少し大人のドラマを8歳の娘と見て思うこと

8歳のミミズは将来、交番のおまわりさんになりたいという夢を幼稚園のころから抱いています。しかも、ミミズの憧れのおまわりさんは日本のおまわりさんで、フランスの不愛想なおまわりさんではありません。そんなわけで、いまちょうど放映されているハコヅメ〜たたかう!交番女子〜は、母娘で楽しく見ているドラマです。

で、つい先日、毎回のようにいっしょに見たのですが、彼女の感想やら意見のおもしろいこと…。8歳の子どもって、予想もつかない想像をして、まったくストーリーを理解しないんだということがわかりました。

今回のお話は、主人公の新人交番女子(ミミズは彼女に自分を投影しています)がイケメン消防士にお姫様抱っこされたり、その彼と初めてのデートに出かけることになったり、デートの途中で帰ったり、先輩交番女子の同僚の先輩たちが出てきて、先輩の秘密が少しずつわかったりと、話の展開がいろいろあっておもしろい回でした。イケメン消防士のシーンでは、まるでドラマの二人のようにキャーキャー言いながら盛り上がり、はじめてデートに出かけるときになったときも「ワタシがはじめてデートするときもこんなかわいいワンピース着たいなぁ」とか、普通の女子トークに楽しんでいたのですが、先輩交番女子の同僚が出てくると、「どうして先輩の仲間は怖いの?」とか「いうことを聞かないといけないの?」など、日本的な上下関係のことがよくわからなかったり、先輩の秘密のシーンになると、なぞを呼ぶ写真の意味がどうしても理解できなくて、しまいには「わかった!」といかにも大発見したかのように喜びながら「本当はあの女の子は主人公の新人交番女子なんだよ」と、ミミズが大好きな幽霊話の方に話が発展していくのです。

また、前回の話ではアルツハイマーの男性が出てくるんだけど、何度説明しても記憶がなくなるという意味がわからなくて、「どうしてあのおじいちゃんは変なことを言うの?」と何度も聞いてきました。最後に介護疲れした男性の妻が思い詰めた行動に出たときも、「どうしていつも笑っていたおばあちゃんが急にいじわるになったの?」と、アルツハイマーの男性と同じことを言うのです。

つまり、映像と単純なストーリーはちゃんと理解できるのに、映像がない話とか、ちょっと想像しなければならない話はまだ理解できないんだなぁということが分かったのです。このことから、ミミズがいつも同じことで怒られたり、言われたことがうまくできなかったりするのが、何となくわかったような気がしました。

で、最近、ちょっとミミズに対する見方が変わったのですが、この前、車に乗っているとき、外を見ながらうなずいていたので、どうしたのか聞いてみたら、「秘密の話なんだけど知りたい?」と言って、「マイクラ(というゲーム)に出てくる木の幹とまったく同じ木の幹があったの!」と、実にどうでもいいことを納得したかと思ったら、今度はクラスメイトのひとりで、いつも先生に怒られる子が、どうしていじわるなのかを真剣に考えていたり、あの小さな頭で、それなりにいろんなことを感じているということもわかったのです。

そんなわけで、ミミズの成長ぶりがちょっとわかったあのドラマに感謝です。次回もまた楽しく見ようと思います。









毎日のスマイルゼミで精いっぱい

来週、フランスの小学2年生が終わります。学年末試験などがありましたが、成績はまあまあで、小学3年生への進学できるという通知をもらいました。とりあえず安心。しかも、フランス語をがんばったと書かれていました。算数では山場のかけ算をそこそこ覚えたので、とりあえず人並みに計算はできるのかなと思います。ともあれ、よかった。

なんですが、ここ最近、いつごろからか、学校から帰ってくるとなかなか勉強できなくて、言い合う日が増えました。学校の宿題とスマイルゼミの今日のミッションを7課題やるのが精いっぱいです。勉強する日もあるけれど、基本的にやらないことが多く、ケンカが絶えません。習い事も多いから、疲れているのもわからないわけではないんだけど。

