フランスの小学校を今日で卒業します

日本に行くことが決まり、フライトがキャンセルになってから、しばらくして突然、また行けることになり、何だか気持ちが落ち着かない日々が続いていました。でも、その一方で確実にカウントダウンがはじまっていて、いよいよ今日、ミミズはフランスの小学校をやめることとなりました。

あまり悲しんでいる様子はなかったけれど、今朝、友だちと別れて悲しくなるなぁとつぶやきました。親友のソフィアが心配です。彼女にはほかに友だちがいなくて、ミミズがいなくなるとさみしくなります。昨日は、クラスメイトの男の子の友だちから、手作りネックレスをもらいました。なかなか本格的でビックリ、ミミズのことが好きだったみたいです。アタシもよく知っている子で、サッカーの仲間でもあります。こんなふうに悲しんでくれるお友だちに恵まれて、ミミズは本当にいい子なんだなと思いました。

最近、とても物の言い方が悪くて、パパと毎日言い合っていますが、今回の旅立ちと関係があるように思えてなりません。でも、コロナ渦でずっと何もできずにいたので、今回の旅立ちは、たぶんいい方向へと進んでいくはず。少し早めの夏休みに日本へ行くつもりで楽しもうとふたりで言い合っています。

アタシが20年ほど前、日本からスペインへ旅立ち、スペインで10年ほど生活し、夫と結婚してフランスへ旅立ったとき、もうスペインには生活者として戻ってくることがないと思ったら本当に悲しかった。でも、今回、フランスから日本へ旅立つのは、あんまり悲しくなくて、それはここフランスに家族がいるからです。ミミズがやっぱりフランスがいいと言ったら、何の問題もなく戻ってくることができる。学校の校長先生も、ミミズのためには門はいつも開いていますよって言ってくれました。だから、あんまりあれこれ考えずに、日本へ行ってこようと思います。

今日、パパが作ったケーキを持って学校へいきました。アタシはさまざまなアクティビティに参加していたので、全学年の生徒たちから親しくしてもらっていて、心のやさしい生徒たちは泣いてくれました。アタシもついもらい泣き。でもミミズは終始、元気でした。CPの先生が涙目で別れを惜しんでくれました。とくにアタシに。CPの生徒たちのお手伝いをやっていたからです。担任の先生もスカイプで会いましょうと言ってくれ、勉強できるように本を2冊くれました。来年予定の先生も連絡を取りましょうと言ってくれたし、本当に小さな学校で育ったミミズは幸せ者だなぁと思います。

これからは家でフランス語の日々となります。アタシもフランス語を真剣に勉強しなければならないから、ミミズといっしょに勉強を続けていくつもりです。フランスで日本語教育ではなくなりますが、これからも二つの文化を共有するミミズの成長ぶりをつづっていきます。







9歳になりました【フランスで生まれ日本語で育って】

5月1日、アタシは母9歳となりました。ミミズが生まれたときのこと、大きくなっていった日々、いろいろ思いがよぎりました。4月のはじめから誕生日までのカウントダウンがはじまり、5月1日、パッと目が覚めてスミちゃんがいる居間へ行きました。居間のテーブルには小さなお花と本のプレゼントが。本当は先月、親友とプレ誕生日会を開いたのでプレゼントはなしだったんだけど、最近映画で見たLe petit Nicolasと、Roald Dahlの『チョコレート工場の秘密』を買いました。プレゼントを期待していなかったので、小さく喜びました。

午後、パピー宅へ行くと、親戚がたくさん来てくれて、プレゼントをたくさんいただきました。大喜びで楽しいひとときを過ごしましたが、パピーが修理した小さなバイクでグルグルと走り回り、パパとパピーは大喜び。パパは「小さい頃の自分にそっくりだ」と嬉しそうでした。

ところで、今月、何か大きな出来事が起こらない限り、日本へ行くことになるはずです。急に決まったことなので、ミミズの気持ちがちょっと不安定ですが、きっとすべてうまくいくと元気づけています。毎晩、足と腕が筋肉痛になって眠れないなど、ちょっと心配もありますが、新しい生活に向けて一歩がはじまります。

