クレープやら豆まきやら

気づいたらもうすっかり立春を過ぎてしまいました。本当に嘘みたいな話だけど、立春が過ぎたら、少しずつ日が長くなってきているような気がします。雨が多い春らしく、毎日、信じられないほど天気が悪いです。

今年は124年ぶりに2月2日が立春という、何だか特別な日でしたが、いつもと同じように過ごしました。ミミズが学校から帰ってきたら、得意の工作で作った鬼の面をかぶって、鬼は外と福は内と豆をまきました。今回、豆がいまいち節分豆っぽくできず、煮豆のように水分の多い大豆でしたが、おいしくいただきました。

それからクレープづくりをしました。「ヌテラっていうおいしいチョコレートがあるんだよ」とミミズからリクエストを受けていたので、ヌテラのクリームチョコレートをクレープに載せて、おいしいおやつをいただきました。

夜ご飯には、サーモンとクリームチーズのクレープを作り、おいしくいただきました。で、うっかり恵方巻を食べ忘れた!ということになり、恵方巻は翌日にいただきました。ま、ここは日本ではないし、一日ぐらいいいか…ということで、ミミズは願い事を思いながら海苔巻きをいただきました。

ミミズの願い事は、節分を過ぎたらずっとほしかったバッグを買いに行くというもので、さっそく買いにいきました。ところが……。そのお店は大きなショッピングモールに入っていた店舗だったため、1月末の新しいコロナ感染拡大予防策のためにお店がクローズしていたのです。ミミズ、がっかり。すっかり落ち込み、恵方巻を食べても願いがかなわないと逆切れしてしまいました。

とんでもない新年の幕開けですが、何とか状況が落ち着いて日本に行けるようにと願うばかりです。合掌。






とうとう学校がはじまってしまった……

今回の冬休み、ほぼ毎日プールに通い、午後はユーチューブ見ながら工作をしたりして、まったりと過ごしました。おかげで今日からはじまる学校が嫌で嫌で……。クラスの男の子にいじめられる夢を見てしまったとか、そんな憂鬱なスタートでした。

そんなことを言っても、けっこう楽しかったり、「このまま学校を変えたくない」と言ってみたりするので、本当のところはどうなのかよくわからないのですが、学校でのできごとを細かく話すようになったので、うれしい反面、心配する気持ちも出てきました。とりあえず、今日の一日が終わったら、同だったのか話を聞いてみようと思います。

ところで、ミミズはこの2週間の冬休みの間、実にたくさんの工作をしました。日本の学校でいうところの工作です。サンサンキッズというYoutubeの子供向け番組を見ながら、真似をしていろいろ作ります。よく見てみると、この番組はもっと小さな子ども向けのチャンネルではないかと思うのですが、太陽をモチーフにしたサンサン、雲をモチーフにしたくもりんなど、なじみやすいキャラクターが登場する番組で、手作り感あふれるあたたかい番組です。ミミズは「私、工作だいすき」と公言しています。

そんなわけで、この年明けから新たにアタシたちも何かアートチャンネルを作ろうかなと考えています。なんとなく構想は以前からあったのですが、必要な機材も買ったので、ちょっとやってみようかなと。今日は夕方からプールがあるので、明日から製作開始です。

数あるチャンネルに埋もれてしまうかもしれないけれど、ちょっと楽しみで作ってみようと思います。





2021年はぶどう12粒とともに

我が家の年末年始は、16時に日本のカウントダウンをおばあちゃまと過ごし、年越しそばを食べて、スペイン式にぶどう12粒を食べながら新年を迎えます。昨年は、年越しまで起きていられず、眠ってしまったミミズを起こしましたが、どんなに体をゆすっても起きることなく、気づいたら元旦の朝となってしまいましたが、今年はギリギリまでパパとゲームをして、スペインの国営放送を見ながら12粒のぶどうを食べることができました。ぶどうは半粒に切ったものを12個用意しましたが…。

ミミズは2020年が終わるのがいやで、いやだいやだといいながら年を越しました。ほとんどの人が、とんでもないことが起こった2020年を恨みながら年を越したと思うのですが、ミミズと同様に、年女だった子年が終わって少しだけ残念でした。

