映画を見て感動して泣く【子どもの感受性について考えてみる】

ミミズは最近、アンパンマンや子ども向け映画を見て大泣きしたり叫んだりします。去年はこんなことなかったような気がするのです。8歳ぐらいになると、感情移入することができるようになるものなのでしょうか。ママに怒られて泣くのとはちがう涙です。

アンパンマンの映画を見たのは1~2週間前です。久しぶりに映画を見て、本気で大泣きしました。「いのちの星のドーリィ」という映画です。人形だったドーリィが命をもらったのですが、わがままし放題でみんなを困らせます。ところが、アンパンマンや友だちの言葉に心が動き、死にかけていたアンパンマンに最後のいのちの星をあげて、亡くなってしまったのです。ビデオを止めて大泣きし、アタシの胸で「ドーリィが……ドーリィが……」と信じられないほど泣きました。実はこの映画、もう何度も見ている映画なのに、「もうこれ以上、つらくて見られない」というので、「最後まで見てみないとわからないよ」といっしょに最後まで見ました。

実は今日、この冬にフランスで公開される「でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード」という映画を見てきました。映画の大半は思わず声を上げてしまうほどおかしな映画なのですが、ちょっと悲しいシーンがありました。で、ミミズが鼻をすすって泣き、アタシの胸で泣きながら見ました。実はアタシもちょっと涙が出たのですが、ミミズほどではありませんでした。

ミミズは感受性が豊かなのかどうかわかりませんが、感情に対する表現はとても豊かです。アタシたち親子は、お互いにお互いが唯一の日本語話者であることから、細かいことまで話し合ってきているせいかもしれません。でも、学校でフランス語を使って、同じようにいろんなことを表現できているのか微妙です。基本的には女友だちが苦手なタイプです。昨年まで仲のよかった子が突然、いじわるになったとき、すごく悩んで別の子と仲良くなり、いまでは毎日、とても楽しく過ごしていますが、フランス語でのやりとりが原因だったのではないかとちょっと思うこともあります。

感受性が豊かであることは、ときに精神的に弱いという面もあります。あまりにいろいろな出来事に心を動かされてしまうと、つらいことに耐えられなくなってしまうのではないかと思うこともあります。ただ、アタシの個人的な経験として、感受性が豊かであることは、必ずしもマイナスではないと思います。心が受けたさまざまな感情が、大きくなってさまざまな出来事と対峙したときに役立つというか、自分自身を導いてくれることもあるからです。

同じように、ミミズが大きくなってもっと複雑なことに悩んだり、いろんなことと対峙したりしたとき、こうした経験のひとつひとつがミミズを導いてくれたらと思います。そして、ひとりではどうにもならなくなったとき、アタシにぶつかってくれたら本当にうれしいです。そんな最後の砦になれるように、毎日、アタシ自身もいろんなことを学んでいるんだなと思います。






スマイルゼミで無学年学習コアトレというのがはじまるそうだ

アタシたちはスマイルゼミの大ファンです。ミミズがここまで完全に日本語とフランス語を操れるのは、幼稚園のころからスマイルゼミをはじめたおかげだと思っています。アタシは別に教育ママではなく、ただ単にミミズには国籍を選ぶ22歳になったとき、フランス語がわからないから日本国籍を選ぶとか、日本語がわからないからフランス国籍を選ぶとか、ネガティブな理由で国籍を選んでほしくないという理由で、2歳のころから日本語の勉強をはじめ、フランスのCPがはじまる年の夏休みからスマイルゼミをはじめました。おかげで現在までは日仏の完璧なバイリンガルです。

そんなスマイルゼミから先日、メールが届きました。2022年からコアトレという無学年学習カリキュラムがスタートするというニュースです。伸びしろのある教科は自由に伸ばしていけるシステムなのかなというのがアタシの想像です。特定の教科が得意な子には朗報だと思います。ただし、ミミズにはどうだかわかりません。勉強嫌いを公言していて、以前、発展クラスを受講していましたが、むずかしくて普通クラスに変えました。ただ、英語は好きなので、プレミアムというランクアップの講座を受講していて、もっと勉強したがっているので何かあればいいなと思います。スマイルゼミからのニュースでは、このコアトレは国語と算数だけみたいですが…。

スマイルゼミをうまく進めていくには、親もいっしょに楽しむことだと思います。いっしょにやっていくことで、ミミズがミスをするのはしっかりと設問を読んでいないからだということがわかったり、実は朗読がとても上手だということがわかったり、新しい発見があるからです。また、スマイルゼミでは、親子がメッセージでやりとりできるシステムがあって、仮に親が働いていても、子どもが何をやったのかがわかるので、応援メッセージを送ることもできます。我が家では、日本のおばあちゃんからもメッセージが受け取れるようになっていて、おばあちゃんからのエールが届くと喜びます。

そんなわけで、海外で子育てをされていらっしゃる方、何らかの理由で学校に通っていない子どもがいらっしゃる方などにスマイルゼミはおすすめです。



サッカー少女となる

ミミズは4歳から柔道を習っています。今年で5年目、「私は5年、柔道をやっているよ」と自慢げに話します。これまではスポーツと言えば柔道で、すべてのアクティビティに参加してきました。でも、今年、サニタリーパスが導入されてからは、かなりモチベーションが下がっています。柔道施設に出入りするにはサニタリーパスが必要です。つまり、持っていないと入れない。12歳未満は必要ないけれど、子どものサニタリーパスが導入されたら、ミミズは柔道を止めるしかありません。

サッカーも同じように12歳以上の人はすべてサニタリーパスがないと練習できません。でも、道場ほど厳しくはなくて、アタシたちも自由にグラウンドに出入りできます。そんなわけで、ミミズは最近ではサッカーの方が好きなのです。