それでも好きなことはいろいろやります。ミミズは英語が好きで、スマイルゼミの英語の「アリとキリギリス」を丸暗記してしまいました。夏休みはもっと勉強したいという英語の勉強をママと一緒にやる予定で、今日、図書館で本を借りてきました。

帰国子女の多くが直面する漢字の問題、ミミズもまた漢字の勉強が大嫌いで大変です。読めるけれど書けない字が多く、書けないとイライラして嫌になってしまうという悪循環です。でも、漢字検定を受けにパリへ行こうという目標を持って、この夏は漢字の勉強もがんばる予定です。

いずれにせよ、勉強は朝に限ります。起きたらすぐに勉強して、午後は遊ぶ日々を過ごそうと思います。アタシもイライラしないで、ミミズを楽しませながら勉強させるテクニックを身につけないと。

そして、夏休みは遊びに行こうと思います。久しぶりに動物園や洞窟へね。家の断捨離もしたいし、とにかくやりたいことがいっぱいです。

フランス語も日本語も国語力が大切【バイリンガル教育】

CE1(小学2年生)のミミズは、相変わらずフランス語の最大課題である発音と発音から単語を導くディクテーションの練習に追われています。もちろん、教科書を読んだり、練習問題などもやっていますが、音の訓練がまず第一みたいです。

日本語の国語では、最大の難関は漢字かもしれません。フランスで暮らしているミミズは、完璧なまでに日本語を操りますが、カタカナのネやサなど、相変わらず書き方を間違える字があり、漢字の練習をとても嫌がります。でも、この難関を越えなければ、やはりちゃんとした日本語が使えなくなることが最近判明しました。

つい先日、小学2年生の国語の教科書にあった内容の要約の勉強をしたときのこと。これは、アメリカの絵本作家レオ・レオニ作の『スイミー』の内容を抜粋して、文章にまとめるという課題でした。まず教科書を音読して、内容を確認してから、どんなことが起こったのかを箇条書きにしてみました。ここまではまったく問題なし。

箇条書きにした内容を文章にして、要約文を作りました。ひとりでやってみるというのでしばらく待って、その内容を読みました。ちょっとおかしい箇所はありましたが、全体としてちゃんと文章は書けていました。ただ、適切な字を使っていないというのが目立ちました。全体としてひらがなが多く、知っている漢字を使っていないのです。

ミミズは、毎日、日本語の勉強をしています。漢字練習は現在、読みの練習をメインでやっていて、小学2年生で習う漢字はだいたい一度は練習しているはずですが、やっぱり書けません。以前、手作りの漢字練習を作ってみましたが、間違えるからテンションが下がり、止めてしまいました。それでも、漢字検定を受けにいくからがんばろうとか、いろいろ盛り上げていますが、とても大変です。ほぼ毎日、ケンカ状態になってしまいます。

とはいえ、国語の勉強はとても大切だということがわかりました。毎日、ちょっとでもいいから勉強し続けていこうと思っています。

フランスのロックダウンに疲れ切った親たち

今週末でフランスのロックダウンも解除されるはずという昨今。この3週間ばかり、1週間の学校閉鎖で家庭での授業期間と、それに続く2週間の春休みとなりましたが、アタシ自身もさることながら、ママ友たちからもロックダウン疲れが見えた3週間となりました。

今回のロックダウンは、家から半径10km以上の移動の禁止となりましたが、どこもかしこもクローズされているため、子どもたちの退屈もピークに達していたんだと思います。また、ミミズの場合、フランス語と日本語の勉強がふたつあり、あんまりやりたくないという気持ちがあって、イライラがお互いにぶつかり合い、ほぼ毎日、ケンカしていました。さらに、パパが夜勤で日中、大声で話すこともできず、いまから思えば大変な日々だったなぁと思います。あまりに大変すぎて、ブログも書けなかった。

友だちの家庭でも同じで、まったく勉強はしない、何のやる気もない、どこにも行けないし、近くを散歩するのも退屈で、結局、テレビやYoutube、ゲームなどに明け暮れる日々だったという声も。久しぶりに会ったお友だち、みんなちょっとコロコロと太っていました。ミミズもアタシもけっこう意識して運動していましたが、けっこう太ってしまい、当分の間、ハンバーガーショップはお預けです…。