そんなミミズですが、ここ最近の反抗ぶりがかなりすごいです。反抗的な態度、適当な返事、やることはやらないなど、こういう反抗期は小学3年生からはじまるのか…と驚きました。アタシに対する態度とパパに対する態度はちがっていて、パパへの態度がすこぶる悪くてビックリです。アタシもこんなふうに言えていたら、父との関係はもう少しよかったのではないかとも思います。

パパに対する態度は大人顔負けで。フランス語も負けません。ネイティブではないアタシでさえ、そんなこと親に言ったらマズいだろ…と思うような汚い言葉(Gros mots)を使うこともあります。この年齢でこんなふうな言葉を使うものかどうか、ちょっとわからないのですが、同級生の親も「うちもそうよ」という人が多いです。

ただ、パパも言っていたけれど、アタシたちの世代は、親にそんな態度を取ったらとんでもないことになったものです。だから、やっぱり彼女の態度は現代的なんだなと思います。また、ミミズに言いくるめることはもうむずかしいです。「食べたらちゃんと片づけなさい」「パパだって出しっぱなしでしょ」とか、「そういう言葉を使ってはいけない」「パパだって使っているでしょ」とか、大人のやることもしっかりと見ているし。ま、お互いに育っていくというやつでしょうか。

よかれあしかれ、言いたいことを素直にいえるミミズ、日本の厳しい社会にうまく対応できるのか。不安もありますが、これからもアタシたちのアヴァンチュールが続きます。







いよいよ小学3年生です!

4月1日、フランスで生まれ育ったミミズは日本の小学3年生となりました。そしてあと3週間ほどしたら、本当に日本の小学生となります。そんなわけで、最近バタバタしています。何をもっていこうか、いらないものを処分したり、リサイクルに持っていったり。週末はほぼ予定がいっぱいで、この週末は土曜日にマラソン大会に出て、日曜日には柔道の試合に出ました。ホント、ハードです。

時系列で報告を。4月1日からスマイルゼミの小学3年生がはじまりました。コアトレ、理科と社会のミッションがスタートし、これまでのようにリズミカルに課題をこなすのがむずかしくなりました。むずかしい言葉も出てきて、日本語で理解するのに少し時間がかかることもあります。だからあまり無理しないで、今日のミッションは5つ、コアトレを2つぐらいやるような毎日にしようと考えています。

4月2日、マラソン大会に行きました。夏時間になったというのに雪がちらつく寒い日でした。学校で参加したイベントで、ミミズの学年からはふたりだけでした。最初に全員で軽く走ったり運動したりしました。遠くから見ていましたが、とても楽しそうでした。マラソンの本番では先頭に陣取り、勢いよくスタート。1kmの距離でしたが、30位ぐらいでゴールしました。ちなみにクラスメイトの男子ノエは何と3位でした。すばらしい!

4月3日、朝早く起きて8時には家を出て、地域の柔道の試合に出ました。ミミズの対戦者はミミズよりも帯色が上の子たちばかりで、苦戦するだろうなと思っていましたが、3連勝、最後の1戦はミミズよりも帯色が2階級上の子で、やっぱり技術の差で負けました。柔道で大切なくずし、まだあんまりよくわかっていなくてうまく相手を崩せませんでしたが、がんばって背負い投げを決めたり、しっかりと押さえこんだり、習ったことのいろいろがしっかりと出せたかなと思います。いやいや1年ぐらい柔道をやっていないアタシ、日本での再会に気持ちが逸りました。あぁ、早く畳を踏みたい。







フランスの小学校でも先生はちゃんと見ていた

ときに学校教育について、日本の方がすぐれているとか、フランスの教育レベルは低いなどと言われることがあります。実際、教科の進み具合を見ていると、あくまでも教科書の内容などを大雑把に見た限りでは、日本の方が進んでいるともいえるかもしれません。学校の先生も、日本の先生の方が責任感が強く、また、学校行事に明け暮れているように見えます。フランスでは6週間ごとに2週間の休みがあって、その間、学校は完全にクローズします。日本の先生のように、クラブ活動を手伝うことなどはないわけです。

でも、フランスの先生もちゃんと生徒たちのことを見ています。実は今日、そのことを改めて実感した出来事がありました。それは、ミミズとアタシ、4月に日本へ行くことに決め、そのことを先生に報告したときに判明したのです。

