母の日にはアサガオの種まき

フランスの母の日は6月ですが、今日は日本の母の日。ということで、金曜日からプレプレ母の日、プレ母の日と、ここ数日、母の日のプレイベントを祝ってくれていたミミズ。昨晩も母の日だからマッサージをしてくれて、さぞすばらしいサービスを受けることだろうと期待した本番の母の日でしたが、「ママ、母の日おめでとう」という一声で起こされ、「母の日だからお仕事しないでしょ」と、遊びにつきあわされました。しかも、「今日は母の日だからお勉強はやめにしようか?」と提案され、「いやいやちゃんとやろう」といさめました。

ところで、勉強というと何か嫌な響きがあるのかもしれませんが、「スマイルゼミをやったら?」というと快くはじめます。フランス語では勉強することを「お仕事をする」という言葉で表現しますが、つまり勉強することは働くことで、あまり楽しいことではないというニュアンスがあります。でも、実際には、学ぶことは楽しいことだし、新しい発見があることなわけで、このあたりをうまく伝えていけたらいいなぁと改めて思いました。

さて、日本の教科書をもらってから、スマイルゼミのきょうのミッションのほか、漢字の練習や日本の教科書を読んだりしていますが、アタシが小学生のころにはなかった教科「生活」の教科書に、種を植えてみようというページがありました。我が家では、わりといろいろな花や果実を植えていますが、今日、5月10日の母の日を記念して、アサガオの種を植えてみることにしました。今日はあまりいい天気ではありませんが、これから元気よく咲いてくれるといいなぁと思います。

昨日のお買い物で、トマトの苗も買いました。我が家の庭の土は石だらけなので、土を耕さないとうまく根が伸びていきません。せっかくの休日でしたが、来週の天気のいい日に譲ります。トマトを植えて、家庭菜園のトマトを楽しもうかなと。今年は日本行きも危ういので、枝豆も植えようかな。

明日から外出制限が少しずつ解除されます。すっかりコロナウイルスがなくなったような機運で、最近では人の出も多いのですが、何だかかえって恐ろしく感じています。近所の子どもたちにいろいろと聞いてみると、まだ学校に行かせないという家庭が多く、学校の動向も気になります。ミミズは、スマイルゼミのおかげで、かろうじて毎朝、勉強する習慣がありますが、学校で学ぶことのほうがきっと多いはずなので、いつごろから学校へ行くようになるのかがポイントです。まだわかりません。来週以降の感染者の割合などを見ながら、ミミズの気持ちを確認していこうと思います。



スマイルゼミのスゴイきみでプラチナ獲得!

4月はとにかくがんばりました。スゴイきみで表彰されているおともだちがどれぐらいミッションをクリアしているのかをチェックして、それを目標にがんばりました。また、4月はマイアイテムの特別キャラがもらえるため、必死に勉強しました。同じように考えていたおともだちも多かったみたいで、ミミズももちろんプラチナでしたが、とても多くのおともだちもプラチナでした。

日本もフランスも、学校が閉鎖されたせいもあったかもしれません。ゲームで遊ぶ感覚で学ぶことができるため、スマイルゼミはとても現代的なツールです。外出が制限され、友だちと遊ぶことも外で遊ぶこともなかなかできなくなったいま、家にいても楽しく過ごすことができ、しかも勉強もできるので、とてもありがたいです。フランスは学校が閉鎖されてずいぶんと経ちます。あまりにも閉鎖の期間が長いため、生活が乱れてしまうケースも多いみたいです。

我が家はかろうじて7時に起き、7時半ごろからスマイルゼミ、それから9時まで学校の課題やママとのお勉強、9時から散歩、10時からママはお仕事…というようにリズムができています。テレワークは大変だけど、これはテレワークのおかげともいえます。

スマイルゼミは、本当に現代的で楽しく勉強できるツールではありますが、しいて言えば、あまりにも画面に夢中になりすぎるのが問題です。第一に、目が悪くなるのではないかと心配です。また、毎日1時間だけゲームができるように設定していますが、ゲームに夢中になります。いいものかどうか微妙です。

スマイルゼミのアンケートで、ステイホーム期間中、何をしますかという質問がありました。その第1位は、いわずもがな、動画やゲームでした。家にずっといると、小さなことで言い合いになったり、お互いにイライラしたりすることも多くなります。子どもがしずかに夢中になってくれる動画は、ある意味、必要なツールです。あんまり夢中になるのはよくないと思いつつも、放っている自分もいる…みたいな。

