フランスの小学校から成績表が届いた!

バカンスがはじまった

今日から学校が秋休みとなりました。9月にはじまって6週間、あっという間に時間が過ぎていき、今日、心配していた成績表を持ってきました。

幼稚園のとき、発音矯正士のところに行ったほうがいいと言われていたので、今回もフランス語のことで何か言われるかなぁと心配していましたが、心配とは裏腹に、どういうわけだか成績がとてもよかったので安心しました。フランス人の家庭で生まれ育った同級生とは異なり、日常的な語彙力の少ないミミズは、聴覚や視覚など、あらゆる感覚を使ってフランス語を記憶しているため、ディクテもちゃんとできていたみたいです。クラスの平均点をはるかに超える成績だったので、まずは安心しました。

とはいえ、今度はもっとフランス語の勉強をやっていかないといけないだろうから、さらに大変だなぁと思います。柔道でいっしょの子たちの話を聞くと、宿題が多くて柔道に来られなかったとか、そんなことを言っています。家に帰ってからどれだけ宿題をやるかということに尽きますが、アタシもいっしょに勉強しないと…と思っています。

算数の成績は予想どおりでした。まぁよくできていました。ひとつ、設問の意味がわからなかったみたいで、ほとんどできなかった課題がありましたが、これは算数の問題ではなくフランス語の問題なのでとくに心配ないかなと思っています。

とはいえ、アタシたちは、朝の30分の日本語学習+スマイルゼミと、学校から帰ってからの数分の宿題程度しか勉強をしていないので、必要に応じてもう少し勉強時間が必要になるかもしれません。ま、様子を見ながらということで。とりあえずホッとしています。

赤毛のアンのような日々

森で遊ぶミミズ

はじめて赤毛のアンを読んだとき、とてもうらやましいと思ったことを覚えています。何がうらやましかったって、通学路に林があったり、ワクワクするような冒険ができる場所があったりすることです。アタシは都会で生まれ育ったので、そういう場所はどこにもありませんでした。だから、赤毛のアンの世界はまぎれもなく作り話だと思っていました。

でも、いまのミミズを見ていると、赤毛のアンのような日々を送っています。家のそばには雑木林があって、そこに落ちている枝を拾ってはドラゴンの家族が増えています。いまの時期はどんぐりがあちこちに落ちているし、小学校の校庭にはくるみがいくつも落ちていました。歩いてすぐではありませんが、このあたりには大きな川も流れています。今日は家族できのこ狩りに行きました。相変わらずきのこ運がありませんが、ミミズはつい先日、パピーにいただいたトランシーバーで楽しくきのこ狩りの様子を実況中継してくれました。

いろいろ言っても絵が好き

今日の午前中は、庭に絵具や紙などの画材を持ち出して、写生をしました。絵が苦手でへたくそというわりには、よく絵を描きます。色使いがとてもきれいで、やっぱりこういう感性はフランス人なのかなと思いましたが、驚くことに、アタシがミミズと同じ年のころに描いた絵とほとんどあまり変わらないのです。ミミズの場合、木や鳥など、自然にあるモチーフを中心に絵を描きますが、アタシは家があって弟がいて…というような絵を描いていました。ミミズも同じですが、画用紙にひらがなが入ることが多く、「を」と書くべきを「お」と書いていたあたりも同じです。おそらく同じ年の絵ではないかと思います。

鳥小屋と鳥や花

というのも、今日はとても暑く、天気が一日中よかったのです。きのこ狩りの車もたくさん出ていました。でも、きのこ狩りは朝一番で行かないとね。朝、生えてきたきのこが取られちゃうから。明日も元気だったら、朝からきのこ狩りに行く予定です。今年はきのこと出会えるのでしょうか。楽しみです。

ランドセルが板についてきた

ランドセル姿も慣れてきました

小学校がはじまって早1カ月が経ちました。7時に起床、8時半に登校、いきなりはじまったフランス語やら算数やらの授業、学校が終わってからの宿題、月曜日と水曜日の柔道など、日々のリズムにもようやく慣れてきました。

事実、ミミズのフランス語はかなり上達していて、最近ではパパとふたりで話しているちょっとした会話が理解できないこともあります。また、すごいことに「ママのフランス語ってちょっと違う気がする」と感じはじめ、ママがよく理解できないと通訳しようとしてくれることもあります。

ランドセルを背負っている姿もだいぶ板についてきて、すっかりそこらへんにいる小学1年生のようです。でも、ランドセルが大きく見える日本の小学1年生よりも体が大きく、ちょっと生意気な感じかもしれません。