この週末はミミズのお誕生日だというのに、プレゼントも買えず。ロックダウン疲れです。でも、これで少しは感染者が減ったようで、来週から少しずつ店やレストラン、スポーツジムなども開いていく様子。週末のニュースに期待が膨らみます。

ところで、この3週間の間、ミミズは文句だらけでしたが、ちゃんとスマイルゼミも漢字の練習も、掛け算の暗記も、フランス語での日記も、毎日続けました。大変だった。大ゲンカしながらやりました。といっても、一日中、勉強しているわけではなく、朝だけです。あとはウォーキング、サイクリング、友だちと遊んだりしました。

朝勉強はとても大切で、このタイミングを逃すと、まちがいなく、一日中、何もしません。だから、せっかく覚えた漢字を忘れないためにも、心を鬼にして続けました。このままがんばって、10月にはまたパリで漢字検定を受けたいと考えています。COVID-19よ、どうかアタシたちの邪魔をしないでほしい。今回は、もし可能だったら、足を伸ばしてカミーユ・クローデル美術館にも行きたい。なんてぼんやりと考えています。

漢字、やっぱり日本にいないせいか、覚えが悪く、モチベーション上がりません。それでもがんばっています。日本に行ったとき、問題なく過ごせるために! がんばれミミズよ!







フランスロックダウン下のおうち教室の様子

先週の土曜日からふたたびフランスはロックダウンとなりました。今回のロックダウンは、自宅を中心に半径10キロ圏内は自由に行き来できるため、前回のように散歩に出るたびに外出許可書を書く必要はなくなりました。でも、行きたい場所ややりたいことに多くの制約があり、とても不便な日々を送っています。

今週からはじまる春休みに合わせて、全国の学校も閉鎖となりました。先週は、おうちで勉強する1週間でしたが、今年のミミズのクラスでは遠隔授業はなく、紙の問題が与えられました。先生方も突然のロックダウンだったので、準備もままならない様子で、指示された内容のプリントが入っていなかったなどもありましたが、それでも朝から午後まで勉強しました。

朝はスマイルゼミからスタートし、今日のミッションを7つやったら、学校の課題をやります。アタシが1週間分の課題を適当に配分し、毎日、勉強し続けました。それが終わったら、日本語の勉強です。おもに漢字、読解、硬筆の練習です。この1週間、すったもんだがありましたが、学校の課題はちゃんと終わりました。

勉強が終わったら、散歩したりパパとサッカーをやったり。とにかくミミズは活発なので、体を使ったアクティビティもやらないといけません。パパも大変。元気120%のミミズについていくのに精いっぱいです。それでも、パパ、パパと言ってくるミミズがかわいいからね、うれしそうです。

というわけで、今日から春休み。いまも朝から勉強しています。この習慣、続けられるようにがんばります!



恒例のたまご狩りと釣り

4月4日日曜日、フランスではイースター(Pâques)のお祭りでした。フランスのイースターでは、たまごの形をしたチョコレートを探すたまご狩りを楽しみますが、この遊びには昔から伝わるお話があります。

聖木曜日の夜、フランスの教会の鐘はローマへ旅立ち、法王の祝福を受けます。そして、鐘たちはキリストの復活を知らせるために、鐘を鳴らしながらフランスに帰ってきます。このとき、鐘たちは復活祭の卵を抱えて、庭に卵を置いていくのです。だから、日曜日の朝になると、子どもたちは庭に置いていった卵を探すというわけです。

そんなわけでミミズも、パパが(ちょっとばれていましたが)こっそり隠したチョコレートのたまごを探しました。パパが«C’est chaud!!(暑い)»というとそのそばにチョコレートがあって、«C’est froid!!(寒い)»というとチョコレートのありかから離れたという意味で、みんなで楽しく遊びました。

今年はイースターエッグチョコレートを日本のいとこのネズミくんたちにも送りました。国際郵便がとても面倒になった昨今ですが、無事に届くといいなぁと思います。

で、その午後、パパが突然、釣りに行こうと言いだし、ミミズとふたり、近くの河原に行って来ました。途中、ミミズから電話があって、5匹ぐらい釣ったんだけど、つかまえようとしたら逃げちゃって、でも6匹目に小さいのが釣れたいう報告が。釣れた魚の針を取ろうとしたら、うまく取れずに魚が死んでしまったので、あとで食べるというのです。で、家に戻ってきました。

