漢字検定を受けてみた

10月18日、アタシたちはパリで漢字検定を受けました。COVID-19で微妙な時期でしたが、この日のために勉強してきたし、だれかと会うわけではないし、試験を受けて少し観光するだけだし、前から計画していたことだし、義父母には反対されていたものの、あーちゃんは賛成してくれて、最後の最後に行くことにしました。

出発の直前で、予約していたホテルの場所を会場となる学校のそばに変更しました。そのホテルは、通常ではきっと高いホテルなんでしょうけれど、事前に予約していた都心から離れたホテルと料金が同じだったことから、こっちのほうがいいと判断して変えました。

いちばん心配だったのは電車でしたが、行きも帰りもほとんど乗客がいない中での旅行となりました。パリまでは新幹線で2時間、少し長い時間でしたが、パリに着くと、ミミズ、目がキラキラと輝き、テストを受けることなんか忘れていました。

ホテルはとてもきれいな部屋で、ホテルがあるのは日本人街。ちょうどこの週末から21時以降の外出ができなくなってしまいましたが、アタシたちには関係ありません。目的のアジア系レストランで和食をいただき、夜は早めに寝ました。

翌日は朝からアタシの試験、昼はまた同じレストランでランチをいただき、午後はミミズの試験。ミミズは、さっそくお友だちができて、また来年もパリに行きたいといいました。パリに行くということは漢字検定を受けるということなので、この旅行が終わってから小学2年生の漢字の勉強がはじまるということです。そんなわけで、日本の本を扱う書店で小学2年生の漢字の練習帳を購入しました。

日曜日はママ念願のピカソ美術館へ行き、月曜日はミミズ念願の国立自然博物館で恐竜の骨などを見て、最後にエッフェル塔のそばの公園で遊び、エッフェル塔と写真を撮り、楽しかったパリ旅行が終わりました。話せばきりがないほどさまざまな楽しい思い出がありますが、ともかく生まれて初めて日本語で試験を受けたミミズ、結果はともあれ、楽しく受験できたようで何よりです。

ジメジメとした週末

天気の悪い週末でした。土曜日はプールへ。ミミズ、先生のそばでしっかりと話を聞き、先生の話が終わりそうになったらプールサイドへ移動して、まずいちばんに泳ぎはじめます。土曜日は背泳ぎの練習でした。フランスでは、まず平泳ぎを習って、次に背泳ぎを習うみたいです。軍で働いている友だちの話では、海で遭難したとき、平泳ぎで泳いで疲れたら背泳ぎをして、何とか岸までたどり着くように訓練するからなんだとか。日本ではどうだったか覚えていませんが、そんなふうに泳ぎ方を習った覚えがないから、ちょっとちがうんだろうなぁと思います。

本当にこの週末は一日中雨が降ったり止んだりで、パパの機嫌が悪くて最悪でした。病気をしているので仕方ありませんが、ミミズといつも健康第一だと言い合っています。だからちゃんと食べようとか、しっかりと運動しようとかね。まさに反面教師。で、機嫌の悪いパパをよそに、ミミズはマンガを書いたり畳で運動したり。雨が上がったら外でバドミントンをやったり、そうそう、日本のサンタさんに手紙を書きました。今年のクリスマスは、綿あめマシーンです。というわけで、それなりに楽しい週末を過ごしました。

プールが終わったらすぐに着替えます。COVID騒動でプールのドライヤーが使えないため、髪の毛を覆うターバンタオルを購入しました。大喜び。なんだか似合います。土曜日は、12時半にプールが閉まってしまうので、ママは泳がずに早めに家に帰ってあーちゃんとスカイプをしました。あーちゃん、ミミズに言われるがまま、かつらを被ってくれて大喜び。今日もおもしろしりとりで盛り上がりました。それにしても、ミミズはよく言葉を知っています。しりとりがなかなか終わりません。ドラえもんやらYoutubeのこうくん&ねみちゃんやらのおかげです。それにしても、毎日の勉強、嫌がりながらもよくがんばります。いつか嫌だと言い出すんだろうなぁと思いながら、その日までは続けようと思っています。