学校生活はとても楽しいみたいで、学校での話もいろいろとしてくれます。毎週木曜日はobjetsの日といって、何か家にあるモノを持っていくのだそうです。どんなモノを持っていったらいいのかよくわからないんだけど、明日、ミミズは手作りしたギターを持っていきます。本物のギターを持っていけばいいのではないかと思うんだけど、工作のギターがいいんだって。モノを忘れたら、毎日の評価表に黄色がついてしまうから、忘れずに持っていかないといけないと張り切っていました。

柔道も楽しんでいます。今年は人数が増えて、子どもクラスは25名ほどいます。幼稚園時代のお友だちもいて、なかなか楽しく通っています。おかげでずいぶん細くなったような気がします。入らなかった服が入るようになりました。

あと2週間で秋のお休みです。学校が忙しくなったせいもありますが、お休みがとても楽しみです。もしかしたらどこかに出かけるかもしれないので、ワクワクしています。

ZUMBA PARTYに行ってみた

子どもも大人もいっしょに踊りました

数日前、小学校から小さなちらしをもらってきました。ZUMBA PARTYとあります。13歳以下は2ユーロ、大人は5ユーロで、1時間半のレッスンが受けられるのです。ミミズは、ZUMBAが何かすごく強い興味を示しました。クラスメイトのお友だちも行くと言っていたので、自分も行きたいと強く言っていました。で、パパがお昼寝をしている間、アタシたちはZUMBA PARTYへ行ってきました。

ZUMBAと調べてみると、コロンビアのダンサーが考えた創作ダンスなのだとか。果たして柔道家ミミズがZUMBAを楽しく踊るのだろうか…と思っていたら、わりと楽しそうに先生のマネをしながら踊っていました。アタシもいっしょに踊りました。踊りはね、かつてフラメンコやらサルサやらやっていたから、何となく懐かしく思いながら、ひと汗かいてきました。

小学校のクラスメイトはだれも来ませんでしたが、幼稚園のときのお友だちが来ていました。しばらくすると、柔道でもいっしょにアナエルとお姉ちゃんのサラも来ました。で、踊りながら遊びながら、はしゃいで汗かいて、楽しいひとときを過ごすことができました。

ミミズにZUMBAは気に入ったかどうか聞いてみたら、「大きな音がうるさくてあまり気に入らなかった」のだそうです。そのわりには楽しく踊っていたけどね。なお、我が村にはZUMBA KIDSの教室もあるみたいですが、ちょうど柔道のおけいこと重なります。ま、でも、また今回みたいなZUMBA PARTYの日があったら踊りに来ようと思います。久々に気持ちよく踊った!

これは仏日翻訳?

日本語翻訳バージョンがこちら

先日、ミミズがはじめてフランス語の本を描きました。四季の木の変化を描いた絵本で、春夏秋冬とフランス語で入っただけのシンプルな絵本です。で、今日、その翻訳本を制作しました。タイトルは『よっつのしき』です。『しき』がLes 4 seasonsのことだと説明したんだけど、ま、ヨシとしましょう。著者の名前、読者の名前(つまりアタシの名前)まで表紙に入っています。

おもしろいことに、日本語バージョンの本は縦書きの本のように右から左へとページが移動する方向で作られていました…横書きで書かれていましたが。ちなみに、フランス語バージョンのはもちろん反対です。

はるのページでは、「はるわ おはなが さきます」とあります。「わ」と「は」は、まぁヨシとしましょう。なつのページでは、「なつわ あついひで なつのだいさんかく も みえます」とあります。夏の大三角は星座のことです。あきのページは、「あきわ はっぱが おちる です」とあります。「おちますだよ」と教えました。そしてふゆのページは、「ふゆわ ゆきがふります」でした。

中央にフランスと日本の旗の絵

日本語バージョンの方が、短い文章が書かれていましたが、これってまさに、翻訳本ということになります。すばらしいです。ちなみに、ミミズが先週かな、小学校で仮面を作ったとき、フランスと日本の旗の絵が描かれていました。日本とフランスという言葉が、話し言葉や絵などにも現れます。さらに、ミミズの空想の世界であるミミズの国の物語もときどき話してくれます。おそらくこういう想像は、アタシがたとえ想像力豊かだったとしても、できなかったことだと思います。ミミズのいまの境遇がそうさせているのかなぁと思います。

