スマイルゼミの朝学習イベントは前夜にやっています!

スマイルゼミで朝学習イベントがはじまっています!

スマイルゼミではじまった朝学習イベント。時差の都合で我が家では前の日の夜にやっています。スマイルゼミで、現地時間に時刻を変更できないのか調べてみたんだけど、どうやらできないみたいです。というわけで、夜寝る前、スマイルゼミを開いて朝学習イベントをやっています。

それってちょっとズルしているんじゃないの?と思われるかもしれませんが、ミミズは朝学習をしっかりと続けています。いままで何回か、インターネットの接続の調子が悪くて、スマイルゼミを使えなかったことがありましたが、年長さんからはじめたスマイルゼミ、ずっと続けています。最近では朝起きて学校に行くまでの時間に7つのミッションをこなしています。だから、いちおうやっているのでズルではありません。

今回の朝学習プロモーションではありませんが、スマイルゼミは朝学習に限ります。学校から帰ってからだと、学校の宿題などがあるので、朝やったほうがいいように思います。また、朝は時間に限りがあるので、時間までにスマイルゼミのミッションを何とか終わらせようと必死になります。朝から「スマイルゼミ終わらせよう!」とうるさく言うことになりますが、それでもペースを作るにはもってこいです。

時差の問題が多少あっても、海外でも受講できるので、本当に助かっています。というわけで、スマイルゼミ、明日もがんばります!







2021年クリスマス企画☆紙芝居づくり②

クリスマスのバカンスは、バタバタと過ぎていきます。年末だから大掃除をしたいと思ったり、クリスマスだから家でダラダラ過ごしたいと思ったり、そんな気持ちが錯綜しながらあっという間に終わってしまうものです。でも、今回は紙芝居を作ってみようということになり、忙しい中でも楽しみました。いいアイデアだったなぁと思います。

紙芝居の絵ができあがり、日本語とフランス語のお話をつけました。絵の描き方は、クレヨンと水彩絵の具を使って、夜空に星や月がきれいに輝くようにしていました。クレヨンで星などを描き、夜空は水彩絵の具です。少し雑な個所もありますが、全体的に上手に描けました。

ひとつ失敗というか、ちょっぴり後悔しているのは、もう少し厚手の紙を使えばよかったということです。水彩絵の具を紙面全体に使っているので、紙が水っぽくなり、乾くと波打ってしまいました。でも、まぁ、こうして見てみると、そんなに気にならないです。せっかく日本語とフランス語でお話を書いたから、学校とか家族に見せたら?というんだけど、恥ずかしいから嫌だといいます。残念。

日本語のお話はこんなふうです。まいごのお星さまが家族を探しています。星に聞いてもわからないので、太陽に聞いたり道を歩く女の子に聞いたりします。そしてお月さまに聞くと、北の空に星の子を探している家族がいると聞くのです。まいごのお星さまが急いで北の夜空へと旅立ち、家族(北斗七星)に会えるという話です。最後に、夜空を見上げて北斗七星を見ることがあったら、ぜひこのお話を思い出してくださいとまとめたんだけど、フランス語をサポートしたパパはその部分を入れていません。なぜだろう?

ところで、紙芝居はKami-shibaiと翻訳されることから、日本のものだということがわかります。アタシは昨年、日本の文化を紹介するアトリエをミミズの学校でやりましたが、先生に話したらきっと興味を持つのではないかと思います。できれば、紙芝居の舞台を木で作りたかったんだけど、上手に作れる自信がないので止めました。日本に行ったら100均素材で作ってみたいです。

今回のちょっとした創作は家族でなんやかんやとやったものです。8枚ほどのお話ですが、ちょうど日本語の国語の教科書にも、お話の作者になろうという項目があって、お話を考える課題があったので、おうち時間が長いいまだからこそ、家で作ってみるのも楽しいのではないかと思います。











バイリンガル教育は早ければ早いほうがいい

今日、ネットニュースを読んでいたら、ニューズウィーク日本語版の「0歳からの教育」という記事を見つけました。ワシントン大学の先生による記事で、英語圏で英語で育った家庭(モノリンガル家庭)と英語圏で英語とスペイン語で育った家庭(バイリンガル家庭)の子どもに脳磁図という計測技術を使って、言語の音節を聞いているときの脳の活動を調べたところ、モノリンガル家庭の子どもはスペイン語の音を脳が処理しなかったけれど、バイリンガル家庭の子どもはふたつの言語の音を脳が処理していたことがわかったという話です。