学年の途中になるけれど、日本に行くことに決めたこと、昨今の状況を鑑みると夏まで待つのはむずかしいと判断したことなどをできるだけ丁寧に連絡帳に書きました。そうしたら先生から返事が来て、最近、ミミズがクラスで落ち着きがなく、忘れ物をしたり態度が悪かったりするので、この連絡を受けて原因がわかってホッとしたとありました。ミミズは、早く日本に行きたいと言っていたけれど、やっぱり気持ちが落ち着かないんだなということが改めてわかりました。確かに家でも最近、信じられないほど態度が悪く、言い争わない日がないほどの反抗ぶりです。ほっといてくれと言わんばかりに、返事や態度がとても悪く、年齢のせいかと思っていました。年齢のせいもあるかもしれないけれど、やっぱりミミズも落ち着かないんだと改めてわかり、今日からもう少し気を配ってあげようと思いました。フランスの小学校の先生も、しっかりと子どものことを見て、心配してくれていたんだと思いました。

日本へ行くのはイースターのバカンスの間です。あと6週間ぐらいかな。支度もいろいろあるけれど、少しは楽しい気分で過ごしたいと思います。今週末と来週末はお友だちのお誕生日会に呼ばれています。月末には親友と小さなパーティをします。悲しくなる気持ちよりも、新たなステップを前向きに考えていきたいと思います。







ひな人形は3月いっぱい飾ります

今年で50歳のアタシのひな人形

うっかり忘れていたひな人形を出したのは先月末でした。節分が終わったらすぐに出そうと思っていたのに、何やかんやでこの日まで手をつけられず、49年目のおひなさまもあきれていますね。というわけで、今年は特例として3月いっぱい飾ることにしました。来年のおひなさまは日本で過ごす可能性が高く、ひな人形を来年の2月までに日本に運べるかどうか微妙なので、今年は来年の分も飾っておこうかなということです。

桃がキレイです

3月3日は学校の屋外イベントで、アタシも参加しました。ミミズの学校の恒例行事で、9月の始業日から100日目の記念のアクティビティです。CE1とCE2が合同で行いました。学校からアクティビティが行われる広場まで4キロを歩き、グループに分かれて100にまつわるアクティビティを行います。アタシは100本ほどの木の枝を使ってティピを作るというもので、あるグループは公園を作り、あるグループは大きなティピを作りました。ランチはサンドイッチ、午後も少しアクティビティをこなしてから、また4キロを歩いて帰りました。曇り空でしたが、連日の雨の合間だったので、ラッキーだったといえます。

そんなことがあって、すっかりひな祭りの日を忘れてしまいました。でも、おばあちゃまが持ってきてくれたひな人形がこうして笑顔でいてくれるのは何だかうれしいです。近所の桃もキレイに咲いています。春が近づいているのを感じる今日このごろです。









クレープと節分

おにのミミズを不思議そうに見つめるすみちゃん

2月2日はフランスのクレープの日でした。La chandeleurという宗教の日です。今年はミミズもクレープを作りました。具はNutellaというチョコレートで、味見と称してけっこう食べていました。

で、2月3日は節分でした。今年も大豆を煮て作りました。節分の豆のように豆を炒てもよかったけれど、すみちゃんも食べられるようにやわらかい大豆で豆まきをしました。そして恵方巻、年々、いい加減になりますが、いちおう方位を見ながら食べました。ミミズは目をつぶって願い事をしていました。

旧正月を迎え、本格的に新年がスタートしました。今年は日本に行くという大きなイベントがあって、ちょっと緊張しています。すみちゃんとの旅行はどうなるのか、果たして一緒に旅行できるのかなど、コロナ渦でわからないことだらけですが、少しずつ計画していこうと思っています。

2022年、すばらしい年になりますように。





2021年クリスマス企画☆紙芝居づくり②

クリスマスのバカンスは、バタバタと過ぎていきます。年末だから大掃除をしたいと思ったり、クリスマスだから家でダラダラ過ごしたいと思ったり、そんな気持ちが錯綜しながらあっという間に終わってしまうものです。でも、今回は紙芝居を作ってみようということになり、忙しい中でも楽しみました。いいアイデアだったなぁと思います。