思えば昨年末は、水泳三昧でした。大人はプールの入口までで、プール内には入れませんでしたが、それでも毎日、こんなことができた、あんなことができるようになったと、嬉しそうに過ごしました。アタシはアタシで、プールの近くのコースをほぼ毎日走り、健康的に2020年が終わりました。この調子で2021年も健康的に過ごしたいものです。

今年からミミズとユーチューブでアート番組をはじめようと思っています。工作番組ではなく、日常をちょっとおしゃれに過ごしたくなるようなアート番組です。ミミズが学校で作ってくるものは、日本の図画工作の作品とはかなりちがうおしゃれな作品で、ちょっとした工夫でできそうなアート作品を紹介するような番組を作ろうかなぁと思って、少し考えていたのです。

というわけで、2021年はどんな年になるんだろう。家族3人で年を越すことができたので、いい年になってほしいなぁと思うばかりです。





サンタさんは本当にいた!

25日の朝、ガサガサと音がして目を覚ましました。「ママ」と声を殺して呼ばれ、「サンタさんが下にいるみたいだから、寝たふりをして」と言います。仕方なく、というか、まだ夢うつつでしたので、そのままじっと布団に入っていると、「もう少し待っておこう」と言います。サンタさんに起きていることが知られてしまったら、プレゼントをもらえないと思っているのです。ずいぶんと待って、「もう下りてもいいかな」とクリスマスツリーが飾ってある畳の部屋へと下りていくと、「ママ!プレゼントがあったよ!」と大声で叫びました。それからパパにも、「パパ!パパ!サンタさんが来た!」と大喜びで声を上げます。

「綿あめマシンはどれかなぁ…」と探して、日本語でみずきさまと書かれた袋を見つけると大喜び。それからすべてのプレゼントを開けました。アイスクリームマシン、ヘッドホンもあります。「ママ、これ、筆じゃない?」とママのプレゼントを見つけ、中から5本もの筆が出てくると、ミミズ、大喜び。「5本も入っているよ」と驚きました。ママには、ランニング用のジャケットもあります。ミミズが頼んでくれたものです。パパにはやっぱりプレゼントがなかったので、最後のお買い物で購入したパンツをプレゼントしました。

さっそく作ってみようと綿あめマシンをセットし、スイッチを入れました。ウィーンと音を立てて、ちょっと異常なほど熱を持ち始めたので、やばい…と思ったら、案の定、変圧器が壊れてしまった……。綿あめマシンの楽しい夢があっけなく崩れてしまいました……。でも、このマシンは日本に持っていこうということになり、落ち着きました。

アイスクリームマシンは、何だかイメージしているものとは違ったみたいで、手も付けませんでした。いろいろ悩んだ末に見つけたものなのに…。そのうち遊ぶかなと思っています。で、着替えてパピー宅へ。こちらには、ミミズがかねてから欲しがっていたアクセサリーマシンが届いているはずなのです。で、クリスマスの食事が終わり、プレゼントを開けると、やっぱり届いていました。今年はCOVID-19の影響で、はとこの家族が来なかったので、クリスマスの主役はミミズでした。いとこのお兄ちゃんたちはもうすっかり大人びた16歳と20歳です。ミミズは夕方まで楽しく過ごしました。

久しぶりの親戚との会食でしたが、アタシは思わず調子を崩してしまいました。のどが痛くて翌日寝込んでしまいました。どうやらあんまり人と会わないせいか、調子が狂ったみたいです。でも、ゆっくりと寝たら治りました。いろいろと大変な時期なので、体調には気をつけなければ…。


表現力は「おはなしドリル」から学んでいる気がする

ミミズは、フランスの小学校がはじまってから、学研の「おはなしドリル」というワークブックをほぼ毎日やっています。このワークブックは、それぞれの学年によって「かがくの話」「どうぶつの話」「こわい話」など、さまざまなシリーズがあって、それぞれが、見開き1ページにお話が書かれていて、それについてのかんたんな質問が載っているというものです。小学1年生の「おはなしドリル」は、字も大きく、内容もわかりやすくなっています。でも、見開き1ページを読むのが大変で、嫌がるときもありましたが、そういうときは無理にやることなく、だらだらといままで続けています。

