2021年クリスマス企画☆紙芝居づくり②

クリスマスのバカンスは、バタバタと過ぎていきます。年末だから大掃除をしたいと思ったり、クリスマスだから家でダラダラ過ごしたいと思ったり、そんな気持ちが錯綜しながらあっという間に終わってしまうものです。でも、今回は紙芝居を作ってみようということになり、忙しい中でも楽しみました。いいアイデアだったなぁと思います。

紙芝居の絵ができあがり、日本語とフランス語のお話をつけました。絵の描き方は、クレヨンと水彩絵の具を使って、夜空に星や月がきれいに輝くようにしていました。クレヨンで星などを描き、夜空は水彩絵の具です。少し雑な個所もありますが、全体的に上手に描けました。

ひとつ失敗というか、ちょっぴり後悔しているのは、もう少し厚手の紙を使えばよかったということです。水彩絵の具を紙面全体に使っているので、紙が水っぽくなり、乾くと波打ってしまいました。でも、まぁ、こうして見てみると、そんなに気にならないです。せっかく日本語とフランス語でお話を書いたから、学校とか家族に見せたら?というんだけど、恥ずかしいから嫌だといいます。残念。

日本語のお話はこんなふうです。まいごのお星さまが家族を探しています。星に聞いてもわからないので、太陽に聞いたり道を歩く女の子に聞いたりします。そしてお月さまに聞くと、北の空に星の子を探している家族がいると聞くのです。まいごのお星さまが急いで北の夜空へと旅立ち、家族(北斗七星)に会えるという話です。最後に、夜空を見上げて北斗七星を見ることがあったら、ぜひこのお話を思い出してくださいとまとめたんだけど、フランス語をサポートしたパパはその部分を入れていません。なぜだろう?

ところで、紙芝居はKami-shibaiと翻訳されることから、日本のものだということがわかります。アタシは昨年、日本の文化を紹介するアトリエをミミズの学校でやりましたが、先生に話したらきっと興味を持つのではないかと思います。できれば、紙芝居の舞台を木で作りたかったんだけど、上手に作れる自信がないので止めました。日本に行ったら100均素材で作ってみたいです。

今回のちょっとした創作は家族でなんやかんやとやったものです。8枚ほどのお話ですが、ちょうど日本語の国語の教科書にも、お話の作者になろうという項目があって、お話を考える課題があったので、おうち時間が長いいまだからこそ、家で作ってみるのも楽しいのではないかと思います。











投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です