いつか大きくなったら、ミミズはアイデンティティについて悩んだりするのだろうか。微妙に心配していますが、その瞬間までフランスにいたら、さして大きな問題にはならないような気がします。というのも、この国は移民の国だから、そんな境遇の人がたくさんいるからです。日本にいたら悩むかもしれません。そんなとき、ミミズがこんなふうにいろんな国の文化を吸収していったことを話してあげようと思っています。

楽しみにしていたバイオリン

本当に音が出たらいいんだけど…

ミミズは少し前、小学校でピアノとバイオリンの演奏を聴きました。その日はとても興奮していて、バイオリンはこうやって持つんだとか、ピアノはこんなふうに弾くんだなどとマネしながら、バイオリンを弾いてみたいと話していました。さらに、クラスメイトのレオポールは、バイオリンを習っているらしく、学校に持ってきてみんなの前で少し弾いてみせてくれました。ますますバイオリンが弾いてみたくなりました。

と、そんなことをパパに話したら、パピーの家にバイオリンがあるはずだということになり、この週末、パピーたちが持ってきてくれることになったのです。で、土曜日の朝はパッと目覚めて、朝からずっとバイオリンが来るのを待っていたのです。

お昼過ぎにパピーたちが来ました。バイオリンのケースを開けると、慣れたような感じでバイオリンを持ってみました。何となく様になっている気がしました。で、いざ、弾いてみると、音がまったく出ません。何やら古いバイオリンで、音が全然でないのです。ミミズ、がっかり。

古いものをいろいろ取っておくのはいいんだけど、ぜんぶこんな感じなんだよな…とちょっと思います。せめて弾けるかどうかぐらい確認しておいてもいいのではないかとも思いましたが、ま、しょうがない。結局、何度やっても弾けませんでしたが、パパが近いうちにバイオリンの弦を掃除するクリーナーを購入するそうです。ミミズが言うには、毎週木曜日はobjetsの日というのかな、楽器を弾いたり、何かで遊んだりする時間があるようで、来週の木曜日にバイオリンを学校に持っていきたいと話します。間に合うかどうかはわかりませんが、その前にバイオリンが弾ける状態になるかどうか、ちょっと心配です…。

フランス語のお仕事

初のフランス語の絵本

今日は一日中、パパと過ごしました。とてもめずらしいことです。アタシがアルバイトから帰ると、パパと本を読んでいました。今日、学校の図書館で借りたワニの本です。ミミズ、ちょっと疲れた表情をしていましたが、パパと楽しそうに本を読んでいました。

それからパパのゲームをやりました。マリオカートみたいなゲームを、興奮気味にやっていました。しかもフランス語で叫びながら。さすが、パパとずっと一緒にいると、ひとり遊びもフランス語になるんだなぁということがわかりました。つまり、ミミズの日本語は、アタシがつねにいっしょにいるから上達しているということになります。

さて、夜ご飯の後、アタシはひとりで柔道へ行きました。ミミズは「パパとおうちにいる」と言ったのです。めずらしいことだけど、こんな日もあるんだなぁと思いました。で、柔道から戻ってくると、何だかグッタリした様子。何かと思ったら、ミミズはフランス語で本を作っていたのです。

かわいく仕上がりました

タイトルは『Les 4 seasons』、春夏秋冬の木の絵を描いた本です。春夏秋冬でその様相を変えた1本の木の様子を描いています。これまでいろんな本を作ってきたので、本の制作それ自体はめずらしいことではありませんが、フランス語で作ったのははじめてです。物語は絵で表現されていて、フランス語は春夏秋冬という言葉だけですが、それでも立派なひとつのお話です。

月曜日に学校に持っていって、先生に見せるのだとか。日に日にフランス語も上手になり、さらにフランス人としても磨きをかけている毎日です。

朝は日本語の勉強をする習慣

すっかりお姉ちゃんになりました

アタシは毎朝6時50分に起きます。朝ご飯の支度などをして、ミミズを起こすのがだいたい7時10分ぐらいで、ミミズは7時半までに起きます。朝ご飯を食べて7時45分ぐらいから勉強を開始。漢字の読みプリント、書きプリント、漢字の練習、おはなしドリルをやった後、スマイルゼミをやります。スマイルゼミは時間の許す限りやり、8時20分ぐらいに家を出るという毎日です。

この30分程度の日本語の勉強を、かれこれ4年ちかく続けています。ミミズが幼稚園に行くようになってから、朝ご飯の後に日本語の勉強をしてきました。でも、この30分のおかげで、ミミズの日本語は現在までのところほぼ完ぺきです。

