けっこうハードだったピクニック

昨日は、ミミズの学校のイベントに終日参加しました。参加というかお手伝いです。子どもたちのアクティビティのお手伝いとピクニック、そして学校まで林の中を歩いて帰るというアウトドアな一日でした。

朝はミミズといっしょに学校へ行き、子どもたちを待ってバスで通称「だれもいない公園」に行きました。だだっ広い谷と呼ばれる場所で、ちょっとした遊具がありますが、ほとんどいつもだれもいないため、ミミズとそう呼んでいます。

公園に到着すると、子どもたちのアクティビティをオーガナイズしてくれる人たち(おそらくそういう団体があるのだと思います)がいて、アクティビティの説明をしてくれました。森のあちこちのポイントにプレートがかかっていて、国の名前だったり果物や野菜の名前だったり、動物や木の名前だったりが書かれています。で、子どもたちは数名のグループに分かれて地図をもらい、グループごとに番号が与えられ、その地図の番号が書かれた場所を探します。その場所には先ほどのプレートがかかっていて、その名前を憶えて先生や大人たちに伝えます。正しかったら別の番号が与えられ、地図を頼りにプレートを探していくというアクティビティです。

地図の見方は、子どもによってはむずかしく、探しても探してもプレートが見つからないというグループもいます。ミミズはクロエという子といっしょのグループでしたが、意見が食い違って正しいプレートが見つからず、イライラしながらやっていました。コツをつかんだグループは一番に終わらせようと躍起になってプレートを見つけ、1回目のアクティビティが終わったら、ほかのグループの子たちを手伝ったり、ズルをして答えを教えたりしていました。

広い公園の中をあちこち走り回るこのアクティビティ、1回目が終わると先生がりんごを子どもたちに配ってくれて、みんなよく食べていました。全員が終わるまで待ち、2回目も同じゲームをやり、ピクニックタイムとなりました。給食の配送をする会社から届いたパン、ハム、チーズをアタシたちがサンドイッチにして子どもたちに配りました。小さなポテチ、ビスケット、りんごのジュースなんかもありました。アタシたちもサンドイッチをいただきました。

食べ終わるとしばらく休憩し、学校まで歩いて帰りました。けっこうな距離です。7人ぐらいのグループに分かれ、先生がグループごとに地図をくれます。で、地図を頼りに林の中を冒険しながら学校まで歩いて帰るというものです。アタシたちのグループは、ミミズとクラスメイト5名+1学年上のCE2の2名で、CE2の生徒に地図を渡し、その子たちに道を探させ、アタシは後ろからついていくという感じにしました。少し遠くに前のグループが見えるため、迷うことなく冒険できましたが、後ろのグループが追い抜こうとしたり、疲れた子たちがトロトロ歩いたり、まぁ、いろいろ大変でした。でも、ケガや事故などがなく、無事に学校まで到着し、長いようで短かった一日が終わりました。

今回の学校のイベントに参加して、子どもたちの人間模様や性格などが見えておもしろかったです。ミミズは、いつもわんぱくに遊ぶグループにいて、女の子よりも男の子と遊ぶほうが多いですが、何だかわかる気がしました。アタシも小さいころよく友だちに言われたのですが、ミミズもアタシもあまりに元気すぎて、いっしょにいると疲れるんだと思います。だから、同じぐらいの体力のある子たちじゃないと遊べないんです。ミミズの学校では、わんぱくな男の子グループがそれにあたり、そのためにミミズはそのグループにいるんだなぁと思いました。女の子たちとうまくいっていないわけではないので、少しホッとしました。

総じてみんな素直でかわいい子たちばかりです。これからどう成長していくのか、本当に楽しみです。それにしても、けっこう疲れました。あとで携帯電話を見てみたら、1万2000歩ぐらい歩いていました。

ミミズのルーティン

あまりよく見えないけれど森の紅葉がきれい

先週まで信じられないほど暑かった日々が、秋分の日を迎えたら途端に秋空に変わりました。朝晩、少しずつ肌寒くなり、どんよりとした冬への足音が聞こえてきます。この写真は、秋色の森の遠景を撮ったつもり。紅葉がきれいです。