あと2週間後に漢字検定を控えていますが、パリに行けるのだろうか、ちょっとわかりません。週明けに何かニュースがあると言われていますが、どうなることやら…。

いつの間にか三つ編みができるようになった

いつの間にか何かができるようになるなんて、本当に子どもの成長は早くて驚きます。学校に行っている間のことは未知の時間ですが、それでもほとんどの時間をいっしょにすごしているというのに、知らないうちにできることがいろいろと出てきます。

そのひとつが三つ編み。つい最近まで、リボン結びがうまくできなくて、気づいたらできるようになっていましたが、今度は三つ編みまでできるようになってしまったとはね。ちょっと前まで、三つ編みっぽいことをやっていて、二本に分けた髪の毛をクルクル巻いて三つ編みだと言っていましたが、上級生のお姉ちゃんに三つ編みの方法を習って、アタシの髪の毛で少しずつ練習していましたが、イマイチ、上手にできませんでした。

でも、何だかここ最近になって、三つ編みはこうやってやるという説明がちゃんとできているし、まだ緩くしかできませんが、三つ編みができるようになったのです。

そういえば、日本語の字も上手に書きます。今月の日本習字の硬筆課題も、なかなかうまく書けるようになりました。いろんなことが少しずつできるようになっていて、本当に驚きます。次はいったいどんなことができるようになるのでしょうか……。

ミミズのルーティン

あまりよく見えないけれど森の紅葉がきれい

先週まで信じられないほど暑かった日々が、秋分の日を迎えたら途端に秋空に変わりました。朝晩、少しずつ肌寒くなり、どんよりとした冬への足音が聞こえてきます。この写真は、秋色の森の遠景を撮ったつもり。紅葉がきれいです。

ミミズの日々は、朝勉、学校、宿題、テレビ、夕食、お風呂、睡眠です。朝勉が少し大変みたいですが、スマイルゼミを7ミッション、漢字検定の練習、硬筆の課題、おはなしドリルと、日本語オンパレードで、よくまぁやっているなぁと感心します。漢字検定は、もう1カ月を切っていますが、ミミズは問題ないだろうと。問題はアタシで、まだまだ勉強が足りませんが、最後まであきらめずに勉強します。日本習字の硬筆の課題は、本当に毎日練習しているとどんどん上達するなぁと驚きます。7月8月の添削がどのように返却されてくるのかとても楽しみです。おはなしドリルは、やっぱり読み物としても楽しくて、あと2冊ほど追加で買おうと思います。

学校の宿題は、さほど面倒なものではなく、時にパパと、イヤイヤながらやっています。算数よりもフランス語の宿題が多いところを見ると、やっぱり子どもたちにとってもフランス語って難しいんだなぁと思います。最近のテレビは、ドラえもんとここなっちゃん。ドラえもんの歌をとても上手に歌い、つい最近まで音痴だったのに…と不思議です。

音痴といえば、日本大使館から教科書をいただいていますが、音楽の教科書もあったので、少し歌の練習もしたいなぁと思っています。というのも、昨日のことですが、これから習う水泳教室のために主治医の診断書をもらいに町医者に行ったとき、日本好きの先生が「さくらさくら」の歌を流してくれていたのに、ミミズ、知らなかった。そりゃそうか…と思いつつも、やっぱりちょっと教えておきたいなぁと思ったわけです。車の中で動揺を聞くようにしようかな。

ミミズが得意の変顔です

教科書といえば、先日、後期の教科書が数冊届きました。本当に毎回ありがたいです。というわけで、またいろんな課題が増えそうで、ミミズ、嫌がるかなぁと少し危惧します。日本語を使った学習は、あまり強制したくはないけれど、メリハリをつけてやらないとだらけるし、ドラえもんやここなっちゃんの動画で学ぶ言葉を、必ずしも正しく使っているわけではないので、やっぱりちゃんと教えたいと思うわけです。楽しく勉強するを心がけていますが、なかなかむずかしいです。

