外出制限で結局3キロ太った

外出制限が解けてしばらく時間が経ち、今日はミミズといっしょに買い物に出かけましたが、さらに人々が開放的になっています。まだマスクをしている人を見かけますが、以前ほどではないし、このまま何だかすべてが元に戻ったような印象です。でも、いろんな問題が浮き彫りになってくるだろうと多くの人が予想しています。スペインにいる友だちも同じことを話していて、ヨーロッパはとんでもないことになると思っています。

さて、それまでガツガツと運動していたミミズもアタシも、この数カ月ですっかりコブタさんになりました。二人ともきれいに3キロ太りました。でも、これはアタシたちに限ったことではなく、多くの人たちが太り、ダイエットに奮闘しています。アタシたちも、そろそろ運動をはじめて、柔道の準備をはじめないとと思っています。いつ柔道が再開されるかはわかりませんが…。

情緒面もけっこう不安定になりがちで、これもまた、アタシたちだけではなく、多くの人が陥るコロナうつとかコロナ不安とかそういう症状です。ミミズはまさにコロナになってしまう不安に陥っていて、それが理由で不登校です。アタシもまた、コロナが原因で精神的に落ち込み、気分が鬱屈しています。そのせいか、ミミズの言動も何だかマイナスに働くことがあって、すぐに泣いたり叫んだりするようになりました。先日は、ちょっとママに怒られたら、「わたしの涙の箱がもういっぱいになった」と言い出し、秘密の箱に「だれもあけない」と書いていました。

それからもうずっとYou tubeづけです。最近では、「こうくんねみちゃんキッズライン」という番組のファンで、続きが見られないと言っては泣いてしまうほど。アタシはいまちょっとテレワークで働いているため、You tubeをしずかに見ていてくたほうが楽という面もあるし、ゆっくりと遊んであげることができません。毎朝のスマイルゼミや日本語の勉強、フランスの学校の課題などはとりあえずやっていますが、本当にこれからどうしたらいいのか考えるとうんざりしてきます。

これからはいろんな意味で生き方が変わっていくと言われています。アタシたちもいま、何かが変えていかないといけないなぁと思います。まずはダイエットかな。動きはじめるにはちょっと体が重たいです。



2カ月ぶりの買い物へ出かける

2カ月近くに及んだフランスでの外出制限が解禁され、町や村に活気が戻りつつある昨今ですが、まだまだコロナウイルスの恐怖とは隣り合わせの生活を送っています。町の近くの小学校でコロナ感染者が出たために再び閉鎖されたりしていますが、人はそんな中でもたくましく生きています。

でも、ミミズはまだコロナウイルスが怖くて、なかなか出かけることができません。でも、今日、諸事情により、三人で買い物に出かけることになりました。いっしょに車でモールへ行き、アタシはスーパーへ、パパとミミズはDIYの店へ立ち寄り、スーパーのパーキングでアタシを待つという流れでした。

スーパーはだいぶ買い物客が増えていました。アタシはいまだにマスクとゴム手袋を身に着けていますが、もうマスクすらつけていない人もいます。子どもも来ていました。学校にいけない子どもたちだけで留守番させるわけにはいかないので、仕方のないことです。アタシのようにマスクとゴム手袋で完全防備している子もいましたが、あちこち走り回る子どもを叱りながらも野放ししている家庭もいます。何だかよくわかりません。

スーパーでの買い物を終え、パパに電話をすると、近くのスポーツショップにいるといいます。ダイジョウブだろうかと心配になりましたが、すぐにスーパーで合流しました。「パパにね、ボールを買ってもらうの」と嬉しそうなミミズ。スポーツショップに行くと、信じられないほど賑わいでいました。「店内では人との距離を1m以上取ること」と書かれた張り紙のそばで子どもたちが走り回っています。本当にこれでダイジョウブなのだろうかと心配です。ミミズも何だか久しぶりのお買い物が嬉しいらしく、あれでもない、これでもないと、いろいろ検討し、ボールを買ってもらいました。