その「おはなしドリル」ですが、ここ最近、嫌がらずに、むしろ積極的にやっていることに気づきました。感情移入したすばらしい読み方で、それまではひとりではなかなかできず、アタシといっしょに読んで、いっしょに問題を解いていましたが、ここ最近は、ひとりで読み、問題もひとりで解き、ついでに感想を述べたり、意見を言ったりするようになったのです。

日本に行くたびに購入し、ときにおばあちゃまに送ってもらい、かれこれ10冊ぐらい持っています。いずれも2回ずつ読んでいて、そろそろ3回目に突入する本もありますが、これまでの積み重ねは、日本語の文章を表現する上でも十分に役立っているように感じます。

とにかく最近、フランス語でも日本語でも、スラスラといろんなことを書き、とくに日本語は、Youtubeなどで理解できない単語の意味を聞いたり、使い方を確認したりするのです。ミミズの考えを聞き、アタシの考えも言い、まさか7歳の娘とこんなふうにいろんなことが言い合えるようになるとは思ってもいませんでした。

ミミズの日本語の上達は、大いにYoutubeのおかげではありますが、読み書きをする習慣を作ることができたのは「おはなしドリル」のおかげだと思っています。ぜひおすすめしたいです。


とうとうパパ嫌いがはじまった

最近、語彙が増えて、いろんなことを表現するようになったミミズ。日本語はフランス語をはるかに超え、フランスで生まれ育ったとは思えないぐらい、巧みに日本語を扱います。Youtubeのおかげで、最近の子どもが見ているチャンネルを見て、言葉の意味が分からないと、その都度、アタシに聞いてきます。

表現力が増えると、これまでぼんやりとしていたことを言葉で整理できるようになり、つらいことがあったら詩を書いてみたり、好きなことは好き、嫌いなことは嫌いというようになりました。

というわけで、パパに理不尽な理由で怒られると、ものすごい剣幕で怒りを表現するようになったのです。そのうちこうなるのではないかと思っていましたが、とうとうはじまったという感じです。

パパが何か言うと、«Oui,oui,oui,oui…»と適当に「はい、はい、はい、はい」と顔も向けずに答えたり、「パパなんて大っ嫌い!もう本当にむかつく!」とクッションに向かって叫び、«Papa, je t’aime… pas»などといいます。大声で「パパ、大好き…」と言い、小声で「じゃない」と否定するわけです。まだかわいいほうだけど、エスカレートしていったらもっと反抗的になっていくのではないかと思うのです。

ミミズは、曲がったことが大嫌いだから、理由があって怒られるとき、真摯に受け止め、ごめんなさいと謝ることができます。でも、自分が間違ったことをしていないのに怒られたりすると、絶対に受け入れられないのです。だから、こうなってしまうのは仕方がないのかもしれません。これからどんなふうに育っていくのか、いっしょに成長していきたいと思います。

漢字検定ダブル合格!

クリスマスごろに届くと言われていた漢字検定の結果が今日届きました。アタシはぎりぎり落ちたと思っていたのですが、奇跡的に合格。一応、試験対策の勉強はしていましたが、十分に勉強できない状況に加え、コロナ第2波で再び閉鎖されるかどうかという時期で、パリまで試験に行こうかどうか微妙に悩んでいたため、準備不十分の状態でした。それでも200満点中165点、合格ラインが155点だったかな、何とかセーフでした。

一方のミミズはというと、150点満点中145点という高得点で10級合格でした! すばらしい! ふたりで抱き合って大喜びしました。

ミミズはたぶん合格するだろうと思っていましたが、きちんと正しくこたえられるかどうか微妙に心配でもありました。試験直前に、実際の試験ではちゃんと枠の中に字を書かないといけないことなどを伝えましたが、直前すぎました。でも、こんな高得点で、ミミズもがんばったかいがあると大喜び。パパにかなり得意げに自慢していました。