この9月からはじめたばかりですが、モチベーションがとても高く、試合にも積極的に参加しています。もうすっかりチームのメンバーで、親たちとも楽しくやっています。試合というのは5人対5人の小さなグループに分けて行うもので、試合は6回ぐらい行います。けっこうハードです。ミミズはチーム内でも3番目ぐらいのグループに配属されます。上手な子たちのグループだとパスさばきなんかもうまくて見ごたえがありますが、ミミズのグループだとボールにみんなが集中してあちこち翻弄されるような試合展開になります。それでも、コーチたちは必死にほめてくれ、はじめたばかりなのに上手だと言ってくれます。

来週の土曜日は、午前中にサッカーの試合があって、午後には柔道の試合もあります。両方とも出るとがんばっていますがダイジョウブかなとちょっと心配です。来週の木曜日、抗原検査を受けてサニタリーパスをもらう予定です。







犬を飼いはじめて子どもに起こった5つの変化

ペットを飼うことは子どもの生育にいいと言われています。ミミズの場合、どんなふうにいい影響があったのか、どんな変化が起こったのかということを、簡単に記録しておこうと思います。

①目覚ましが鳴ったらすぐに起きるようになった

我が家に来てくれたフレンチブルドッグのすみちゃんは、1階の居間にいます。ほかの部屋にはまだ入れていません。そのため、すみちゃんに会いたくなったら、1階の居間へ行くしかないのです。すみちゃんとの生活が我が家ではじまって以来、ミミズはスマイルゼミのアラームとともにパッと起きてすみちゃんに会いにいきます。朝、ふとんでダラダラすることがなくなりました。

②勉強をパッとやるようになった

ミミズの朝はスマイルゼミとともにはじまります。7つのミッションを毎朝やって、終わらなかったら学校の後にやります。さらに学校の宿題、漢字と硬筆とおはなしドリルをやります。ダラダラやっていると一日中かかってしまうこともあって、そうなると一日中勉強しているような気分になり、文句や不満が増え、ケンカになることがよくありました。でも、すみちゃんが我が家に来てからは、早く終わらせてすみちゃんと遊びたいため、パッと勉強するようになりました。

③家族の共通の会話が増える

もともと我が家はうんざりするほどおしゃべりなパパとミミズでにぎやかですが、すみちゃんという共通の話題があるため、会話が増えます。家族であまり会話がない場合、かなり顕著にちがいがわかるのではないかと思います。どんな様子だったのか、どんなかわいいことをやったのかなど、アタシたちの話は尽きません。

④家をきれいにするようになった

すみちゃんが居間にいるため、居間をきれいにしました。モノの多い家ですが、毎日片づけて、なるべくきれいにしています。ミミズも片づけをよくやるようになりました。

⑤犬への責任をしっかりと持つようになった

ミミズには兄弟がいませんので、すみちゃんが来てくれたことで姉としても責任や自覚が生まれました。すみちゃんはトイレがうまくできず、汚くなることもありますが、しっかりとお世話しています。基本的にはミミズは遊び担当ですが、ミミズといられる時間はしっかりと面倒を見てくれます。

いいことばかり挙げましたが、悪いことはといえば、やっぱり家が少し汚くなってしまうこと、ごはんやティッシュなど消費するものが多く、お金が少しかかること、世話しなければならないから時間が取られることなどでしょうか。また、場合によっては苦情などが出てくることも考えられるかもしれません。

とにかくかわいいから心が癒され、明日の元気へとつながるような気がします。犬、おすすめです。






ペットはやっぱり子どもの生育環境にいいみたい

月並みと言えば月並みだけど、犬や猫といった家族同然にかわいがることのできるペットは、子どもの生育にいい影響を与えるような気がします。

我が家にはわりと前から小鳥がいます。現在、4羽、お世話のほとんどはアタシがやっていて、ミミズもかわいがっていますが、ミミズが世話するペットではありません。アタシはかなりかわいいなぁと思っているんだけど。

で、たまたまパパの親友のブリーダーが、生まれた時に脱腸で、手術を2回もしたため、売ることができないフレンチブルドッグの引き取り手を探しているということで、我が家で引き取ることになったのです。この赤ちゃんのママは、ルビーという白と黒のとてもかわいいフレンチブルドッグで、アタシのお気に入りでした。で、この秋休みにもらいに行ったのです。

名前はすみちゃん、本当はるみという名前にしようと思っていたのですが、今年生まれた犬にはSが頭文字になる名前をつけるのが慣例となっているといわれ、RumiからSumiとなりました。ミミズもアタシも書道をやっていて墨をよく使うし、ちょっと和の雰囲気の名前だし、すっかりすみちゃんで定着しています。

ミミズは本当にうれしくて、彼女のできる範囲でしっかりとお世話しています。脱腸の手術をしたせいで、トイレトレーニングがむずかしいすみちゃんのトイレのお世話もちゃんとやってくれます。おもに遊び担当で、すみちゃんもおねえちゃんといっしょに遊びたがります。小さな妹ができたみたいな印象です。

それでいろいろ考えてみると、Youtubeを見る時間がだいぶ減ったような気がするのです。朝からずっとお世話をしていると、夜になると疲れてくるようで。夜ご飯の後はボーっとYoutubeを見ています。でも、それまでの時間、本当によくすみちゃんと遊んでくれて、「すみちゃんがうちに来てくれて本当にうれしい」と毎晩、寝る前にいっています。

ミミズのお世話ぶりを見ていると、2人目がいたらこんなふうにお世話してくれたんだろうなぁって思います。けっこうがんばって不妊治療しましたが、2人目は来てくれませんでした。だからいま、小さなフレンチブルドッグのすみちゃんと本当に楽しいひとときを過ごしています。家族のつながりが深まるペット、かなりおすすめです。