「久しぶりのお買い物、楽しかったでしょ?」と聞くと、「別に…」と返ってきましたが、嬉しかったみたいです。家に帰るとボールで遊びはじめました。

今日、買い物に出かけて、あまりにも開放的で驚きました。社会が少しずつ正常化していくことは大切ですが、突然、ここまでオープンになってしまうと、コロナウイルスの第二波がすぐに訪れるのではないかと不安になります。とはいえ、あまりにも引きこもってしまうのもよくないので、本当に対応の仕方がわからなくなります。ただ、ミミズは6月に入ったら1回だけ学校に行くという気になったので、少しホッとしています。いろいろ心配ではあるものの、学校生活は大切だし、お友だちとの交流だって重要です。



フランス外出制限解禁1週間でふたたび学校が一時閉鎖…

1週間前、フランスは外出制限を解禁しました。ミミズの学校ははじまりましたが、ミミズはまだ怖くて家にいます。近所の仲のいい子どもたちは、学校に行く子も行かない子もいますが、これまでの遠隔授業はなくなり、学校から膨大な課題が送られてくるようになりました。この1週間、実に大変でした。

まず算数とフランス語のテストがありました。先生からテストの模様を録音したデータが送られてきて、それを聞きながら同じようにテストを行いました。ミミズは、まあまあの成績でしたが、学校で行われるであろうテストの状況とはやっぱり違っていて、集中力もかなり落ちている中で行いました。

それから、たくさんの課題が定期的に送られてきて、それをこなすのはとても大変なことです。細々と働いていることもあって、毎日、学校に通っている子どもと同じような分量の勉強はできませんので、時間がある日の午前中は、半ば強制的に勉強しています。スマイルゼミのおかげで、日本語を使った勉強もやっていますが、いまフランスにいるため、フランス語での理解も大切です。家庭でフォローできる範疇を超えています。

日本でも、どうやら似たような状況になっているようで、ステイホームが解禁になった学校の生徒たちは、いつ、また学校が閉鎖されるかわからないために、ものすごい勢いで勉強させられているようです。フランスでも、というか、アタシたちが住んでいる村でも、少し似たような状況になっていて、おそらく働いている家庭は大変だと想像します。

そんな折、今日の地元新聞に、ふたつの学校がふたたび閉鎖になったというニュースがありました。感染者は学校職員のようですが、月末まで学校がクローズになったとのことです。この1週間の外出制限解禁で何か動きはないのか気にしていましたが、やっぱり怖いです。ミミズの学校は、完全にクラスをふたつに分けて、15人以下の小グループで授業やアクティビティ、給食が行われています。給食も、食堂には15人以外誰もいない中で食べるみたいです。ミミズ、いよいよ友だちが恋しくなって、もう少ししたら学校に行こうかなと言っています。が、今日のニュースを見て、ちょっと怖くなりました。

ずっと家にいても退屈だったりストレスがたまったりするし、コロナウイルスが完全になくなるのはまだ先だということなので、ウイルスに感染しないような行動を取ることに慣れていく必要があるかとも思うのですが、判断がとても微妙です。



コロナが怖くて不登校でもしっかりと成長している

今週から外出制限が解禁となり、何となく社会が動きはじめています。マスクと手袋を身につけながらの買い物も慣れましたし、距離を取って話したりするのにも慣れてきました。散歩をしても人の出が増えていて、道行く人とあいさつをしたり、少しおしゃべりしたりします。ミミズは、散歩に出るのは平気だけど、学校には行きたくないのだそうです。

コロナになりたくないから学校には行きたくないというので、引き続き、先生からの指示に従いながら勉強を続けていますが、アタシも働いている身なので、できるときにやるという感じになっています。それでもスマイルゼミは毎朝やっていて、日本の学校で習う内容はとりあえずカバーできているので、本当にこのスマイルゼミは買ってよかったと思っています。