ミミズの日々は、朝勉、学校、宿題、テレビ、夕食、お風呂、睡眠です。朝勉が少し大変みたいですが、スマイルゼミを7ミッション、漢字検定の練習、硬筆の課題、おはなしドリルと、日本語オンパレードで、よくまぁやっているなぁと感心します。漢字検定は、もう1カ月を切っていますが、ミミズは問題ないだろうと。問題はアタシで、まだまだ勉強が足りませんが、最後まであきらめずに勉強します。日本習字の硬筆の課題は、本当に毎日練習しているとどんどん上達するなぁと驚きます。7月8月の添削がどのように返却されてくるのかとても楽しみです。おはなしドリルは、やっぱり読み物としても楽しくて、あと2冊ほど追加で買おうと思います。

学校の宿題は、さほど面倒なものではなく、時にパパと、イヤイヤながらやっています。算数よりもフランス語の宿題が多いところを見ると、やっぱり子どもたちにとってもフランス語って難しいんだなぁと思います。最近のテレビは、ドラえもんとここなっちゃん。ドラえもんの歌をとても上手に歌い、つい最近まで音痴だったのに…と不思議です。

音痴といえば、日本大使館から教科書をいただいていますが、音楽の教科書もあったので、少し歌の練習もしたいなぁと思っています。というのも、昨日のことですが、これから習う水泳教室のために主治医の診断書をもらいに町医者に行ったとき、日本好きの先生が「さくらさくら」の歌を流してくれていたのに、ミミズ、知らなかった。そりゃそうか…と思いつつも、やっぱりちょっと教えておきたいなぁと思ったわけです。車の中で動揺を聞くようにしようかな。

ミミズが得意の変顔です

教科書といえば、先日、後期の教科書が数冊届きました。本当に毎回ありがたいです。というわけで、またいろんな課題が増えそうで、ミミズ、嫌がるかなぁと少し危惧します。日本語を使った学習は、あまり強制したくはないけれど、メリハリをつけてやらないとだらけるし、ドラえもんやここなっちゃんの動画で学ぶ言葉を、必ずしも正しく使っているわけではないので、やっぱりちゃんと教えたいと思うわけです。楽しく勉強するを心がけていますが、なかなかむずかしいです。

CE1は疲れる

フランスの学校の小学2年生(CE1)がはじまって10日ほどが経ちました。最初の1週間は、学校が嫌だ、友だちがいじわるだと、乱暴なことを言ってみたり、ちょっと心配していましたが、2週目からはだいぶ落ち着いて、これまでどおりの日々を過ごしています。先生は昨年よりもやさしい先生が月曜日から木曜日、金曜日にはビシバシと少し厳しめの先生で、授業のメインはフランス語と算数というスタンスは今年も続くみたいです。

ミミズの学校の風景

フランス語の授業では、読解が中心のテキストを使い、朗読の宿題があったり、単語の練習の宿題があったりして、帰宅すると毎日、いそいそと勉強します。CE1になってからは手帳に宿題を書くようになり、その字が読めなくて大変ですが、それでも何とかがんばっています。でも、宿題が終わると、ダラーっとテレビの前でゴロゴロする毎日です。COVID19のせいで、家でダラダラする習慣が少し付いてしまいました。でもまぁ、ちゃんとやることはやっているしね、えらいなぁと思います。

ウサギも訪れる田舎の学校なのです

柔道ですが、これまでの週2回から週1回となりました。現在、道場が工事中なので、スタートするのは10月の半ばからとなります。大人も同じで、アタシの柔道も週1回となってしまいます。というわけで、今年はプールにも通うことにしました。今日、プールのレベル分けテストを受けてきましたが、来週にはクラスがわかるみたいです。年間230ユーロ、日本の習い事よりもはるかに安いのではないかと思います。ミミズがプールのレッスンを受けている間、アタシもプールで泳げるので、今年は柔道とプールに通うことになりそうです。

毎日、疲れた…とダラダラしていますが、でも、柔道や水泳教室がはじまったら、少しずつリズムができてくるのではないかと思います。CE1は疲れるみたいですが、アタシもミミズといっしょにフランス語の勉強をして、いっしょにがんばろうと前向きに考えています。

ダラーっとテレビを見るミミズ

なお、スマイルゼミは、夏休みの間はミッションを10個やっていましたが、学校がある日は7個、水曜日と週末は10個にしました。今月から二けたの計算がはじまったり、漢字の練習やミニテスト、読解も少し長文になったりと、こちらもこちらで大変です。そう考えると、ダラーっとテレビの前で過ごす時間が貴重に思えてきます。だから、これはこれでいいんだと思います。

アタシの方はというと、朝からジムへ通い、家で執筆というスタイルの日々で、なかなかリズミカルに毎日が動いています。最近、動画での日本語学習をはじめたので、その製作もやっていて、それなりに忙しい毎日です。家の断捨離を少しずつはじめています。COVID19が落ち着いたら、大きな変化が訪れそうな予感です。

今年はキノコを見つけるぞ!

