依頼なのかと思い、「実は意味がよくわかりませんが、いつでも時間が空いています」と書いたら、14日木曜日の16時に会いましょうと返事をくれました。で、最終的には友だちに聞いて、これが個人面談ということがわかったわけです。

昨年のCP(小学1年生)では行われなかった個人面談、COVID-19のせいで、先生と気軽に話しができないため、先生がこうした機会を作ってくれたのかなと思っています。でも、何を言われるかドキドキでした。幼稚園のとき、先生に呼び出され、ミミズはフランス語をまったく理解していないから、家庭でももっとフランス語を話すようにと言われた経験があるため、また同じようなことを言われたら…と思っていました。

ところが、開口一番、ミミズは授業中もしっかりと勉強しているし、理解もできているから、まったく問題ありませんよ、このまま継続していきましょうと言われました。とりあえずよかった。幼稚園の際に言われたことを伝えたら、おかげでしっかりとバイリンガルになっているんだから、このまま継続していったほうがいいとかえってほめられました。よかった。いままでがんばって続けてきたことはまちがいではなかったと確認しました。

子どもをバイリンガルにするというのは、決してかんたんなことではありません。年代に応じた語彙を教え、二人の間では楽しく学習を続け、対外的にも徹底して言葉を使い分けていかなければなりません。簡単な伝達も倍の時間がかかることもあります。人前での使い分けはとくにむずかしく、人によっては理解できない言語で話をされるのを嫌がる人もいるため、私たちはこうなんだということを、ある程度、理解してもらうことも必要となります。空気が読めないふりをして、図々しく日本語を使い続けていくことも大切なのです。

ただ、ミミズは、完全にバイリンガルかというと、フランス語の理解力は日本語のそれよりも劣るため、まだ完全なバイリンガルではないと思います。おそらくこのまま数年、ふたつの言語をうまく両立できていかれれば、バイリンガルになれるんだと思います。先輩から聞いていましたが、やはり10歳ぐらいまでが大切なようです。

バイリンガル教育をがんばっている方々、ともに続けていきましょう!







イチゴの死

イチゴというのは、昨年の秋から我が家で暮らしていた小鳥の名前です。寒い日が続き、弱っていたみたいで、おととい、昨日と姿が見えなかったので、おかしいと思ったら、巣の片隅で亡くなっていました。

ミミズ、はじめはそんなに悲しくなかったのに、ジワジワと悲しみがやってきて、しばらく大泣きしました。パパが亡骸を取り上げて、庭に埋めましたが、ちょっとかわいそうなことをしました。イチゴのパートナーだった太郎、落ち込んでいます。鳥が落ち込むと、あくびをしているみたいに口を開き、元気な鳴き声があまり聞こえてきません。それでも今朝、太郎はアタシのことを呼んでいました。かわいそう。

ここ最近は、さほど寒くはないんだけど、まるで春のように雨の日が続き、鳥小屋の掃除がなかなかできません。残された3羽が元気に春を迎えられるように気を配ってあげないといけないと反省。ミミズ、今朝、「もしかしたらイチゴは死んでいないのかもしれない」と言っていました。太郎がかわいそうなので、パートナーを見つけてあげようということになりましたが、イチゴの死がちょっとつらくて…。

年明け早々、あまりいい話ではありませんが、生き物の死についてはしっかりと受け止めないとね。人生の学びだと思って受け入れようとしています。