9歳になりました【フランスで生まれ日本語で育って】

5月1日、アタシは母9歳となりました。ミミズが生まれたときのこと、大きくなっていった日々、いろいろ思いがよぎりました。4月のはじめから誕生日までのカウントダウンがはじまり、5月1日、パッと目が覚めてスミちゃんがいる居間へ行きました。居間のテーブルには小さなお花と本のプレゼントが。本当は先月、親友とプレ誕生日会を開いたのでプレゼントはなしだったんだけど、最近映画で見たLe petit Nicolasと、Roald Dahlの『チョコレート工場の秘密』を買いました。プレゼントを期待していなかったので、小さく喜びました。

午後、パピー宅へ行くと、親戚がたくさん来てくれて、プレゼントをたくさんいただきました。大喜びで楽しいひとときを過ごしましたが、パピーが修理した小さなバイクでグルグルと走り回り、パパとパピーは大喜び。パパは「小さい頃の自分にそっくりだ」と嬉しそうでした。

ところで、今月、何か大きな出来事が起こらない限り、日本へ行くことになるはずです。急に決まったことなので、ミミズの気持ちがちょっと不安定ですが、きっとすべてうまくいくと元気づけています。毎晩、足と腕が筋肉痛になって眠れないなど、ちょっと心配もありますが、新しい生活に向けて一歩がはじまります。

そんなミミズですが、ここ最近の反抗ぶりがかなりすごいです。反抗的な態度、適当な返事、やることはやらないなど、こういう反抗期は小学3年生からはじまるのか…と驚きました。アタシに対する態度とパパに対する態度はちがっていて、パパへの態度がすこぶる悪くてビックリです。アタシもこんなふうに言えていたら、父との関係はもう少しよかったのではないかとも思います。

パパに対する態度は大人顔負けで。フランス語も負けません。ネイティブではないアタシでさえ、そんなこと親に言ったらマズいだろ…と思うような汚い言葉(Gros mots)を使うこともあります。この年齢でこんなふうな言葉を使うものかどうか、ちょっとわからないのですが、同級生の親も「うちもそうよ」という人が多いです。

ただ、パパも言っていたけれど、アタシたちの世代は、親にそんな態度を取ったらとんでもないことになったものです。だから、やっぱり彼女の態度は現代的なんだなと思います。また、ミミズに言いくるめることはもうむずかしいです。「食べたらちゃんと片づけなさい」「パパだって出しっぱなしでしょ」とか、「そういう言葉を使ってはいけない」「パパだって使っているでしょ」とか、大人のやることもしっかりと見ているし。ま、お互いに育っていくというやつでしょうか。

よかれあしかれ、言いたいことを素直にいえるミミズ、日本の厳しい社会にうまく対応できるのか。不安もありますが、これからもアタシたちのアヴァンチュールが続きます。







投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です