アタシたち、キノコ運がないんです。我が家の近くにある森は、キノコ狩りでも有名で、セップと呼ばれるおいしいきのこがたくさん生えています。アタシたちも、たまにキノコ狩りに出かけるのですが、あちこちで「わ! 大きいの見つけたぞ!」と聞こえる中、収穫ゼロ。キノコ狩りに行くたびに、なんだか悲しい気分になっていました。

でも、ミミズは、来年の夏休みの自由研究で、キノコを調べたいと言ったので、今年はキノコを見つけに森へ出かけようということになりました。

で、昨日の日曜日。快晴の昼下がり、キノコは出ていないとは思いながらも、森へ行ってみました。やっぱりゼロ。森全体が乾燥していて、とてもキノコが生えている気配がありませんでした。それでも、いつも疲れ気味で体調の悪いパパもいっしょに家族で出かけられたので、ミミズも大喜びでした。

パパとフランス語の勉強も

次の週末も、キノコを探しに出かけます。今年は絶対に大きくておいしいきのこを見つけるぞ!

新しい先生と新しいクラス

9月1日、楽しいようでめんどくさい、バカンス明けの始業式の日でした。日本とは異なり、式らしい式は行われませんが、校長先生から新しく来た先生の紹介やらコロナウイルスに対する注意喚起やらの説明がありました。昨年は、校長先生がひとりひとりの名前を呼び、呼ばれた生徒は先生といっしょにクラスに入っていきましたが、今年はなしでした。

ミミズは小学2年生、フランスではCE1となります。教科も増え、勉強の内容も濃くなってくるため、この初日は帰宅後、ずっと不機嫌でした。そんなこんなで1週間が終わりましたが、学校での話はあまりしなくて、むしろアタシの方が宿題などのことを気にしている始末です。ただ、昨年以上にやさしい先生で、ま、アタシたちはお豆扱いされているから、わからないことがあると学校中の先生が手伝ってくれます。ま、ありがたい、田舎の小さな学校でよかった。

コロナウイルス感染防止のため、今年度はいろんなことが例年とはちがいます。そのひとつが柔道で、今年度の柔道と体操は、ひとり1競技のみ参加が許可されています。昨年は、ミミズは週2回、アタシは柔道2回、体操1回と、かなりお世話になったわけですが、今年はそういうわけにもいきません。ミミズもアタシも柔道を継続しますが、家の畳で練習するか、別の何かを習うかしないと、ちょっとエネルギーが発散されないかなと心配です。

で、今日は、ミミズがプールに行きたいというので、少し肌寒い中、行ってきたわけですが、そこでたまたま近所のお友達とバッタリ。で、終日、いっしょに遊びました。元同級生の男の子とそのお姉ちゃんのふたり兄弟ですが、男の子はプールに通うかもしれないと話していて、ミミズも行きたいと言い出しました。水泳教室、ちょっと高いので、どうしようか考えてしまうのですが、今年は柔道がほとんど稽古できないので、水泳教室もいいかもしれません。ちょうど来週、見学会があるみたいなので、行ってみることにしました。

明日は、きのこを探しに出かける予定。ミミズは、来年の夏の自由研究できのこをテーマにすると決めたので、きのこの写真を撮ってこようかなと思っています。パパも参加予定。我が家、きのこ運がなかなかないんだけど、今年はなんだか見つかりそうな気がします。乞うご期待。

久々のバカンス

バカンスという響きはやっぱりフランスっぽいです。日本の学校では、夏休みの間も、学校が閉鎖された分をカバーするべく学校へ通わされているみたいですが、フランスではちゃんと予定通りにバカンスが訪れ、すっかり学力のことなどを忘れかけている今日このごろ…。

どうせ9月には学校がカバーしてくれるはずという声がちらほら聞こえながらはじめての小学校生活が終わりました。ミミズはいちおう、スマイルゼミや漢字検定、日本習字の課題などの朝勉強のときにフランス語のワークブックもやっているのですが、フランス語の語学力がかなり下がっているように感じます。ま、しょうがない。8月の後半から習った単語の復習ぐらいはやっておこうと思います。