七五三リハーサル

この1週間、ちょっとバタバタしていましたが、ミミズとの時間は相変わらずです。ニュースといえば、この夏休みの自由研究が終わったことかな。フランスでは夏の課題なんか何もないけれど、アタシたちは日本の学校のようにやってみました。ま、アタシがほとんど楽しみながらやっていたんだけどね。妖怪の話とか幽霊の話とか、そんなのばっかりYoutubeで見ているから、森が怖くて最後の方は近づけなくなってしまいましたが、それでも最後に感想を書いたミミズは、「来年の自由研究はきのこを調べようと思います」と、立派なことを書いていて驚きました。

新しくできたお友だちと遊んだり、ベビーカーにミミズの赤ちゃん(ドキンちゃんとパンダ)を載せて散歩したり、いろいろ楽しい時間を過ごしていましたが、今日はおばあちゃまから送ってもらった七五三の着物を着てみました。アタシ自身、着物をひとりで着たことがないので、スカイプでおばあちゃまから指示を受けても何のことやらわからなかったりと、けっこう大変でしたが、それなりにカッコよく着せることができたので、ときどき着物を着せてみようと思いました。次に日本に行ったら、アタシも着付けを学ぼうと思います。

今日は近所に住んでいるお友だちのお誕生日会がありました。学校はちがうけれど、柔道でいっしょの友だちもいました。今年度の柔道教室は10月12日からスタートとなり、しかも週1日だけになってしまいます。みんながっかり。家でも練習するか、ほかに何かするかしないと、体がなまってしまうなぁと思います。しばらくの間は、きのこのシーズンでもあるので、来年の夏のためにきのこの研究でもはじめようかな。

そういえば、久々のお友だちと遊んでいる間、ミミズが頭ひとつ分みんなよりも大きいことに驚きました。さらに、日本語とフランス語を巧みに使い分けるミミズを見て、みんな驚いていました。完全にバイリンガルだねと。これまで、いろいろ言われても日本語を教えつづけてよかったと思っています。これからもがんばろう。当面は、10月の漢字検定に向けてがんばります!

新しいお友だちができた

今日は久しぶりのお友だちが遊びに来ました。街に住んでいるフランス系の若いカップルです。そのふたりが、日本人のお友だちを連れてきてくれました。アイリちゃん、パリの学生です。ミミズ、すぐに打ち解け、大好きなお友だちになりました。

ノリのいい関西の女の子で、ミミズの激しいテンポにも元気いっぱいについてきてくれました。会った瞬間からお別れの瞬間まで、ノンストップでしゃべりまくったミミズでしたが、子どもが大好きだというアイリちゃんはまったくへこたれずに相手をしてくれました。周りが驚くほどのベタベタぶりでした。ありがとう!

こんなに仲良くなったお姉ちゃんみたいなお友だちはじめて!と大喜びのミミズ、お別れの瞬間はちょっと悲しかったけれど、明日、スカイプしようね~と元気よく別れました。

9月のはじめごろまで町の方にいるということなので、また会えるチャンスはあるかな? ミミズは遊ぶ気満々ですが、アイリちゃんの方はどうだろう? いま、フランスのハンバーガーチェーン店QUICKで新しいメニューがあるので、街に食べに行ってもいいかなと思っています。近いうちにまた会えたらいいね。

スマイルゼミで漢字がはじまった

ミミズはあと2週間で小学2年生になりますが、スマイルゼミは1年生の夏の学力試験が終わり、ひとケタの足し算や引き算、新しい語彙や読解など、相変わらずの課題が続いています。スマイルゼミでは、今日のミッションという課題を毎日こなしていきますが、このミッションに、ランダムに算数のドリルが登場します。ひとケタの足し算や引き算の問題を何秒でいかに正しくこなすのかを競うものです。ミミズの最高記録は、足し算が39秒、引き算が1分15秒です。もう少し集中すればもっと高得点が出るのに、はじめからダメモードでやるので、新記録がなかなか出ません。しかも、引き算は苦手という意識が強いため、6-5のようなかんたんな計算も手を使ってやろうとします。このため、1分のハードルが越えられませ。ま、これはミミズの問題なので、いつか得意になっていくことを願うばかりです。