この数カ月でだいぶ太ったアタシたち。それまでけっこうハードに運動してきていたので、歴然と体重に現れています。ミミズもアタシも、3kgは太りました。自らをコントロールするのは本当にむずかしいなと実感します。腕立て伏せが重たくてできなくなってしまったり、ちょっと動くだけで息が上がります。もう少しハードに運動をはじめないといけないなぁと思っていますが、いつになることやら…。

そんな中、ミミズの前歯が動きはじめました。前の2本です。右側はもうすっかり大きく大人の歯が出てきていて、乳歯の前歯を前に押しているので、歯が前に出ているように見えます。これまで抜けてきた歯の倍ぐらいの大きさがあるので、きっと抜けるときはもっと痛いだろうなぁと思います。ミミズが寝た後、こっそりグラグラと動かしています。不思議なことに、寝た直前に歯を動かしてもまったく反応しません。一方、朝、目が覚めたときに同じことをやると、眠っていますがすぐに嫌がるそぶりをします。おもしろい。睡眠の深さが明らかにちがうのがわかります。

外出制限が解禁されて、コロナ感染率がどうなっているのか、まだよくわかりません。実際、怖いし心配も多いけれど、コロナがまったくなくなることはないということを考えると、少しずつ社会に出ていかなければならないので、もう少し様子を見て、ミミズにも学校へ復帰してほしいなぁと思うばかりです。



歯が抜けてねずみがコインをくれた

今回は長かった。下の前歯の右隣、3番目に抜けるはずの歯がなかなか抜けず、痛くて痛くてつらい思いをしていました。その覇が90度に曲がるのに、あともう少しのところで取れずにいましたが、おととい、やっと取れました。しかも、久しぶりの親せきとスカイプでおしゃべりしていた最中です。

で、今回は、フランスの古くからの言い伝えに従って、歯を枕元に置いて寝ました。そうすると、ねずみが歯と交換にコインをくれるというわけです。でも、我が家にはちょっとした心配がありました。実は、抜けた歯をしまっておくケースを購入しているため、歯をねずみに取られちゃうのはイヤなのです。

ママ:でもさ、きっとアタシたちは日本人だから、歯を持っていかないよ。

ミミズ:そうかなぁ。ダイジョウブかなぁ。手紙を書いておこうかな。

と、そんなやり取りをしながら、昨晩は眠りました。

で、今朝、な、な、なんと! 2ユーロコインと10ユーロ札が置いてあった! 歯もそのまま置いてありました。で、10ユーロ札には名前が書かれていた! すごい。

パパが大喜びするミミズに大喜びし、パピーとマミーに電話をしました。ミミズ、あーちゃんにも伝えたいといい、おばあちゃまにも連絡しました。

それにしても、このミミズの歯、すごく長かった。これだから、なかなか取れなかったんだと納得です。後ろからもうかなり新しい歯が生えてきていて、抜けた歯の隙間に入りきらないように見えます。ガタガタになってしまいそうな予感がします。これでまた、隣の歯が揺れてくるのかも。そんな話をしたら、ミミズ、切れた。「この歯のせいで、私は落ち着いていられない!」だって。

現在、いちばん大きな前歯が揺れています。後ろから歯が生えていて、乳歯が前方に押されています。この歯が取れるときはもっと痛いだろうなぁと想像します。だって大きいもん。歯が取れる痛みなんて、もうすっかり忘れてしまいましたが、ミミズはいま、この歯の痛みと戦っています。



雨の日こそ散歩へ

外出が制限されて早1カ月、日に日に夜は眠れなくなり、運動不足で太ってきて、ストレスがたまりつつある今日このごろ。そんな日に限って天気は雨。そんなときこそ、我が家は散歩に出かけます。長靴を履いて傘を開いて、いつもの雑木林へ行きました。

雨の日の散歩は、水たまりで遊べるから楽しいです。思い切りビチャビチャと水たまりで遊びます。どうやらアタシたちの長靴、穴が開いているみたいで、靴の中が濡れてしまいました。気持ち悪いけれど、そのまま続行です。