つい先日まで、3泊でBergeracという町に行きました。パパのお友だち家族とキャンプで数日過ごす計画が、キャンプ場はイヤだ、ホテルがいいという話になり、あれよあれよのうちに予算がかなりオーバーした数日となりました。が、ミミズが大喜びで毎日飛び跳ねていたので、ま、よかったということで。何がよかったかというと、パパのお友だち(2名)のそれぞれの息子たちと楽しく遊んだからなのです。ホテルといっても小さなプールと小さな部屋があるだけのなんてことはないホテルでしたが、プールではしゃいだ時間やレストランで食べた時間が楽しかったみたいです。アタシはおかげでまた2キロ太り、最悪な時間でしたが…。

ところで、このBergeracは、ドルドーニュ川のほとりにある町で、ワインとタバコで知られています。ワイナリーに行って試飲をしたら、何とはじめておいしいと思えるワインと出会い、何と買ってしまった。Monbazillacの白ワインで、かなり甘口です。ミミズが生まれた2013年を買いましたが、この年はあまりワインにとってはいい年ではなかったみたいです。でもはじめて自分のお金でワインを買ったという記念のワインとなりました。このワイン、ミミズが20歳になった2033年にミミズと開ける予定です。

明日の夜にはまたピレネー方面へと旅立ちます。こちらもパパのお友だち宅へ行くんだけど、こちらは気さくな人たちで気取らないしのんびりできそう。ミミズの朝勉強もいつもどおりにゆっくりできるので安心です。現在、スマイルゼミでも新しいイベントがはじまり、毎日、夢中になって今日のミッションを解いています!



スマイルゼミ 夏の「全国学力診断テスト」

スマイルゼミの学力診断テスト

バカンスも半分ほど終わろうとしている今日この頃ですが、ミミズはスマイルゼミの夏の「全国学力診断テスト」なるものをやってみました。

ミミズは悪い結果が出るのがイヤで、なかなかとりかかろうとしませんでした。ただ、わりとテスト慣れしています。というのも、フランスでは、Contrôleといって、休みの前などにテストがあります。しかも、かなりの長時間のテストで、さらに、成績結果を親に渡し、親はサインをします。ってなわけで、ミミズはテスト慣れしていますが、結果が悪いとものすごい落ち込みます。

それでもやってみたところ、算数は95点、国語は70点でした。国語の問題で間違えたのはてにをはを入れる問題で、問いをちゃんと理解していなかったために間違えてしまいました。ミミズはどういうわけだか、日本語のてにをはは間違えずに使うので、今後は問いをちゃんと読むことが課題です。ちなみに、読解問題もちゃんとできました。学研の『お話しドリル』のおかげかも?

ところで、最近のスマイルゼミですが、足し算や引き算のドリルも少しずつスピードが上がってきています。こんなに同じような問題を繰り返すような勉強はフランスではやっていないような気がします。このままいけば、夏休み明けまで算数は問題ないかなと思っています。

フランス語はちょっと心配ですが、学校がはじまれば、またママといっしょに毎朝勉強するのでね。スマイルゼミの英語も楽しくやっています。まだフランス語とゴチャゴチャになるということはないみたいです。

日本語の方は、スマイルゼミの問題に加えて、『お話ドリル』と学校の教科書もやったりしているので、とりあえずはダイジョウブかなと。国語はとにかくやっておいたほうが、後でミミズが苦労をしないと思うので、少し厳しいかなとも思いますが、がんばってやっています。嫌がったらやめる覚悟なので、毎日の勉強時間が勝負だと思っています。

明日はプールに行こうかな。ウイルス怖いので屋外プールで接触を気をつけて。



親友とサイクリングへ行く

ミミズには大切な友だちがいます。お母さん同士も年齢が近いので、わりとよく遊びます。よく考えると、これってママ友なんだなと思います。そうか、アタシにはフランスにママ友がいたんだと、改めて気づかされます。

彼女は車で15分ほどのところに住んでいて、このあたりのことをよく知っているので、いろいろな場所に連れていってくれます。で、先日、行ってきたのが、サイクリングコースでした。