魚といっても7~8センチ程度の小さい魚で、油に揚げて食べました。魚の命をもらったからパワー全開だといって、夜になるまでパパとサッカー。久しぶりにパパと楽しく遊んで嬉しそうでした。

それにしても、都会で育ったアタシにとって、ミミズのこの日々がうらやましいです。けっこう田舎での生活は刺激的でいろんなことができるので、都会ではできない経験をしています。今日もパパと釣りに出かけました。今日は大きいのを釣ってくると息巻いて出ていきましたがどうなることやら…。









エイプリルフールはフランスではPoisson d’avrilという不思議

エイプリルフールの今日のため、ミミズは数日前からどんな嘘をつこうか考えていました。人を傷つけるような嘘はダメ、あれこれ考えて、ウキウキしながら学校へ行きました。

お迎えに行くと、「ママ、今日、サッカーやっていたら転んじゃって、たくさん血が出て大変だったの」と言って、ひざをめくりました。「ダイジョウブだったの?」というと、「Poisson d’avril! 引っかかった!」と大喜び。「今日はね、ほかの学年の先生や校長先生の背中に魚の絵を貼ったんだよ」と、ちょっとしたいたずらをしたものだと思ったら、フランスでは、エイプリールの日に魚の絵を背中にこっそり貼って、だまされたと笑うらしいことがわかりました。

Poisson d’avrilとは、4月の魚という意味ですが、なぜ魚なのか?には諸説あるようです。そのいわれのひとつに、かつて4月になると魚が産卵期を迎え、4月になると漁が禁止されていたため、漁ができる最終日であった4月1日に魚が釣れない漁師に、魚を川に投げ入れて釣りをさせてあげたのが冗談のはじまりだというものがあります。それで魚が出てきます。

ミミズの「Poisson d’avril!」は家に帰ってからも続き、パパにもいろんな冗談を言っては「Poisson d’avril!」と声が枯れるまで叫んでいました。パパもアタシに魚の絵を貼りつけようとしたので、フランスのエイプリルフールはこうやって子どもたちは過ごすんだとわかりました。去年はこんなふうではなかったから、小学校の2年目に相当するCE1になって、Poisson d’avril という詩を習ったことで、この遊びとなったんだなぁと思います。やはり学校で学ぶってことは大切です。







今日から日本の小学2年生がはじまる

ミミズ、あと1カ月で8歳。フランスでは昨年の9月からCE1という学年ですが、今日からやっと日本の小学2年生となります。「小学1年生のとき、日本の学校に行かなかったから、次に日本に行くときは、小学1年生からはじめるのかなぁ」と心配していましたが、ダイジョウブだよと安心させました。

そんな日本の新学期、やっぱりコロナで大変なのでしょうか。フランスでは、土曜日から再び外出制限となります。学校も閉鎖、ただし、1週間後から春休みが2週間はじまるため、春休みが3週間になるという感じでしょうか。また家での勉強が大変になりますが、この春にスマイルゼミで、学年末テストという特別講座があったので、来週はこれをやろうと思っています。移動の制限もありますが、地域圏内であれば可能みたいです。1カ月、前向きに乗り切る以外、方法はありません。

さて、スマイルゼミでも小学2年生コースになりました。小学2年生のキーワードはかけ算ですが、ほぼミミズはマスターしているので少し安心です。やっぱり漢字と作文でしょうか。作文はちゃんとやったことがないため、「おはながめっちゃきれいでした」など、口語体が混ざってしまいます。これも練習しないと…と思っています。英語プレミアムも基本的に継続する予定。英語は「ミミズ、英語強いよね」と学校でも言われると自慢げに話していましたので、とりあえず続けます。

ところで、割と授業についていっているミミズですが、図形の問題が苦手です。どういうことだろうか、ちょっとよくわかりません。見ればわかるのではないか…と思うのですが、苦手みたいです。このバカンスの間、楽しみながら勉強できるように工夫しようと思っています。