つまり、モノリンガルで育てようがバイリンガルで育てようが、同じように言語を習得していくということで、たとえばフランス語と日本語のバイリンガル家庭で育ったミミズは、フランス語だけで育ったフランス人家庭の子どもと同じフランス語のレベルを持ち、日本語だけで育った日本人家庭の子どもと同じ日本語のレベルを有しているということになります。

よかった。ミミズが幼いころ、フランス語をあまり理解しないミミズに、家庭でもフランス語を使うように言われたり、多くの人からさまざまな指摘を受けてきましたが、それでも日本語を使い続け、勉強もやり続けてきました。実際、ミミズは、フランス語の成績もよく、いっしょにテレビや映画を見ていても、アタシがわからないところを翻訳してくれるので、日本語と同じようにフランス語もしっかりと理解していることはわかります。

アタシは、ミミズがおなかに訪れた時からずっと日本語を使い続け、2歳ごろからカードを使ってひらがなやカタカナを教え、いっしょに本を読み、年長さんからスマイルゼミをはじめ、いまは毎朝、日本語を使った勉強をしています。本当に嫌な時は勉強はしませんが、ミミズも習慣的に勉強をしています。とくにスマイルゼミは楽しく学習できるので、このツールは本当に正解だったと思います。日本の学校の教科書に合わせているので、国語と算数は一応、日本の子どもと同じように勉強していることになります。

言語教育について、さまざまな考えがありますが、いくつもの言語を使える環境で育つと、発想が人とはちがうようになる気がします。これは、新しいアイデアを生み出す原動力になるように感じます。実際、ノーベル賞を受賞した人の半数がアメリカ人、つまり移民です。また、世界にはいろんな人がいるということを学ぶことができるように思います。アタシたちがいま住んでいるフランスには実に多くの移民がいて、フランス語という共通語を話していても、文化や習慣がまったく異なる友だちがたくさんいます。

日本に行ったら、アタシは家でフランス語を使うようにしないといけないと感じています。フランスで学んだことを忘れないために、そして、彼女が将来、国籍を選ぶとき、日本とフランスのどちらがいいのか対等に選ぶために、少しずつ準備をはじめていこうと思っています。









12月23日の夜、泣く

ミミズ、8歳。反抗期なのか、何なのか、怒られることばかりする日々です。いちばんすごいのが、パパに対する態度。何か言われると、「Oui, oui, oui, oui….」みたいな。まったく心のこもっていない返答に、さすがのアタシも怒りました。で、ミミズはアタシに謝る。アタシじゃなくてパパに謝りなさいというと、蚊の鳴くような声で謝ります。すごい。アタシが子どものころ、父親にそんな態度は取れませんでした。

毎日の勉強は、スマイルゼミが中心ですが、何だかやる気にならない。で、適当にやる。適当にやっている様子はスマイルゼミの音でわかるので、音量をゼロにしてやる。で、「やる気がないならやらなくてもいい」というと、「いやだ!」と叫ぶ。そして、ふてくされる。書道も同じ、あんまりやる気がなく、嫌ならやらなくてもいいのに、やるといって大泣きする。ふてくされて、ママと言い争い、お互いに嫌な気分になってしまいます。

日本大使館からいただいた日本語の国語の教科書に、「わたしはおねえさん」というお話があって、「朝から勉強をしようと自分から思うと気分がいいけれど、お母さんからいわれると嫌な気分になる」というような一文があります。まさにそれみたい。大人からいわれるのが嫌。やっぱりこれって、反抗期かも。

昨晩、寝る前にミミズが泣き出しました。「どうしたの?」と聞くと、「ママやパパにやさしい態度ができなくて、いつも怒らせてばっかりだから、サンタさんがプレゼントをもってきてくれない」と悲しいのだとか。「どうしてなのかわからなくてコントロールできない」と悩みを打ち明けてくれました。やっぱりこれって、反抗期だな。アタシもそんなときがありました。アタシの場合はもっと後で、13歳ぐらいになってからだったけれど、ミミズは8歳で反抗期を迎えているのです。「ミミズはこうして反省しているんだから、きっとサンタさんは来てくれるよ」と答えたけれど、こうやって毎日、ミミズと言い合い、語り合い、抱き合いながら、クリスマスを迎えています。

みんな、がんばろう!