ミミズはすでに小学2年生の漢字をスタートさせています。パリに行ったときに購入した漢字練習帳を使ってやっています。カードを作って読みの練習はほぼ毎日繰り返していますが、まだ書く練習はしていません。でも、漢字を先行して学習しているため、『おはなしドリル』を読むペースもスラスラとかなり上手で、やっぱり勉強している成果が見えているような気がします。

フランスの学校での勉強がときに理解できずに大変だったりしますが、よく続けて勉強していると思っています。とりあえず来年に9級の試験を受ける予定です。アタシは準1級の勉強をしていますが、準1級は日本でしか受けられません。来年の夏、日本に行けたら受験しようかなと思っています。

クリスマスは派手に飾るのがいいらしい

この週末、やっと我が家もクリスマスらしくツリーを飾りました。昨年はもみの木を買ってきましたが、もみの木の香りが全然しないし、葉がぼろぼろと落ちてきて掃除が大変だったので、今年は例年通りのツリーです。

クリスマスの飾りは、シンプルなもの、おしゃれなものなど、いろいろありますが、アタシがここフランスでいろいろな人と話をしている中で出た結論は、クリスマスの飾りはキラキラといろんな色の飾りを派手に飾った方がいいということです。

フランスでは、ほかのヨーロッパの国と同じように、クリスマスというのはサンタさんが家にやってきて、ツリーの下に子どもたちのプレゼントを置いてくれる日で、その喜びを家族で共有する家族のためのイベントです。だから、サンタさんが訪れたとき、ツリーの場所がわかるように、家の中心にツリーを飾って、キラキラと光らせるわけです。そうじゃなかったら、サンタさんがこの家には子どもがいないと思って、プレゼントをくれないわけです。

我が家のツリーの飾りは、何ともいろんな色や形の飾りがあって、ちぐはぐなんだけど、それぐらいがちょうどいいというわけです。夜になるとツリーの飾りに明かりをつけて、サンタさんのスパイである小人のサンタさんに家のありかを見せつけるのです。この家にはミミズという7歳の女の子がいるということのアピールです。

そんなふうに1カ月かけてクリスマスを盛り上げて、25日を迎えるわけです。アタシは、夢を抱いてもその夢が無駄に終わるような世の中であっても、夢が現実になるのではないかとひそかに願う心をだれもが持ち続けてほしいと思っています。だから、「サンタさんが来たときに、服が汚れないように天窓もきれいに掃除しておこうね」と、真顔で言うミミズが、いつまでもそのきれいな心を持ち続けてほしいと思っています。

ところで、今年はいろいろあったものだから、わが村にはサンタさんがやってこないことになってしまいました。でも、サンタポストが村役場にできて、サンタさんに手紙を書いたら返事をくれることになっています。アタシたちは、ポストができた翌日に手紙を出しました。ミミズは自分のプレゼントよりも、ママへのプレゼントのことをたくさん書いていましたが、何かステキな返事をくれるのでしょうか。とても楽しみです。


日仏バイリンガルは大変だ

先週の金曜日の夜、お風呂に入りながら、ミミズが突然、算数の問題があんまりよくわかっていないのに、テストがあるという話を打ち明けました。いままでどうして何も言わなかったんだろうと、問題を見てみたら、本当にわかっていない! しかも週明けにテスト! というわけで、この週末は、猛勉強となりました。

「バカンスが何だかうれしくないなぁ…」と土曜日の朝はつぶやき続けました。でも、放っておくわけにはいきません。ミミズが何を理解していないのか、まずはそこを見つけないと。というわけで、いろいろ探ってみたら、その理由がわかりました。ミミズは、フランス語の設問の意味がわかっていなかったのです。