最近の教材のサイトは実にバラエティが富んでいて、うまく活用することでいろんな勉強方法が可能です。アタシがミミズとの日本語学習に使っているのは、ぷりんときっずというサイトやちびむすドリルというサイトで、ほかにも実にさまざまなサイトと出会えます。

それでも、スマイルゼミを続けているのは、朝日子ども新聞がときどき閲覧できたり、学校で行われるようなテストができたり、キャラクターを使ったイベントなどがあったり、登録した人にメールなどが送れたりと、さまざまな楽しみ方があるからです。これは、日本に住んでいないアタシたちにはありがたいシステムで、同じようなドリルを繰り返しながら、しっかりと頭の中に入っていっているように思います。

来週からスマイルゼミ、教材サイト、そしてフランス語の勉強と、遊びながら学習していこうと思います。





久しぶりのお誕生日会に行ってきた

パリでは再び外出制限となり、コロナの第3波かと騒がれている昨今、アタシたちが住んでいる田舎の方では、19時までと制限されてはいるものの、都心に比べると緩い制限の中で生活しています。そんな矢先、久々にお誕生日会に誘われました。どうしようかと思いましたが、ミミズがとても楽しみにしていたので行きました。天気もよく、広い庭で楽しく過ごしたみたいです。

家も庭も広いおうちだからこそ、こんなふうにできるんだろうなぁと思います。本当はあんまり乗り気ではなかったんだけど、大好きなお友だちに誘われたし、家のすぐに近所なので、散歩がてら行きました。

とても大きな木があって、木に登ったり、子ども用のログハウスで遊んだり、にわとりと遊んだり、何だかすっかり楽しんでいたみたいです。おうちでケーキを食べる以外は、終始、庭で遊んでいたという話でした。お母さんは小学校の臨時の先生をしていますが、教育的な遊びをするということもなく、子どもたちを遊ばせていたみたい。ま、それでも、楽しく過ごせていたからいいのかなと思いました。夕方には声がかすれていて、調子を崩したのではないかと微妙ですが…。

ミミズのお誕生日はどうかな、海に行きたいと言っていましたが、行けるかどうか微妙です。お友だちとのお誕生日会もなぁ…。ちょっと微妙。あと1か月後ぐらいなんだけど、1カ月先の予定が立たない昨今、何ともね。今年もおじいちゃんやおばあちゃんたちとケーキを食べるぐらいかなと思っています。







遠足やらスポーツで体調を崩す

どうやら熱っぽいです。コロナが心配されますが、たぶん日々の疲れが出たのではないかと思います。ここ最近、朝と昼の気温差がはげしく、体調管理がむずかしいので、それもあるかも。

火曜日の朝、気温2度、ミミズは学校の裏にある森に遠足に行きました。今回、大人3名の同行がすでに決まっていたので、アタシは一緒に行きませんでした。でも、この遠足で、ミミズたちは森にすごい家を作ったというので、それを見に行こうと、疲れた体で出かけたのです。

そのすごい家というのは本当にすごい家でした。あちこちから枝を集めてきて、本当に家みたいなものができあがっていました。この上に載って、みんなで楽しかったとミミズはいろいろと説明してくれました。「少し仕事をするから待っててね」といって、家づくりを続けていました。枝を集めてくる人、枝の大きさを指示する人、みんなで分担しながら作ったみたいです。話を聞いていると、子どもたちの様子が目に浮かびました。

それからぐるっと散歩して家に戻り、食事の支度をして、夜ご飯を食べて、お風呂に入って寝たのですが、朝起きたら、何だか調子が悪くて。少し熱っぽい印象でした。学校を休ませようと思ったのですが、今日からバスケットボールの先生が来るから学校に行きたいと言い、頑張って行きました。

お迎えに行くとグッタリした様子でしたが、それでも体操に行きたいといい、体操にも行ってきました。明日はどうなるかな。クラスメイトのお父さんで、ダンスの先生が、子どもたちにダンスを教えてくれるというので、頑張って行きたいといいます。午後はゴロゴロしていましたが、夜、少し熱っぽかったから、明日の様子で決めることにします。