そんなスマイルゼミですが、ここ最近、漢字の練習がはじまりました。山とか川などかんたんな漢字なので、ミミズは得意げにやっています。実はアタシたち、10月に行われる予定の漢字検定を受けてみようかと考えています。パリで実施される学校を見つけたのです。ただ、現状では、まだ行われるかどうかはわかりません。ミミズは小学1年生程度の10級、アタシは2級です。ミミズは勝算ありですが、問題はアタシで、けっこう書けない漢字が多くて苦戦中です。毎朝、ミミズの朝勉中にアタシも漢字の練習をしていますが、実際に受験することになったらかなり詰め込まないとマズいです。

ところで、漢字の練習は、古今東西、いつもこんなスタイルで学びます。もうちょっと楽しく勉強できないものかと考えるのですが、ほとんどがこんな感じですね。何かアイデアはないものかと思います。教材づくりはけっこう楽しいもので、毎朝、ミミズの漢字の問題は手書きで作っていますが、もう少し工夫できないものかと毎日考えていますが、なかなか浮かんできません。

教材のマンネリ化について、スマイルゼミを子どもとやっている方の声の中には、同じ問題が繰り返されるので、答えをすでに覚えている子どもが問題を見ずに答えを書いてしまうという悩みがあります。アタシは、これはむしろ、子どもの記憶力のすごさを称えてあげるべきなのではないかと思ったりします。ミミズも同じように、何度も繰り返される読解問題などの答えは、問題を見ずに入力しています。逆に言えば、答えを覚えてしまうほど繰り返し読んできたことを意味するので、これはこれでいいのではないかと思います。

勉強は、やっぱり繰り返すことが大切だと思いますが、手を変え品を変え、子どもが飽きないように作るのはとても大変なことです。教える側に余力があれば、いろいろと個別に作ってあげることで学力もグッと上がるように思いますが、これは理想論で、実際にはなかなかむずかしいものです。無理せずいっしょに勉強するというスタンスでやっていかないとなかなか続かないので、アタシは楽しみながらやっています。ミミズから嫌がられるまで続けようと思っています。

久々のバカンス

バカンスという響きはやっぱりフランスっぽいです。日本の学校では、夏休みの間も、学校が閉鎖された分をカバーするべく学校へ通わされているみたいですが、フランスではちゃんと予定通りにバカンスが訪れ、すっかり学力のことなどを忘れかけている今日このごろ…。

どうせ9月には学校がカバーしてくれるはずという声がちらほら聞こえながらはじめての小学校生活が終わりました。ミミズはいちおう、スマイルゼミや漢字検定、日本習字の課題などの朝勉強のときにフランス語のワークブックもやっているのですが、フランス語の語学力がかなり下がっているように感じます。ま、しょうがない。8月の後半から習った単語の復習ぐらいはやっておこうと思います。

つい先日まで、3泊でBergeracという町に行きました。パパのお友だち家族とキャンプで数日過ごす計画が、キャンプ場はイヤだ、ホテルがいいという話になり、あれよあれよのうちに予算がかなりオーバーした数日となりました。が、ミミズが大喜びで毎日飛び跳ねていたので、ま、よかったということで。何がよかったかというと、パパのお友だち(2名)のそれぞれの息子たちと楽しく遊んだからなのです。ホテルといっても小さなプールと小さな部屋があるだけのなんてことはないホテルでしたが、プールではしゃいだ時間やレストランで食べた時間が楽しかったみたいです。アタシはおかげでまた2キロ太り、最悪な時間でしたが…。

ところで、このBergeracは、ドルドーニュ川のほとりにある町で、ワインとタバコで知られています。ワイナリーに行って試飲をしたら、何とはじめておいしいと思えるワインと出会い、何と買ってしまった。Monbazillacの白ワインで、かなり甘口です。ミミズが生まれた2013年を買いましたが、この年はあまりワインにとってはいい年ではなかったみたいです。でもはじめて自分のお金でワインを買ったという記念のワインとなりました。このワイン、ミミズが20歳になった2033年にミミズと開ける予定です。

明日の夜にはまたピレネー方面へと旅立ちます。こちらもパパのお友だち宅へ行くんだけど、こちらは気さくな人たちで気取らないしのんびりできそう。ミミズの朝勉強もいつもどおりにゆっくりできるので安心です。現在、スマイルゼミでも新しいイベントがはじまり、毎日、夢中になって今日のミッションを解いています!