クリスマスのバカンスがはじまった

村にやってきたサンタさんと

ミミズ、フランスの小学3年生、今日からクリスマスのバカンスがはじまりました。思えば、バカンス前の最終日、ミミズたちはクリスマスをひとりで過ごす人たちへのプレゼント製作をしていました。日本の小学生ってこういうことをするのだろうかと思いを馳せましたが、よくわかりません。

いずれにせよ、日本の小学生に比べると、格段に勉強をしていないのではないかと思うことがあります。ただ、アタシが小学生だったころって、いまから40年以上も前の話で、子どもの数が信じられないほど多く、しかも都会の小学生だったから、こんな田舎の小学生と比較するのは見当違いなのかもしれません。来年、日本に行く予定なので、そこでちょっとでも違いを感じるのかなぁと思います。

ところで、このクリスマスのバカンス前に、ミミズは工作の本を借りてきました。先生に何か作ったらぜひみんなの前でプレゼンをするようにと言われましたが、たまたま今日の昼ごろ、おばあちゃまとスカイプで、いとこのネズミくんが紙芝居を作ったという話を聞いたので、アタシたちもこのバカンスで作ってみようということになりました。

紙芝居のストーリーはだいたい決まりました。タイトルは「まい子のお星さま」です。まい子になったお星さまが家族を探す話で、7枚ぐらいの紙芝居になる予定です。7枚のお話の展開は決まったので、どんな絵を描くのか、どんな物語にしていくのかになりますが、フランス語で書くため、パパの協力も必要です。

ところで、紙芝居はフランス語でKamishibaiといいます。つまり、日本のものということになります。今年、学校では、アジアがテーマなので、紙芝居づくり、先生が興味を持つかもしれません。ちょっとがんばってみようと思います。乞うご期待。







はじめてのボタンつけ

こんなふうにボタンつけできました

これまで何回か針を使ってボタンを縫いつけたことがあります。でも、本格的に教えてほしいと言われたのははじめてなので、今日を持ってはじめてボタンつけをやった日にすることにします。

結論から言うと、とても上手にできました。針を通すことからはじめて、糸のゆわきかた、ボタンと布を縫いつける方法、ボタンをつけてからボタンの下に糸をグルグルとまわすこと、最後に糸をとめること、一度教えたらすぐにひとりでできるようになりました。すばらしい。

このボタン付け、けっこう楽しくできたので、このクリスマスのバカンスに何か作ってみようということになったんだけど、何がいいのかわかりません。おばあちゃまに相談中です。何かいっしょに作れたら楽しいかなと思います。

ところで、アタシはどうだったかなぁと振り返ってみたのですが、家庭科の授業で習ったとき、すぐにこんなふうにできたっけなと、記憶が微妙でした。おばあちゃまがとても洋裁が上手だったので、手伝ってもらったりしながら、家庭科の成績はよかったものの、そこまで何でも上手にできたかというとそうではなかったようにも思います。でも、ミミズはとても上手にできたので、工作なんかも得意だし、絵も上手だし、けっこう手先が器用なんだろうなと思います。

また、新しいミミズを発見しました。

習ったことを確認しながら上手に縫いました







スマイルゼミの無学年学習の説明会がありました

いま、スマイルゼミで大きく説明している無学年学習という新しいコンセプトについて、説明会というか説明動画が流れました。この無学年学習アプリのことをコアトレと呼んでいるのかなと思います。実は、この説明会、あんまりよくわかりませんでした。

スマイルゼミには、今日のミッションという毎日の課題をクリアすることで、今月のすごいキミという毎月のイベントで、プラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズ、ホワイトという5つの賞をもらえます。これは、一日だけがっつり勉強しただけでプラチナがもらえるというものではなく、毎月、コツコツと勉強していくことでもらえます。だから、毎日、7つの今日のミッションをやるというのがミミズの目標になっていて、毎月、プラチナをもらっています。この今日のミッションのおかげで、ミミズはコンスタントに勉強を続けているのです。

で、このコアトレなんですが、この今日のミッションに出てくるものなのかどうかよくわかりません。別ものだとすると、どっちを優先的に勉強したらいいのか、迷ってしまいます。このあたりの説明をしてもらっていなかったように思うのですが、もしかしたらアタシの聞き逃しかもしれません。