いつもの散歩道ですが、雨のおかげで気分がちがいます。そういえば、いつも飛んでいるはずのチョウチョがいないということに気づき、どこにいるんだろうという話になりました。そういえば、朝9時の散歩ではチョウチョを見ることはありません。11時ぐらいになると起きてきます。この2時間ぐらいの間が、チョウチョの起床時間なのでしょうか。

今日もミミズの話は盛り上がっていきました。ミミズの変身の話です。ミミズにはヘビの友だちがいて、そのお友だちと散歩するときはヘビに変身しなければならないのです。で、どうやったら変身できるのかとか、ヘビの友だちは何人いるのかとか、名前は何かとか、本当におもしろい話です。おしゃべりしながら、外出制限許可の1時間ほどの散歩を楽しみました。

天気が悪いと家の中だけではなかなかむずかしいものです。ミミズもここ最近、遊び足りなかったので、今日は一日中、入れ替えごっこをして遊びました。まだ厳しい状況がつづきますが、毎日を必死に生きていこうと思います。



背泳100mと平泳ぎ25mのお免状!

試験前のミミズ、泳ぐ意欲がみなぎっています!

本日、5日間の水泳教室が終わりました。朝と夕方の1日2回、45分のグループ講習でしたが、ミミズは信じられないほど泳ぎが上手になりました。すばらしいです。ちょっと辛口の先生でしたが、教え方がよかったんだと思います。

今日の午前中、かんたんなテストがありました。深さ3mものプールに浮き具などをつけずに潜り、まず背泳のテストでした。ミミズは50m泳いだ後、そのまま戻ってきて100mを泳ぎ切りました。そして夕方は平泳ぎのテストで、25mまでは上手に泳ぎましたが、疲れてきたのか、足がちゃんとできなくなり、50m泳ぎ切りましたが、お免状は25mの記載となりました。それにしても、まだ日本では幼稚園の年長さんの子が、あんなに深いプールで100mも50mも泳ぐなんてすごい! 幼少のアタシにはできなかったことなので、あきらめずに泳いだミミズを素直にほめてあげました。

ミミズは平泳ぎで50m泳いだのに!と少し怒っていましたが、平泳ぎの足の練習はこれからもときどきプールへ行って続けていこうと思います。秋のバカンスあたりでまた水泳教室に通おうかなと思います。いずれにせよ、この夏、日本のプールで楽しく泳げそうでいまからワクワクです。

まだバカンスは1週間続きます。アタシは来週から仕事がはじまりますが、あと1週間、有意義に過ごしたいと思います。



フランスの水泳教室はすごい

飛び込みが終わって指導を受けるミミズ

本日で水泳教室4日目ですが、ミミズは深さ4メートルもあるプールで浮き具なしで泳ぎました。フランスの水泳教室ってすごいです。平泳ぎからはじまりましたが、昨日からプールに飛び込む練習がはじまり、今日は背泳ぎをしていました。ミミズは、基本的に水は怖くないのですが、潜るときに鼻をつまんでいました。でも、水泳教室がはじまってからは鼻をつまむことなく泳いでいます。すばらしい!

この5日間の講習、会員カード作成料金を含めて90ユーロぐらいでしたが、90ユーロ以上の収穫がありました。また、ミミズのすばらしい体力に気づかされました。ほとんどの子どもたちが今日、ぐったりとしている中、ミミズだけは元気で問題なしと先生から太鼓判を押されたのです。アタシもそうですが、健康的で何よりです。病気がちのパパですが、体力はアタシに似たみたいです。

実は、ミミズに習ったことを聞いたり、仲良くなったプールの職員に少しアドバイスをもらって、アタシの泳ぎも改善されました。アタシも水泳を少し習いたいなぁと思ってプールの職員に聞いてみたら、大人にも短期の水泳講習があることがわかりました。個人レッスンになりますが、1回45分×5回で50~60ユーロぐらいなのだそうです。柔道週3日も習っているアタシには、毎週水泳教室へ通う時間はありませんが、短期の個人レッスンだったらできるかも。