「10本の花のブーケが2つあります。花は何本ありますか?」とか「3人の子どものグループが5つあります。子どもは何人でしょうか?」とか、そんな問題です。ミミズは、10+2=12、3+5=8と答えを書いていて、先生から復習するように赤ペンで書いてありました。日本語に訳して問題を解くと、最初は何だか戸惑っていましたが、似たような問題を何回もやっていったことで、日本語では理解できました。ところが、フランス語で質問すると、またわけがわからなくなってしまいます。土曜日は、とりあえず日本語で理解できたところで勉強をやめました。

日曜日、朝から日本語で復習したら、パッパッと問題を解くことができました。次にフランス語で質問すると、答えのケタを間違えてしまいました。つまり、「10本の花のブーケが2つあります。花は何本ありますか?」とか「3人の子どものグループが5つあります。子どもは何人でしょうか?」とかの質問の答えを20ブーケや15グループと答えてしまうのです。何度も繰り返していったら答え方もわかるようになりました。

また夕方、お風呂で繰り返してみたら、ササッと答えられたので、とりあえずダイジョウブかなぁというところまで到達しました。

今回のことで、はっきりわかったことがあります。たとえ子どもの頭が柔軟だとしても、やっぱり複数の言語を操ることはとても大変なことだということです。ミミズの場合、アタシと日本語を使って日本の1年生の勉強もやっているため、こうした混乱が生じるのかもしれませんが、日本語を得意とするミミズのことは、もう少し気にしてあげたほうがいいなぁと思ったのです。

ときどき、友達とケンカした話しとか、もう絶交するとか、そんな話も聞きますが、フランス語で何か問題でもあるのかなぁと心配になることもあります。親友と呼べる友だちはいないし、学校でさみしい思いをしていたらどうしようなんて、たまに思います。それでも楽しそうに学校に行くので、ダイジョウブかなぁとも思うのですが、ミミズはほかのクラスメイトとはやっぱりちがう環境で育っているので、しっかりとフォローしてあげようと思いました。


Youtubeから学ぶ日本語のパズコンって何?

フランスで生活をしているミミズにとって、ママやおばあちゃまとおしゃべりする以外の日本語との出会いの場はYoutubeです。Youtubeから聞こえてくる新しいフレーズこそ、ミミズにとって新鮮な日本語で、Youtubeで使われている言葉こそ、同じぐらいの世代の子どもたちが使っているであろう表現ということになります。

ミミズがおもに見ているYoutubeチャンネルは「キッズライン」や「ここなっちゃん」で、とくに最近、「ここなっちゃん」のケーちゃんというちょっぴりいたずらっ子のしゃべり方を真似します。真似するというよりも、自然に同じような話し方になっているという印象です。それぐらいよく見ていて、もちろん大ファンなのです。そんなミミズといっしょに見ているアタシもけっこうファンで、「ここなっちゃん」はかなりお母さん心をついているなぁと思っていたら、案の定、お母さんのファンも多いみたいです。

先日、そんな「ここなっちゃん」のある動画を見ていたミミズが、「マザコンって何?」と聞いてきました。「ママのことがすごく好きだったり気になったりする人のことよ」と説明したら、「私はマザコンだわ」と言いました。ちょっと意味がちがうかなぁと思っていたら、「じゃあ、パズコンって何?」と聞いてきたので、「パソコンのことでしょ? そのコンピューターのことよ」と答えました。

そんなこんなで、夜、お風呂に入っていたら、「私は絶対にマザコンよ。パズコンじゃないからね」というので、「それって、ファザコンのこと?」となりました。そうか、ミミズが「パズコン」と聞こえたのは、実は「ファザコン」のことで、あの動画にいっしょに出てきた言葉だったのか…ということがわかりました。適当に答えてしまったことに反省です。

どんな言葉や表現であっても、きちんと教えてあげないといけないのかなぁと思います。あまりいい表現ではなくても、日本にいないのに日本語をちゃんと理解しているわけだから、使い方や使うシチュエーションを正しく教えてあげないと、日本に行ったときに誤解されてしまいます。おもしろいとき、先の「ここなっちゃん」のケーちゃんみたいに「超、ウケル!」などと言って喜んでいますが、ま、日本語での表現のひとつの形なので、使う場所をわきまえて、もっとたくさんの表現を学んでほしいなぁと思います。