アタシが、無学年学習という言葉からイメージすることは、飛び級です。だから、好きな教科は教科書の進みとは別にどんどん勉強していけると思っていました。コアトレはたぶんこの飛び級のイメージに近いと思うのですが、今日は国語と算数だけで、仲間と競争しながら学習できるという方法みたいで、少しがっかりしました。競争が苦手なミミズには間違いなく合わないのです。このコアトレは、基本的に競争好きで優秀な子がどんどん飛びついていくイメージです。これだけは誰にも負けないみたいな、不器用だけどものすごい取り柄のある子とか、競争が苦手だけどコツコツ勉強をがんばろうという子には不向きなのではないかと思うのです。どうなんでしょうか。

アタシはミミズに頭がよくなってほしくてスマイルゼミをはじめたわけではありません。日本語を使った勉強を楽しくやりたくてはじめました。実はスマイルゼミだけでは漢字の習得が追いつかなくて、スマイルゼミとは別に漢字の問題を毎日出しています。海外にいる日本人の子どもが苦手とする漢字は、日常的に使わないからというのが大半の理由です。間違えても間違えても毎日繰り返しています。

日本の子どもは競争慣れしているのかもしれませんが、ミミズは勉強での競争は絶対にダメです。だから、このコアトレがどのようにミミズに働くのか、とても興味があるのです。スマイルゼミのアンケートで、もっと説明してほしいと書きました。アタシの小さな声が企画者の耳に届いてくれたらと思います。





映画を見て感動して泣く【子どもの感受性について考えてみる】

ミミズは最近、アンパンマンや子ども向け映画を見て大泣きしたり叫んだりします。去年はこんなことなかったような気がするのです。8歳ぐらいになると、感情移入することができるようになるものなのでしょうか。ママに怒られて泣くのとはちがう涙です。

アンパンマンの映画を見たのは1~2週間前です。久しぶりに映画を見て、本気で大泣きしました。「いのちの星のドーリィ」という映画です。人形だったドーリィが命をもらったのですが、わがままし放題でみんなを困らせます。ところが、アンパンマンや友だちの言葉に心が動き、死にかけていたアンパンマンに最後のいのちの星をあげて、亡くなってしまったのです。ビデオを止めて大泣きし、アタシの胸で「ドーリィが……ドーリィが……」と信じられないほど泣きました。実はこの映画、もう何度も見ている映画なのに、「もうこれ以上、つらくて見られない」というので、「最後まで見てみないとわからないよ」といっしょに最後まで見ました。

実は今日、この冬にフランスで公開される「でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード」という映画を見てきました。映画の大半は思わず声を上げてしまうほどおかしな映画なのですが、ちょっと悲しいシーンがありました。で、ミミズが鼻をすすって泣き、アタシの胸で泣きながら見ました。実はアタシもちょっと涙が出たのですが、ミミズほどではありませんでした。

ミミズは感受性が豊かなのかどうかわかりませんが、感情に対する表現はとても豊かです。アタシたち親子は、お互いにお互いが唯一の日本語話者であることから、細かいことまで話し合ってきているせいかもしれません。でも、学校でフランス語を使って、同じようにいろんなことを表現できているのか微妙です。基本的には女友だちが苦手なタイプです。昨年まで仲のよかった子が突然、いじわるになったとき、すごく悩んで別の子と仲良くなり、いまでは毎日、とても楽しく過ごしていますが、フランス語でのやりとりが原因だったのではないかとちょっと思うこともあります。

感受性が豊かであることは、ときに精神的に弱いという面もあります。あまりにいろいろな出来事に心を動かされてしまうと、つらいことに耐えられなくなってしまうのではないかと思うこともあります。ただ、アタシの個人的な経験として、感受性が豊かであることは、必ずしもマイナスではないと思います。心が受けたさまざまな感情が、大きくなってさまざまな出来事と対峙したときに役立つというか、自分自身を導いてくれることもあるからです。

同じように、ミミズが大きくなってもっと複雑なことに悩んだり、いろんなことと対峙したりしたとき、こうした経験のひとつひとつがミミズを導いてくれたらと思います。そして、ひとりではどうにもならなくなったとき、アタシにぶつかってくれたら本当にうれしいです。そんな最後の砦になれるように、毎日、アタシ自身もいろんなことを学んでいるんだなと思います。