フランスの水泳教育ってすごいなぁという話を友だちとしていたら、フランスで水泳教室がさかんになったのは、現政権の大統領であるマクロンがはじめた教育改革のおかげなのだと話していました(未確認ですが…)。だれがどうはじめたのかはいずれにせよ、ミミズはこの5日間ですばらしい成長を遂げたのは事実です。この夏、ミミズと日本のプールで泳ぐのが楽しみです。

フランスで平泳ぎから習う理由

水泳教室がはじまった

ミミズの水泳教室がはじまりました。我が家から車で20分ほど、このあたりで最も大きなプールで、学校の水泳教室もここまで来ます。ミミズはこのプールを生後6か月から知っていて、もうおなじみのプールです。このあたりで水泳教室を個別に習うと異様に高く、どちらかというとリタイアした人なんかが習うイメージです。子どもの教室もありますが、ちょっとお高めです。

ミミズは月~金曜日、午前と午後それぞれ45分の短期集中コースです。仲良しのお友だちはこのコースのおかげでかなり上手に泳げます。日本で水泳教室に行こうと考えていましたが、空きがなくてなかなか行けず、今回、申し込むことにしました。で、月曜日の昨日からコースがはじまりました。

フランスでは、まず平泳ぎを習います。これは、水上で緊急事態が起きた際、洋服を着たままではバタ足ができないためで、上着で浮き輪を作り、足は平泳ぎの足で泳いで避難するのだそうです。日本ではそんなふうに想定して水泳を習うものなのかわかりませんが、たいていバタ足からはじまって、クロールや平泳ぎを習っていったように思います。何かがちがいます。

というわけで、昨日からミミズはカエルの足の練習をしていて、細長い浮き具につかまりながら、足を動かす練習をしています。もう泳げる子どものクラスでもこの細長い浮き具を使っていて、このクラスではクロールの腕の練習をしています。

なお、ミミズは先生から、話をじっと聞かないと注意されました。柔道でもそうなんだけど、落ち着きがないです。ま、子供はみんなそうよとはいっても、動いてばかりいるのはミミズだけで、おかげで遠目からも見つけやすいのですが、少しずつでも落ち着いてくれるといいなぁと思います(つづく)。

クレープの日

塩キャラメルクレープ

フランスでは毎年2月2日はクレープの日です。キリスト教のいわれがある日ですが、そんなことよりも、スーパーで大々的にクレープの材料が販売されるので思い出します。年が明けて、そろそろ節分という時期なので、我が家では忘れずにクレープを食べます。ま、季節のものだし、郷に入っては郷に従えの言葉どおりです。

ところが今日は、ランチですっかりクレープを作り忘れてしまいました。なので、今年のクレープは夜ご飯でいただきました。久しぶりにクレープを作ったものだから、薄力粉と豆乳の分量をちょっと間違えてしまい、かなり濃厚なクレープとなりました。でも、家族みな3枚ずつ食べました。

今回のクレープは、塩キャラメルのクレープとチーズのクレープでした。ちょっとそっけなかったんだけど、天気が悪くて終日家にいたものだから、たいしておなかも空かなかったので、サラッといただきました。ミミズもおいしいと食べてくれました。これで明日、節分の豆をまき、ようやく新しい年がはじまります。

思えば、年女だからものすごい幸運が訪れると思いきや、ジムで肘をぶつけて柔道ができなくなるなど、何となくスタートがよくありませんでした。ま、ミミズが元気で健康だからそれでいいんだけど、4周りも生きてきたのかと思うと、これからはミミズに心配をかけないように健康に生きていかねばと気が引き締まりました。というのも、パパの親せきや友だちの多くが病気になったり亡くなってしまったりと、あまりいいニュースがありません。パパも大病をしているので、アタシがしっかりしなければと本当に思います。