紙芝居の絵ができあがり、日本語とフランス語のお話をつけました。絵の描き方は、クレヨンと水彩絵の具を使って、夜空に星や月がきれいに輝くようにしていました。クレヨンで星などを描き、夜空は水彩絵の具です。少し雑な個所もありますが、全体的に上手に描けました。

ひとつ失敗というか、ちょっぴり後悔しているのは、もう少し厚手の紙を使えばよかったということです。水彩絵の具を紙面全体に使っているので、紙が水っぽくなり、乾くと波打ってしまいました。でも、まぁ、こうして見てみると、そんなに気にならないです。せっかく日本語とフランス語でお話を書いたから、学校とか家族に見せたら?というんだけど、恥ずかしいから嫌だといいます。残念。

日本語のお話はこんなふうです。まいごのお星さまが家族を探しています。星に聞いてもわからないので、太陽に聞いたり道を歩く女の子に聞いたりします。そしてお月さまに聞くと、北の空に星の子を探している家族がいると聞くのです。まいごのお星さまが急いで北の夜空へと旅立ち、家族(北斗七星)に会えるという話です。最後に、夜空を見上げて北斗七星を見ることがあったら、ぜひこのお話を思い出してくださいとまとめたんだけど、フランス語をサポートしたパパはその部分を入れていません。なぜだろう?

ところで、紙芝居はKami-shibaiと翻訳されることから、日本のものだということがわかります。アタシは昨年、日本の文化を紹介するアトリエをミミズの学校でやりましたが、先生に話したらきっと興味を持つのではないかと思います。できれば、紙芝居の舞台を木で作りたかったんだけど、上手に作れる自信がないので止めました。日本に行ったら100均素材で作ってみたいです。

今回のちょっとした創作は家族でなんやかんやとやったものです。8枚ほどのお話ですが、ちょうど日本語の国語の教科書にも、お話の作者になろうという項目があって、お話を考える課題があったので、おうち時間が長いいまだからこそ、家で作ってみるのも楽しいのではないかと思います。











朝4時プレゼントを確認【サンタさんがやってきた】

アタシはキリスト教徒ではありませんが、サンタさんが世界中の子どもたちにプレゼントを届けにやってくるという話はとても夢があると思っています。だから、ミミズが生まれたときから、ずっと12月25日にサンタさんがやってくるから、12月に入ったらサンタさんに手紙を書いて、プレゼントを頼むということをやっています。8歳のミミズはそろそろサンタさんって本当にいるのだろうかと微妙に思いはじめていて、クラスの子たちから「親が買ってくれるんだ」などと吹き込まれたりしますが、「サンタさんのことを信じない子の家にはサンタさんはやってこない」と言い張っています。

そんなわけで、24日の夜を迎えました。相変わらずあんまりやさしくない態度に、パパから怒られ、ママとも言い争い、この日の夜も涙を流しました。「でもね、クリスマスには奇跡が起こるんだよ」と言って、ミミズは23時ごろにやっと眠ってくれました。

さっそくパパとお仕事です。このクリスマスのお話しは、それぞれの家にいろんな人の分のプレゼントが届きます。たとえば我が家の場合、パピーやマミー、おじさんやおばさん、いとこたちなどです。で、その山のようなプレゼントを25日の家族でのランチに持って行くのです。というわけで、アタシたちは20人分のプレゼントを一斉に包みました。気づけば1時を過ぎていて、アタシは2時ごろに床に就きました。

いつもだったら9時ごろに目を覚ますミミズは、どういうわけだか3時ごろに一度アタシを起こしました。「プレゼントが届いているかどうか気になるから見に行こうよ」と言います。アタシは本当に眠たくて、「ママ、まだ眠たいからひとりで行って来れば?」というと、「ひとりは嫌だ」といいます。クリスマスツリーは畳の部屋に飾っていて、アタシたちはその上の部屋で寝ています。

ミミズはどうしても気になって、4時ごろに「ママ、プレゼントが見える気がする」といいます。もう仕方ない。クリスマスだし、4時にプレゼントを開けたのです。いやいや、眠たかった。