我が家から車で20分ぐらいのところに、Queroy(ケロア)という村があって、ここに大きな洞窟があります。この洞窟は以前、見学に出かけましたが、この洞窟のすぐ近くに、その昔、駅がありました。石切り場があって、そこから石を運んだりしていたみたいです。その路線はかなり前に廃線となり、そこにサイクリング用の道ができたのです。アタシたちがサイクリングをはじめたのはまさにChazelleの駅という場所からでした。駅はもちろんすでに人手に渡っていますが、とてもすてきな家だったのでこっそり写真を撮りました。

ここから30分ほど娘たちが自転車で走り、ママたちはおしゃべりをしながらお散歩をしました。要するに、畑やら雑木林しかないサイクリングコースでしたが、平坦だし歩きやすく、さほど暑い日ではなかったので気持ちのいい時間でした。万歩計を見たら、1万歩を超えていたので、かなり歩いたのかも。娘たちもちょっと疲れていました。

自然ばかりで何もないところですが、毎日、いろんな発見もあります。わざわざ来る場所でもありませんが、パパの調子がよかったらサイクリングに来てもいいかも。



やっと歯が取れた

なかなか取れなかった大きな前歯のひとつが、やっと取れました。お友だち宅で遊んでいる最中の出来事で、あっけにとられたような形で取れたのです。ここ最近、ちょっとグレーがかっていた前歯だっただけに、取れてよかったと思っていますが、たまたま今朝、「わたしのチャームポイントはこの前歯です!」と言っていたので、少し残念な気もします。

今日は午後からお友だちの家に行きました。プールを出したから水着を持ってきてと言われたので持っていくと、娘たち二人がちょうど楽しく遊べそうなサイズのプールがありました。さっそく水遊び。飛んではしゃいでばちゃばちゃと遊んでいたら、「歯が取れた!」とミミズが声を上げたのです。予想だにしていなかったため、歯茎から血が出ていましたが、突然のことだったのであまり痛くなかったみたいです。よかった。

で、プールの中を探して歯を見つけました。うす黒くて気持ち悪い歯でした。取れてよかった。このままだったら腐っていたかも…。ただ、歯茎が少し変形というか、歯が合った部分の歯茎がないので、ちょっと変な感じですが、たぶん、そのうちきれいになると思います。

水遊びの後、トランポリンをやって、庭を探検して、思い切り楽しく遊びました。お友だちはもうぐったりしていましたが、ミミズはまったく元気そうです。こういうとき、ミミズの体力に驚かされます。周囲はみんなぐったりしていますが、本人はまったく平気。アタシに似ています。でもまぁ、こうして楽しく遊ぶことができた上、歯も取れたのでよかったです。

このお友だちとは、来週、自転車でサイクリングコースに出かけようという話になりました。今年はあんまり出かける気になれないので、こういうお誘いはうれしいです。



外出制限以来の家族ディナー

フランスでは7月から日本を含む特定の国から入国した人に対するコロナウイルス感染拡大防止の制限を解除しました。これにより、2週間の自主隔離の必要もなくなりました。今日からバカンスがはじまったからというのもあるかもしれませんが、人の移動が増えたのを日常的に感じます。今朝は、ミミズと近くの森でジョギングをした際、オランダからキャピんぐかーで来たという若者たちと会いました。

うっかりマスクを持参し忘れたり、すっかりコロナウイルスはなくなってしまったような開放感に包まれていますが、やっぱりまだ怖いです。日本もそのうちさまざまな制限を解除していくでしょうけれど、14時間、飛行機に乗って日本へ行く勇気がなかなか持てません。行きたい気持ちはたくさんあるんだけど、微妙です。

さて、そんななか、久しぶりにパピー宅へ行きました。パパにはミミズが使えそうなバイクを持ってくるという目的があり、ミミズには最近大好きなバービー人形のお友だちや洋服をマミーがくれるという目的がありました。で、ワクワクしながらパピー宅へ。

マミーはかわいいバッグに山ほどの服と古くさいお人形を持ってきました。とてもかわいいとは言えない古いものでしたが、ミミズはそれなりに喜んで、2体いただきました。エルサとみゆきという名前をつけました。洋服は90年代のものです。よく見ると縫製もいい加減なので、これを見ながら洋服を作ってみようかなと思いました。

パピーもマミーも久しぶりにミミズとゆっくり過ごせてうれしそうでした。とくにマミーは必死に写真を撮っていました。コロナウイルス感染拡大防止で、家族での食事会も控えていたので、少しは親孝行できたかなと思っています。日本に行くことになったら、もうあまり会うこともなくなってしまいますので、いまのうちにもっと会いに来ようと思いました。