とはいえ、大人だって働かなければならないし、やるべきことがたくさんあります。ある意味、しょうがない。時間と心の余裕があるときは思い切りいっしょに遊び、忙しいときなどは、こういったツールに頼っていくことで、何とか現況を乗り越えていけるのではないかと思います。だから、スマイルゼミは、やっぱり楽しく勉強できて、ときにゲームなどで遊べる、便利なツールだといえます。

今日から新しいゲームがはじまりました。よくわからないんだけど、毎日、ちょっとした操作をすることで、特別のマイキャラがもらえるのだそうです。ミミズは、5月もがんばってプラチナをねらうといっています。勉強が好きだってことに気づいたんだって。ま、楽しく勉強できるのはいいことだから、少しぐらい夢中になりすぎるのも許してあげようと思います。



日本の教科書が届いた!

昨年、日本大使館から教科書の申し込みの連絡を受け、さっそく申し込んだにもかかわらず、昨今の混乱で送付が遅延するという連絡を受けていました。このままうやむやになってしまうのかしらと思っていたら、昨日、何の前触れもなく、8冊もの教科書が届きました。

国語、算数2冊、道徳、図画工作、音楽、生活、書写の8冊の教科書です。とりあえず今日から、少しずつはじめてみました。スマイルゼミでいろいろやっているミミズは、「えーっ! もっとやるの?」と微妙な様子。教科書にはミミズが知らないことがたくさん書かれています。たとえば日本の学校はどんなところなのかとか。学校での過ごし方、やるべきこともちがいます。

今年の日本行き、ダイジョウブなのかどうか微妙なので、いまできることをやらないと。最近、フランス語がすごく流ちょうになってきていて、日本語をついに追い越したかと感じています。ついにこのときが来たのか…。でも、「わたし、早く日本に行きたいよ」と、毎日叫んでいるミミズ。もっと日本のことを学んでいこうと思います。



スマイルゼミが小学生コースになっていいことと悪いこと

スマイルゼミをはじめたのが、昨年の8月。幼稚園の年長コースからはじめたのですが、ミミズは実にこのスマイルゼミを楽しんで、今日まで至ります。スマイルゼミとは、タブレットを使った通信教育で、この4月から小学生コースをはじめたくて、去年、日本に行ったときにはじめました。

どうしてはじめたのかというと、日本語を使った勉強をさせてあげたかったからです。それまでも日本語を使って字を書く練習や読解をする練習などをやってきましたが、学校で習うことがどんなものなのかよくわからなかったし、何よりミミズが興味を持ったのではじめました。

ほかにも、同じような通信教育はあったと思いますが、とりあえずこのスマイルゼミに申し込んで、8カ月ほどひらがなやカタカナ、文章の読み方やものの数え方、英語やさまざまなアクティビティを楽しみ、日本の学校についても少しずつ知っていきました。

このベースがあったからこそ、1週間前ぐらいから小学生コースに切り替え、それまで以上に勉強の量や内容がぐっと勉強っぽくなりましたが、さらに好奇心を持って続けていくことができたのかなと思っています。

幼稚園コースとちがうのは、きょうのミッションが終わると、それまでもらっていたごほうびがの内容が変わって、キャラクターのアイテムがもらえなくなりました。キャラクターアイテムは、きょうのミッションが終わって獲得したスターを交換してもらうようになりました。

また、貯めたスターを使って、さまざまなゲームができるようになりました。一度、ためしに消しゴムゲームというものをやってみたら、ミミズはこれにはまってしまい、ときどきゲームをするようになりました。

きょうのミッションをどんどんこなしていくと、スターがどんどん貯まっていっていきますが、このスターの数が勉強した実績となって、どうやらその数が多いと表彰されるみたいです。ミミズは、表彰されたいのと、スターを集めてアイテムを交換したいのと、ゲームがやりたいのとで、どんどんいろいろなミッションを解いています。

もっと外で思い切り遊んだりするのも大切だと思ったり…

気になることといえば、目が悪くなるのではないかということで、ミミズはゲーム感覚でスマイルゼミを楽しんでいるので、ある種の中毒になってしまうのではないかと心配です。それから、脳への影響もです。実は、ミミズは現在、パパがはじめたゲームにはまっていて、一日のうちに何回もそのゲームをやります。時間にして数分かもしれませんが、その時間とスマイルゼミの時間を合わせると1時間ほどに至るのではないかなと思います。