しかも、ミミズは学校であれどこであれ、アタシとは完全に日本語を使い、それをどこかで自慢します。「ミミズ、何語で話しているの?」とお友だちに効かれると、「私のお母さんは日本人で、フランス語はよくわからないから、私はいつも日本語で話すのよ」みたいに説明します。

パパがイライラしていると、「もう怒るのはやめて!」と怒鳴り、「もう! ママは日本人で、フランス語がわからないのよ!」と、ママを守ってくれます。何だかすごい。ミミズってすごいなぁと感心します。

習慣というものはとてもすごいものだなぁと本当に思います。フランスで生まれ、フランスで育っているのに、完全に日本人なんだから。たった30分でも毎日続けていること、本当に大事なことだと思います。だから、明日もまた続けようと思うのです。



子どもはみんな芸術家

左はおしゃれをしたママ、右はママとミミズ

子どもの描く絵にはそれぞれに特徴がありますが、ミミズの描く絵はたいていママの絵です。ママのそばにいるのはミミズ、ときどきパパが登場しますが、ほとんどがママで、よっぽどママの影響が強いということがわかります。

絵の描き方を見ると、アタシが子どものころに描いていた絵とは明らかにちがっていて、とてもユニークな気がします。「6歳、女の子、絵」と検索すると、ちょっとアニメっぽい絵がいろいろと出てきますが、これは明らかに日本のアニメの影響だと思います。そんなことをマンガの先生が話していました。

ミミズの場合、いったい何に影響を受けているのかはわかりませんが、ちょっと雰囲気がちがいます。最近でこそゲゲゲの鬼太郎が好きですが、ドラえもんやプリキュアも好きだけど、あんまり影響を受けていないように見えますが、やっぱりフランス人っぽい絵なのでしょうか。

今日、ミミズの小学校から「家庭での学習の手引き」みたいなものをもらいました。フランス語の読み書きがしっかりとできること、算数は100まで数えられるようになること、アートの時間を取り入れることなどが書かれています。ミミズはこのアートの時間はとても好きで、たいてい絵を描き、何かを作っています。今度、ティッシュペーパーの空箱ができたら、それを使ってギターを作る予定ですが、これは日本の子ども用の雑誌がヒントになっています。

そういえば、日本の幼稚園でも、聞紙を丸めた棒を持ってきたり、牛乳パックを使った車を作ったり、いらなくなったものを再利用して工作を詩ていましたが、フランスでは、立体的なものでは仮面を作ったり、写真を使ったデコレーションを作ったり、ちょっと趣がちがいます。また、絵に関しても、日本ではクレヨンとお絵かき帳を使っていましたが、フランスでは一枚ずつの紙に、さまざまな材料の画材を使って描きます。

ともあれ、子どもの作品はすべてアートです。このおもしろい感性、いつまでも持ち続けていけるといいんだけどね。




妖怪ノート

たんころりんの説明が書いてある

今朝はのんびりと起きました。何といってもここ数日とても暑くて、ゆっくり眠れたものじゃないのです。日曜日だし、とくに予定もないし、ゆっくりと過ごしました。パパは相変わらず車の修理。プロでも好きでもないのに、よくもなぁやります。お金がないというのが理由だけど、だからって自分でやるっていうのはなかなか…。おかげでナーバスなのがネックです。

さて、朝ご飯を食べながら、ミミズは3冊の本を朗読しました。赤ちゃんのころ開き読みした本。スラスラと読む姿を見て、成長を驚かずにはいられませんでした。スラスラとです。ひと文字ひと文字を追うのではなく、スラスラと読みました。というわけで、本日の勉強はスマイルゼミだけ。スマイルゼミは今月、かんたんな足し算や引き算の課題が入っているほか、長さを比べる課題などもあってなかなかおもしろいです。ひらがなの書き方が少しずつ上手になってきているのも楽しくて、今日は大喜びしながらやっていました。

今日は本当に暑くて、家にいても暑くて不快な一日でした。外に出る気になれず、家でテレビを見ながらダラーっと過ごしたのですが、夕方、妖怪ノートを作りました。その名のとおり、妖怪の説明を書いたノートなんだけど、この夏の境港への旅行からずっと妖怪ブームが続いています。残念なのは、ゲゲゲの鬼太郎の動画が見られないことなんだけど、こればかりは仕方がありません。

夜、日本から持ってきた天国と地獄の本を読みました。この本は水木しげる先生がまとめた本で、とくに地獄がどんなところかなどがいろいろと説明されています。何だか本当に思い切り妖怪の世界にはまっています。クリスマスプレゼントには本でも買ってあげようかなと思ったり。