少し大人のドラマを8歳の娘と見て思うこと

8歳のミミズは将来、交番のおまわりさんになりたいという夢を幼稚園のころから抱いています。しかも、ミミズの憧れのおまわりさんは日本のおまわりさんで、フランスの不愛想なおまわりさんではありません。そんなわけで、いまちょうど放映されているハコヅメ〜たたかう!交番女子〜は、母娘で楽しく見ているドラマです。

で、つい先日、毎回のようにいっしょに見たのですが、彼女の感想やら意見のおもしろいこと…。8歳の子どもって、予想もつかない想像をして、まったくストーリーを理解しないんだということがわかりました。

今回のお話は、主人公の新人交番女子(ミミズは彼女に自分を投影しています)がイケメン消防士にお姫様抱っこされたり、その彼と初めてのデートに出かけることになったり、デートの途中で帰ったり、先輩交番女子の同僚の先輩たちが出てきて、先輩の秘密が少しずつわかったりと、話の展開がいろいろあっておもしろい回でした。イケメン消防士のシーンでは、まるでドラマの二人のようにキャーキャー言いながら盛り上がり、はじめてデートに出かけるときになったときも「ワタシがはじめてデートするときもこんなかわいいワンピース着たいなぁ」とか、普通の女子トークに楽しんでいたのですが、先輩交番女子の同僚が出てくると、「どうして先輩の仲間は怖いの?」とか「いうことを聞かないといけないの?」など、日本的な上下関係のことがよくわからなかったり、先輩の秘密のシーンになると、なぞを呼ぶ写真の意味がどうしても理解できなくて、しまいには「わかった!」といかにも大発見したかのように喜びながら「本当はあの女の子は主人公の新人交番女子なんだよ」と、ミミズが大好きな幽霊話の方に話が発展していくのです。

また、前回の話ではアルツハイマーの男性が出てくるんだけど、何度説明しても記憶がなくなるという意味がわからなくて、「どうしてあのおじいちゃんは変なことを言うの?」と何度も聞いてきました。最後に介護疲れした男性の妻が思い詰めた行動に出たときも、「どうしていつも笑っていたおばあちゃんが急にいじわるになったの?」と、アルツハイマーの男性と同じことを言うのです。

つまり、映像と単純なストーリーはちゃんと理解できるのに、映像がない話とか、ちょっと想像しなければならない話はまだ理解できないんだなぁということが分かったのです。このことから、ミミズがいつも同じことで怒られたり、言われたことがうまくできなかったりするのが、何となくわかったような気がしました。

で、最近、ちょっとミミズに対する見方が変わったのですが、この前、車に乗っているとき、外を見ながらうなずいていたので、どうしたのか聞いてみたら、「秘密の話なんだけど知りたい?」と言って、「マイクラ(というゲーム)に出てくる木の幹とまったく同じ木の幹があったの!」と、実にどうでもいいことを納得したかと思ったら、今度はクラスメイトのひとりで、いつも先生に怒られる子が、どうしていじわるなのかを真剣に考えていたり、あの小さな頭で、それなりにいろんなことを感じているということもわかったのです。

そんなわけで、ミミズの成長ぶりがちょっとわかったあのドラマに感謝です。次回もまた楽しく見ようと思います。









サニタリーパスなしでも湖で遊ぶ

ワクチンがほぼ義務となり、アタシたちが住んでいる地域のほとんどの人がワクチンを打っている現状において、サニタリーパスがない人たちは本当に生きにくい毎日です。でも、サニタリーパスがなくてもバカンスを楽しみ、夏を謳歌しています。

先日、我が家から車で1時間ほどにある小さな湖に行ってきました。外周2.5キロの湖で、一部がビーチのようになっています。パパの友だちがうちに泊まっているのでみんなで遊びにいきました。ミミズは6時間ぐらいずっと湖で泳ぎっぱなしでした。

パン、チーズ、ハム、飲み物、ポテトチップス(フランスのピクニックの定番)を近くのスーパーで購入して、天気のよかったこの日、夜8時ごろまで湖で遊びました。アタシは3時間ほど湖で遊んだら何だか疲れてしまい、岸部でシエスタ。そのおかげで体調が悪くなりましたが、湖の周りを歩いたりして、アウトドアを存分に楽しみました。