フランス学校閉鎖が最短でも5月4日まで延長される件

こなきじじいと電話するミミズ

フランスの学校閉鎖が最短で5月4日までに延長されました。もう2週間ぐらいこうして家に引きこもっていて、こんな小さな何もない村であっても、目に見えないウイルスによるストレスをひしひしと感じます。

学校の課題をやるミミズ

ミミズはというと、朝はこれまでと同じように7時半ぐらいまでには起きて、朝ご飯を食べながら勉強をします。現在、学校から毎日の課題が出ているので、それをやり、スマイルゼミのきょうのミッションをやり、4月からはじめた日本習字の書道の練習をやり、漢字の練習とお話ドリルをやります。こう並べてみると、ずいぶんと勉強をしているように聞こえますが、実はそんなことはなく、朝のこの時間をのぞいては、思い切り外で遊んでいます。外といっても小さな庭で、庭といってもすばらしい広い庭ではありません。それでも真っ赤な顔をしながら自転車でグルグル回り、ゲゲゲの鬼太郎ごっこをしたり、パパとラジコンをやったり、テレビを見に家に戻ったり、スマイルゼミのゲームをやったりしています。

フランスで学校が閉鎖になり、やっぱりどの親も子どもの学力を心配していて、先週から学校の先生による遠隔授業が週2~3回ほどはじまりました。おもに算数の勉強をします。フランスでは、ご存知のとおり、60以降の数字の数え方がとても奇妙で、70のことを60+10と表現したり、90のことを4×20+10と表現したりします。フランスの子どもたちもこのあたりでつまずくようで、先生も必死だし、親も必死です。ミミズはどうかというと、わりと算数は理解しているみたいですが、やっぱり気になるのはフランス語です。

フランス語といえば、ここ最近、アタシがテレワークをしているため、会社がクローズとなったパパとよく遊ぶことから、フランス語がかなり達者になっています。で、ふたりでドラゴンのゲームをやっていて、かなりはまっています。ゲームは1時間というルールを作り、ふたりはその時間の中でああだこうだとやっているのですが、やっぱりこういう会話と、学校で習うフランス語は同じではありません。

だから、フランス語、ダイジョウブかなぁと心配になるわけですが、学校の先生としては、フランス語よりも算数みたいです。4月といえば日本では新学年がはじまったばかりですが、フランスでは学年を終えるための最終段階で、来年度からの学力にも大きく影響を与える大切なときです。そんなときに、二けたの計算みたいな勉強を週に2~3回程度、たったの1時間ぐらいを7人ぐらいでやる遠隔授業でカバーできるものなのか、心配している親は少なくはありません。

外出許可書を持って家の裏の雑木林を散歩

学力の心配もさることながら、やっぱりメンタル面にもかなり影響があって、ウイルスのせいで学校が閉まっていることまでは理解できても、お友だちに会えない、いっしょに遊べないストレスは、かなり大きいと想像します。実際、ミミズは最近、目をパチパチさせることがあって、ゲームのせいなのか、ストレスのせいなのか、わざとやっているのか、ちょっとよくわかりません。「ゲームばっかりはダメよ」ということ自体がストレスになっているのかも…と思ったりもしますが、これが原因で目が悪くなったりするのもよくないし、どうしたらいいのかよくわかりません。

さらにいえば、多くの会社や商店が休業することで、やっぱり経済的な心配がかなり多く、それが精神的なストレスになることもあります。事実、我が家のパパもそれで睡眠不足になったり、これからは貧困が増えて戦争が起こるかもしれないなどと妄想したりしています。そんな妄想が、少しずつミミズに影響を与えている可能性はとても高く、実際、最近、とても言葉遣いが暴力的になったりしています。テレビの影響とも考えられますが、微妙にいろんなことが悪く行っているような気がしてなりません。

それでも、何とか前向きに、いまこの時をグッと我慢しようと思っています。ウイルスに負けない健康体をキープして、これから襲ってくるであろう不景気に立ち向かう精神力と知恵をつけて、何とかやっていかないといけないわけです。これからますます子どもたちが夢を持てない時代となっていきますが、それでも夢がもてるように何とかしてあげたいです。恥ずかしげもなく言い切ってしまえば、それこそが、これからのアタシの使命だと思っています。