スマイルゼミで無学年学習コアトレというのがはじまるそうだ

アタシたちはスマイルゼミの大ファンです。ミミズがここまで完全に日本語とフランス語を操れるのは、幼稚園のころからスマイルゼミをはじめたおかげだと思っています。アタシは別に教育ママではなく、ただ単にミミズには国籍を選ぶ22歳になったとき、フランス語がわからないから日本国籍を選ぶとか、日本語がわからないからフランス国籍を選ぶとか、ネガティブな理由で国籍を選んでほしくないという理由で、2歳のころから日本語の勉強をはじめ、フランスのCPがはじまる年の夏休みからスマイルゼミをはじめました。おかげで現在までは日仏の完璧なバイリンガルです。

そんなスマイルゼミから先日、メールが届きました。2022年からコアトレという無学年学習カリキュラムがスタートするというニュースです。伸びしろのある教科は自由に伸ばしていけるシステムなのかなというのがアタシの想像です。特定の教科が得意な子には朗報だと思います。ただし、ミミズにはどうだかわかりません。勉強嫌いを公言していて、以前、発展クラスを受講していましたが、むずかしくて普通クラスに変えました。ただ、英語は好きなので、プレミアムというランクアップの講座を受講していて、もっと勉強したがっているので何かあればいいなと思います。スマイルゼミからのニュースでは、このコアトレは国語と算数だけみたいですが…。

スマイルゼミをうまく進めていくには、親もいっしょに楽しむことだと思います。いっしょにやっていくことで、ミミズがミスをするのはしっかりと設問を読んでいないからだということがわかったり、実は朗読がとても上手だということがわかったり、新しい発見があるからです。また、スマイルゼミでは、親子がメッセージでやりとりできるシステムがあって、仮に親が働いていても、子どもが何をやったのかがわかるので、応援メッセージを送ることもできます。我が家では、日本のおばあちゃんからもメッセージが受け取れるようになっていて、おばあちゃんからのエールが届くと喜びます。

そんなわけで、海外で子育てをされていらっしゃる方、何らかの理由で学校に通っていない子どもがいらっしゃる方などにスマイルゼミはおすすめです。



犬を飼いはじめて子どもに起こった5つの変化

ペットを飼うことは子どもの生育にいいと言われています。ミミズの場合、どんなふうにいい影響があったのか、どんな変化が起こったのかということを、簡単に記録しておこうと思います。

①目覚ましが鳴ったらすぐに起きるようになった

我が家に来てくれたフレンチブルドッグのすみちゃんは、1階の居間にいます。ほかの部屋にはまだ入れていません。そのため、すみちゃんに会いたくなったら、1階の居間へ行くしかないのです。すみちゃんとの生活が我が家ではじまって以来、ミミズはスマイルゼミのアラームとともにパッと起きてすみちゃんに会いにいきます。朝、ふとんでダラダラすることがなくなりました。

②勉強をパッとやるようになった

ミミズの朝はスマイルゼミとともにはじまります。7つのミッションを毎朝やって、終わらなかったら学校の後にやります。さらに学校の宿題、漢字と硬筆とおはなしドリルをやります。ダラダラやっていると一日中かかってしまうこともあって、そうなると一日中勉強しているような気分になり、文句や不満が増え、ケンカになることがよくありました。でも、すみちゃんが我が家に来てからは、早く終わらせてすみちゃんと遊びたいため、パッと勉強するようになりました。

③家族の共通の会話が増える

もともと我が家はうんざりするほどおしゃべりなパパとミミズでにぎやかですが、すみちゃんという共通の話題があるため、会話が増えます。家族であまり会話がない場合、かなり顕著にちがいがわかるのではないかと思います。どんな様子だったのか、どんなかわいいことをやったのかなど、アタシたちの話は尽きません。

④家をきれいにするようになった

すみちゃんが居間にいるため、居間をきれいにしました。モノの多い家ですが、毎日片づけて、なるべくきれいにしています。ミミズも片づけをよくやるようになりました。

⑤犬への責任をしっかりと持つようになった

ミミズには兄弟がいませんので、すみちゃんが来てくれたことで姉としても責任や自覚が生まれました。すみちゃんはトイレがうまくできず、汚くなることもありますが、しっかりとお世話しています。基本的にはミミズは遊び担当ですが、ミミズといられる時間はしっかりと面倒を見てくれます。

いいことばかり挙げましたが、悪いことはといえば、やっぱり家が少し汚くなってしまうこと、ごはんやティッシュなど消費するものが多く、お金が少しかかること、世話しなければならないから時間が取られることなどでしょうか。また、場合によっては苦情などが出てくることも考えられるかもしれません。

とにかくかわいいから心が癒され、明日の元気へとつながるような気がします。犬、おすすめです。