夕方が近くなると、バイクに乗ったおまわりさんたちが見回りに来ていましたが、別に問題なし。近くに一軒レストランがありましたが、別にレストランに行かなくてもこんなふうに楽しめます。

まだ2週間ほど残っているミミズのバカンス、天気がいい週末はまた出かけようと思います。











小さいころからの夢は交番女子

ちょうどいま日本でドラマになっている交番女子。ミミズは小さいころから一貫して交番女子になりたくて、2年前のクリスマスには警官の制服をサンタさんにお願いしました。変わらずいまも交番女子になりたくて、このドラマ、ふたりで楽しく見ています。

「交番女子はしっかりと日本語を勉強しなきゃね」とか「親切にしないと日本のおまわりさんにはなれないよ」など、いろんなことを言いながら、この夏もしっかりスマイルゼミを続けています。「何でワタシだけバカンスなのに勉強しないといけないの?」というから「日本では夏休みにたくさん宿題が出るよ」と言ったり、「フランスと日本の家庭に生まれたミミズはスーパーウーマンなんだから」と励ましたり、ときに怒り合ったり言い合ったりしながら、コロナ下の夏を過ごしています。

フランスでは、コロナ感染緊急対策のワクチンを打たないと、ほとんどの余暇活動ができなくなりました。プールも花火大会も、スポーツジムもダメです。9月からは柔道もダメになりました。さらに昨今、11歳以下の子どもにもワクチンをという議論まではじまっていて、一部の識者から批判が出たり、擁護する人がいたりと、もう毎日うんざりです。

というわけで、本日、おそらくフランスで最後の柔道のお稽古です。ミミズは続けますが、アタシはしばらくお休みです。ミミズは柔道を止めないと決意していて、その理由はドラマで交番女子たちが柔道をやっていたからなのだとか。「大きくなったら黒帯で悪い奴を退治する」と盛り上がっています。本当に交番女子になりそうでこわい…。





a8mat=3H7Y4B+AYQEUQ+4OOI+631SX” alt=””>





サニタリーパス導入は制限化の生活を考えるチャンス【フランス】

最近の話題はもっぱらサニタリーパスです。これがないとほとんどの娯楽ができなくなりました。レストラン、プール、スポーツジム、美術館、大型ショッピングモール、コンサート(なぜか野外も!)といった50人以上収容できる場所へ行く際、パスを提示しなければならなくなったのです。

そして先日、アタシたちが所属している柔道クラブも、どう考えても50人以上の人が一堂に集まるほどの大きなクラブじゃないのに、サニタリーパスがないと柔道ができなくなりました。一方、ワクチンを打てば、マスクを外して柔道ができるとか、いろんな特典があるみたいです。

ちなみに、パスの提示義務は、12歳以上からなので、8歳のミミズはワクチンを打つ必要はありません。でも、アタシがワクチンを打たないと、ミミズもこうした娯楽ができなくなります。ま、道場に連れていくぐらいだったらできるだろうけれど、今回の対応でクラブに対してがっかりしてしまったアタシは、道場に近づくのも嫌な気分になってしまいました。

そんなわけで、ミミズはとても退屈な夏休みを過ごしています。ちょっと責任を感じるけれど、アタシは外出時にマスクを着用して、人との距離を保って、消毒したりうがいをしたりと、日々、気を付けるべきことを続けて、自らの健康と家族の健康を守っているので、この制限化でできる楽しいことをこれからもっと考えていかなければと思っている日々です。

これまでは柔道があってスポーツジムがあったから、かろうじて運動も続けてこられたけれど、これからはマラソンと運動アプリをフル活用することにしました。今週いっぱいまだ柔道があるので、来週からミミズとあちこちで書ける予定です。

また、最近では家族でゲームでもはじめるかとか、そんなことも考えています。みんながやっているマイクラ、ミミズもやりたいと盛り上がっていて、体調の悪いパパがあまり運動できないので、みんなでゲームもいいかなとかね。サニタリーパス導入で、再び生活が制限されているいま、考えようによってはいろんなことができると発想を変えて、あまり卑屈にならないで過ごすことも大切かも。

でも、今回の事態でアタシたちの日本行きは強まりました。ミミズの日本社会初体験、来春までには実現するかも?