スマイルゼミ 夏の「全国学力診断テスト」

スマイルゼミの学力診断テスト

バカンスも半分ほど終わろうとしている今日この頃ですが、ミミズはスマイルゼミの夏の「全国学力診断テスト」なるものをやってみました。

ミミズは悪い結果が出るのがイヤで、なかなかとりかかろうとしませんでした。ただ、わりとテスト慣れしています。というのも、フランスでは、Contrôleといって、休みの前などにテストがあります。しかも、かなりの長時間のテストで、さらに、成績結果を親に渡し、親はサインをします。ってなわけで、ミミズはテスト慣れしていますが、結果が悪いとものすごい落ち込みます。

それでもやってみたところ、算数は95点、国語は70点でした。国語の問題で間違えたのはてにをはを入れる問題で、問いをちゃんと理解していなかったために間違えてしまいました。ミミズはどういうわけだか、日本語のてにをはは間違えずに使うので、今後は問いをちゃんと読むことが課題です。ちなみに、読解問題もちゃんとできました。学研の『お話しドリル』のおかげかも?

ところで、最近のスマイルゼミですが、足し算や引き算のドリルも少しずつスピードが上がってきています。こんなに同じような問題を繰り返すような勉強はフランスではやっていないような気がします。このままいけば、夏休み明けまで算数は問題ないかなと思っています。

フランス語はちょっと心配ですが、学校がはじまれば、またママといっしょに毎朝勉強するのでね。スマイルゼミの英語も楽しくやっています。まだフランス語とゴチャゴチャになるということはないみたいです。

日本語の方は、スマイルゼミの問題に加えて、『お話ドリル』と学校の教科書もやったりしているので、とりあえずはダイジョウブかなと。国語はとにかくやっておいたほうが、後でミミズが苦労をしないと思うので、少し厳しいかなとも思いますが、がんばってやっています。嫌がったらやめる覚悟なので、毎日の勉強時間が勝負だと思っています。

明日はプールに行こうかな。ウイルス怖いので屋外プールで接触を気をつけて。



かきぞめをやってみた

ミミズといっしょに習っている日本習字では、夏と冬に書き初めの課題が出ます。ミミズが属している小学1年生では「あさがお」と書きます。はじめてですが、書いてみました。こんな感じです。なかなか日本の小学生っぽい。

画仙紙で書くにもはじめてだし、4文字書くにもはじめてです。見よう見まねで書いてみましたが、けっこう上手です。同じころのアタシなんかよりもよっぽど上手だと思います。すばらしい。

でも、書道はあんまり好きじゃないですね。あーちゃんと内緒のメールに「しゅうじはむずかしいからやめたほうがいいよ」と書いていました。笑える。嫌なら止めようよというと「やる!」といいます。微妙です。でも、やり続けておけば、まちがいなく字が上手になると思います。アタシは、字がへたくそなので、ミミズには続けてほしいけれどね。

かきぞめ時間は20分ぐらいかな。それでもがんばっていると思います。毛筆は週1~2回、硬筆は毎日練習しています。1カ月前の字とくらべるだけでも驚くほど上手になっているので、成長ぶりに驚きます。

成長ぶりといえば、今日、突然、「あ、それ、インスタに載せる?」といいました。「インスタってなに?」と、知らないくせに使っています。Youtubeさまさまですね。そういう言葉のすべてをYoutubeで学んでいます。なんだかすごい。かつて新しい世代の人(当時のアタシとか)のことを「新人類」と呼んだけれど、もはや新人類は新人類ではなくなった感があります。本当に時代が大きく変わっていて、しかも今回のCOVID19前と後でもまた大きく変わっていますね。時代についていかないと大変だなぁと焦る毎日です。