書道の準備をそろそろ

まっすぐ線を書くのはけっこうむずかしい

不定期的に続けてきた書道ですが、4月からはちゃんと週2回、20分ぐらいは練習しようと思っています。どうやって教えたらいいのかまだよくわからないので、とりあえず今日は、線をまっすぐに引く練習をしてみました。姿勢を正して、肘を上げて、紙を押さえることからスタートです。そして、筆をトンと置いて、そのままスーッと引きます。最後の止めがけっこうむずかしくて、筆を強く押し付けてボコッとなってしまいます。これだけのことなんだけど、退屈なのか、大変なのか、あんまり楽しくないのか、10分ぐらいでおしまいです。でも、続けていけば、きっといつか役立つと思っています。

書道に限らず、子どもに何かを教えるとき、教える側の忍耐力が重要です。嫌がったらおわりにして、別の機会にやってみます。とにかく、あきらめずに挑んでいくことが大切で、そのうち楽しくなっていくものです。事実、ミミズは、スマイルゼミの字の練習のとき、自分の字がへたくそだからと嫌がっていましたが、それでも毎回がんばって続けたおかげで、だいぶ上手になっています。

とりあえず習ってみたいと言ったので、この4月からミミズはママと同じく日本習字で書道の練習をはじめます。1年やってみて、無理そうだったら止めてもいいと思っています。アタシは、8段までがんばって続けようと思っています。書道と柔道、フランスに来てからはじめたふたつの道、とりあえずこのまま突っ走っていく予定です。

フランスの冬休みの朝学習

朝から大好きなスマイルゼミを楽しむミミズ

フランスの冬のバカンス1周目が終わろうとしています。バカンスになると、ミミズの朝学習に、フランス語のディクテや朗読などが加わります。それでも別に嫌がる様子はありません。小さいころからこの習慣を続けているので、朝勉強することは当たり前のことで、むしろやらない日の方が特別な印象があります。

お友だちのお母さんお父さんと話をするとき、親が勉強を教えるのがむずかしいという話題がよく出ます。で、家庭教師を探している人は少なくありません。我が家では、経済的な理由もありますが、アタシがすべてやります。幼稚園のころからずっとこうして勉強をしてきているので、無理なく勉強することができます。

何をしているのかというと、

漢字の練習プリント

漢字の読み書きの練習問題を半ページずつ

計算問題(親戚からもらった使い古し)

お話ドリル

スマイルゼミです。

スマイルゼミは、もはやゲーム感覚で楽しんでいて、一日たりとも欠かしたことがありません。3月からは小学校準備課題などもあって、楽しい内容となっています。計算問題は、たまたま導入していますが、フランスの学校でも習っていることなので、とくにフォローする必要はないと思っています。ただ、日本語を使ってやることに意味があるので、定期的に導入するのはいいのかもしれないとも思っています。これで30~40分ぐらいです。

この日本語学習が終わると、フランス語のディクテと、宿題の朗読をしています。ディクテは、アタシのフランス語学習にもなるため、ふたりで楽しくやっています。朗読の本というのは、この休みの間の唯一の宿題で、ミミズが選んだバーバパパの絵本を毎日読んでいます。本当は星の王子さまがよかったんだけど、これは春休みに譲ります。アタシが持っているのは活字が多すぎるので、活字が少ない子ども用の本を図書館で借りようと思っています。

というわけで、今週はプール三昧で忙しかったのですが、来週からアタシの仕事がはじまります。朝勉強は引き続き継続し、あと1週間、いろいろと遊ぼうと思っています。

フランスと日本の小学1年生は教科の点でどうちがうのか

いよいよミミズはこの4月から日本の小学1年生となります。フランスではすでに2019年の9月から小学1年生でしたが、日本の小学校ではどんなことを学ぶのか、いよいよ気になってきました。

で、学習指導要領ですが、2020年からいろいろ変わり、小学生から英語がはじまったり、プログラミングなどの授業がはじまったりします。アタシが気になるのは小学1年生の内容ですが、授業時間数を見てみると、フランスとたいして変わらないことがわかります。