日本のサンタさんからはキッズスマートウォッチ、フランスのサンタさんからは髪の毛の色が変わるバービーです。ママの書道の筆、絵本2冊、すみちゃんの洋服、おやつなどなど、たくさんのプレゼントをいただきました。ありがとう。

そして、お昼にパピー宅へ行くと、またたくさんのプレゼントがありました。サッカーのウエア、空手バービー、ゲーム、チョコレートの山です。これからどんどんいろんな人からもらい、お返しし、ということを年内繰り返します。

今日は0時まで映画を見ています。ま、たまにはね。明日はおばあちゃまとスカイプです。クリスマスって楽しいね。









2021年クリスマス企画☆紙芝居づくり①

さっそく紙芝居づくりがはじまりました。工作好きのミミズは早く絵を描きたくて仕方がありません。でも、紙芝居は順を追って作らないと失敗します。今日はお話の流れを決めて、何枚ぐらいの紙芝居にするのかを決めました。

どんなお話にしようかというのは最大のテーマです。いろいろ話し合った末、迷子になったお星さまの話にしようとなりました。で、タイトルは「まい子のお星さま」です。お話の内容も、いろんなアイデアを出し合って、だいたい決まりました。最終的に8枚のお話になりました。

まい子のお星さまが家族を探します。まず星たちに聞き、次の日の朝、太陽に聞き、道を歩いている女の子に聞きます。女の子が、夜になるとお月さまに聞いてみたらどうかと提案し、お月さまにも聞きます。そうしたら、北の空に家族を探していた星たちがいたことを教えてくれます。で、まい子のお星さまは北を目指し、家族と再会するという話です。

紙芝居の作りを研究しながら、何枚目の絵の裏に何枚目のお話を書くのかなどをチェックしました。全部オッケイです。で、一枚でもいいから絵を描きたいミミズは、絵を描きはじめました。ポイントは大きく描くこと、真ん中に描くことです。星の絵はクレヨンを使って、夜空を水彩絵の具で描くと、星が浮き出すようにきれいに見えます。このアイデアは明日、実践してみようということになりました。

ついでに、ではないけれど、紙芝居の舞台も作りたいなぁと調べてみましたが、ちょっと大変なDIYになりそうです。クリスマスには間に合わなさそうなので、とりあえず、A3の紙が入っていた紙のケースを使って、紙芝居の舞台を作ることにしました。これは、アタシが作ってみようかなと思っています。

というわけで、紙芝居づくりがはじまりました。









クリスマスのバカンスがはじまった

村にやってきたサンタさんと

ミミズ、フランスの小学3年生、今日からクリスマスのバカンスがはじまりました。思えば、バカンス前の最終日、ミミズたちはクリスマスをひとりで過ごす人たちへのプレゼント製作をしていました。日本の小学生ってこういうことをするのだろうかと思いを馳せましたが、よくわかりません。

いずれにせよ、日本の小学生に比べると、格段に勉強をしていないのではないかと思うことがあります。ただ、アタシが小学生だったころって、いまから40年以上も前の話で、子どもの数が信じられないほど多く、しかも都会の小学生だったから、こんな田舎の小学生と比較するのは見当違いなのかもしれません。来年、日本に行く予定なので、そこでちょっとでも違いを感じるのかなぁと思います。

ところで、このクリスマスのバカンス前に、ミミズは工作の本を借りてきました。先生に何か作ったらぜひみんなの前でプレゼンをするようにと言われましたが、たまたま今日の昼ごろ、おばあちゃまとスカイプで、いとこのネズミくんが紙芝居を作ったという話を聞いたので、アタシたちもこのバカンスで作ってみようということになりました。

紙芝居のストーリーはだいたい決まりました。タイトルは「まい子のお星さま」です。まい子になったお星さまが家族を探す話で、7枚ぐらいの紙芝居になる予定です。7枚のお話の展開は決まったので、どんな絵を描くのか、どんな物語にしていくのかになりますが、フランス語で書くため、パパの協力も必要です。

ところで、紙芝居はフランス語でKamishibaiといいます。つまり、日本のものということになります。今年、学校では、アジアがテーマなので、紙芝居づくり、先生が興味を持つかもしれません。ちょっとがんばってみようと思います。乞うご期待。