まず国語と算数。これは、ミミズの学校ではフランス語と算数を中心に勉強しているので同じだということになります。すっかり忘れていましたが、理科や社会は小学3年生からとなっています。アタシのころもそうだったのか、まったく記憶にないです。その代わりに、生活という授業があって、これがおそらく理科や社会に相当するのだろうと想像します。ミミズの学校にも生活のような授業があって、赤ちゃんがどう育つのか、生き物がどう育っていくのかなどを勉強してきます。そして、音楽、図画工作、体育。フランスでは、音を聞き取る授業みたいなのがありますが、これはアタシが知っている音楽の授業とはちょっとちがいます。でも、ミミズも歌を習ってくるので、音楽の授業というのはあるのだと思います。ちがいは英語の授業でしょうか、フランスでは1年生から英語がありますが、日本では小学5年生からです。

とはいえ、フランスと日本では学力の差が大きくちがい、日本のほうがはるかに学力が高くなっています。もしもミミズが日本で暮らしたいと言ったとき、学力がついていけないと困るだろうなと思ったりするので、日本で習うことを教えていかないといけないなぁと思うのですが、どこまでアタシがサポートできるのか、また、ミミズがどこまでそれについてきてくれるのかがポイントとなりそうです。とはいえ、アタシたちにはスマイルゼミという強い味方がいるので、スマイルゼミの講座の進み具合が基準となっていきそうです。

4月には大使館から教科書がとどく予定になっています。昨年、申し込んでおきました。だから、4月からは毎朝の課題に取り入れていこうと考えています。とりあえず、日仏の小学校の教科ではさほど大きなちがいがないので安心しました。

お話ドリルで読解の成長がわかる

楽しくてそろってしまうお話ドリル

『お話ドリル』との出会いはほぼ1年前、2019年のはじめでした。たまたまだれかのブログを読んで、ミミズもはじめてみようと購入したのがきっかけで、いまでは8冊ほど持っています。1年生用の本と低学年用の本がありますが、1年生用の本のほうが読みやすくなっています。ミミズの興味から、宇宙のお話、危険生物のお話などのドリルを購入しましたが、読んでも理解できないことが多かったです。

お話ドリルを購入したばかりのときは、日本語の文章を読むことに慣れるのが目的でした。ひらがなやカタカナ、少しの漢字を読み書きできるようになったものの、文章になると読みたくなくなるという常を克服するのが目的でした。

このドリルは、B5サイズの見開きで1項目となっていて、短いお話と、その内容を確認する問題がついています。はじめたばかりのころは、お話を読んで、問題はほとんどできずにいましたが、こういうものはすべて慣れで、少しずつ読むペースも上がり、最近ではみずから問題をやるようになりました。だいたい10分ほどで終わります。

いちおういろいろと考えながらやっている

同じドリルを繰り返し使っていて、まだ本に書き込むことはしていません。まずミミズが読み、アタシが問題を読み、口頭で質問に答えるというやり方をしています。もうしばらくこれを繰り返したら、そのうち設問に対して書いて答えることもはじめてみるつもりです。現在、ことわざのドリルをやっていますが、ほぼ毎朝これを繰り返しているせいか、最近では、本を読むのもスラスラです。

というわけで、学研のお話ドリルは、日本語を読むのが苦手な子どもにおすすめです。小学3年生まで対応していて、小学4年生からはお話推理ドリルというワクワクするドリルとなります。小学4年生からのドリルもとても楽しそうで、むしろアタシが読みたいところです。この夏、日本に行ったら書店で見てこようと思います。

書き初めは子で

年賀状に書いた子の字を再現

毎週水曜日は午前授業です。フランスの学校では水曜日が半日授業や前日休みとなるみたいです。ミミズの学校は半日で、ランチは家で食べます。というわけで、水曜日はこれから習字の日となります。4月からアタシと同じく日本習字で教育書道を習っていくことにしました。本人がやりたいと言ったんだけど、いざ習字の練習をしようとすると、なかなか筆を持とうとしません。ま、あんまり強制せず、遠く離れていても日本の文化に触れておくという漠然とした目的のためにやっていこうと思っています。

で、この前の水曜日、よく考えたらミミズは書き初めの日でした。アタシはもちろん、お正月から精進しています。年末、日本習字で凧を購入したので、この凧に書いてみました。子の字です。ミミズはキレイに書きたくて、アタシに少し筆を支えるように言いました。だから、けっこう美しく書けました。

ところが、アタシが日付を入れたのが失敗だった…。令和という字、ちゃんと練習していなくて、気づいたらちょっと字を間違えてしまいました。でも、ま、これも悔しい思い出として取っておこうと思います。