わたしの人生はじまったばかり!【外出制限からテレビ付けに】

フランスは6月2日からさらにオープンになっていくようです。特別な注意が必要なエリアをのぞき、小中学校が再開、カフェやレストランなども再開されていきます。ビーチや博物館なども再開し、自宅から100km以内の制限は廃止されます。

小中学校では、1クラス15名が上限みたいです。まだ学校から正式な連絡をもらっていませんが、ミミズのクラスは本来20名ぐらいいるので、相変わらずクラスは半分で授業が行われていくことになるのではないかと。ということは、現状どおり、月火で1クラス、木金で1クラスとなり、週の半分は家で待機ということになりそうです。

来週の木曜日、ミミズは学校へ行ってみる予定ですが、さらにオープンになった学校で、はたして問題がないのかちょっと心配です。最近のニュースでは、新生児がコロナウイルスで亡くなったというニュースがありました。多くのコロナウイルスによる死亡者は、何らかの疾患を持っているという話でしたが、今回のこのケースはどうだかわかりません。

ところで、この外出制限から続く不登校の事態は、ミミズを完全なるYou Tubeファンにさせ、テレビにくぎ付けの日々へと変えてしまいました。しゃべり方が、何というか、演技風で、声のトーンが高くなり、ミミズの年齢からはまちがいなく発されないであろう表現を使うようになりました。嫌な人がいると「バカ! 死ね!」と言ったり、「わたしの人生、はじまったばっかりだから!」などと言ったり、意味もなく興奮して、泣いたり怒ったりすることも増えました。語彙が増え、表現力がより豊かになってきた反面、悪い言葉や表現も出てきているので、いい表現や悪い表現を教えていかないとなぁと思っています。ちなみに、「わたしの人生、はじまったばっかりだから!」というのは、フランスのアニメの受け売りで、ミミズなりに日本語訳したのだそうです。

とはいえ、今日まで仕事でほとんどミミズにかまってあげられず、テレビやYou Tubeに夢中になっても強く注意もできずにいたということも、大きく影響を与えたと思っています。また、一方で、ミミズがずっと家にいるというストレスもありました。6月からさらに社会がオープンになっていき、ミミズも一度学校へ行ってみるので、また少しずつ状況は変わってくるかなと思っています。



外出制限で結局3キロ太った

外出制限が解けてしばらく時間が経ち、今日はミミズといっしょに買い物に出かけましたが、さらに人々が開放的になっています。まだマスクをしている人を見かけますが、以前ほどではないし、このまま何だかすべてが元に戻ったような印象です。でも、いろんな問題が浮き彫りになってくるだろうと多くの人が予想しています。スペインにいる友だちも同じことを話していて、ヨーロッパはとんでもないことになると思っています。

さて、それまでガツガツと運動していたミミズもアタシも、この数カ月ですっかりコブタさんになりました。二人ともきれいに3キロ太りました。でも、これはアタシたちに限ったことではなく、多くの人たちが太り、ダイエットに奮闘しています。アタシたちも、そろそろ運動をはじめて、柔道の準備をはじめないとと思っています。いつ柔道が再開されるかはわかりませんが…。

情緒面もけっこう不安定になりがちで、これもまた、アタシたちだけではなく、多くの人が陥るコロナうつとかコロナ不安とかそういう症状です。ミミズはまさにコロナになってしまう不安に陥っていて、それが理由で不登校です。アタシもまた、コロナが原因で精神的に落ち込み、気分が鬱屈しています。そのせいか、ミミズの言動も何だかマイナスに働くことがあって、すぐに泣いたり叫んだりするようになりました。先日は、ちょっとママに怒られたら、「わたしの涙の箱がもういっぱいになった」と言い出し、秘密の箱に「だれもあけない」と書いていました。

それからもうずっとYou tubeづけです。最近では、「こうくんねみちゃんキッズライン」という番組のファンで、続きが見られないと言っては泣いてしまうほど。アタシはいまちょっとテレワークで働いているため、You tubeをしずかに見ていてくたほうが楽という面もあるし、ゆっくりと遊んであげることができません。毎朝のスマイルゼミや日本語の勉強、フランスの学校の課題などはとりあえずやっていますが、本当にこれからどうしたらいいのか考えるとうんざりしてきます。

これからはいろんな意味で生き方が変わっていくと言われています。アタシたちもいま、何かが変えていかないといけないなぁと思います。まずはダイエットかな。動きはじめるにはちょっと体が重たいです。



9月まで外出制限する家庭が多い

ここ最近、散歩に出ると、人とすれちがうことが増えてきました。つまり、人が動きはじめているということです。2カ月ちかく外出制限をしていたし、天気もだんだんよくなってきたし、フランスの人たちは外に出たくてウズウズしているみたいです。事実、今日はホームパーティをしている家庭も見かけました。ダイジョウブかなぁと思いつつ。

でも、多くの家庭では、子どもたちはまだ学校へは行かず、外出制限しているようです。今日、ベビーシッターをしている知り合いから聞いた話だと、同じように外出を制限している家庭があちこちにいるみたいです。多くがこのまま夏休みに入り、平常どおりに戻るのは9月ごろからだと考えているようです。

でも、現状ではまだ、9月にこの状況がどうなっていくのか見当がつかない状態です。ウイルスは秋から冬にかけて流行するわけだから、9月ごろはまだよくても、10月、11月とだんだん寒くなっていくと、また心配が増えていきます。そうなったらまた外出制限になるのでしょうか。いまだ不安定です。

そんなわけで、あと数カ月の小学1年生の学校生活がどうなるのか悩んでいるわけです。とりあえず、ミミズは6月に入ったら一度登校してみますが、もしかしたらやっぱり怖くていやだというかもしれない。そうなったらまた不登校です。朝からママと勉強するものの、ほぼ一日中、Youtubeやらアニメやらを見ながら終わります。

いずれにせよ、ミミズみたいな子はかなり多くいるように思っていて、アタシは最近、こういう子どもたちをもっとサポートしてあげられる現場で働きたいと思いはじめています。いま模索中ですが、おそらくこの気持ち、だんだん固まりつつあります。

ところで、今日はそんなわけで、いつもとはちょっとちがうエリアを散歩したのですが、散歩して帰ってきて、家で遊んだりYouTubeを見たりして、さてお風呂に入ろうと服を脱いだら、何とミミズが大切にネックレスにつなげていた鳥さんとガラス細工がなくなっていました。ミミズ、大泣き。でも、散歩の後に撮った写真を見たら、なくなったはずの飾りが胸にぶら下がっていました。ということは、家の中か庭でなくしたということになります。

明日はそんなわけで宝探しの一日となりそうです。



外出制限解禁後の初登校は6月4日

とうとう学校へ行ってみることにしました。もちろんまだ怖いんだけど、とりあえず6月に入ったら1回だけ行ってみることにしました。ミミズの学校では、1週間前に校長先生に申請を出して、グループA(月火)かグループB(木金)のどちらのグループになるのかを聞きます。で、ミミズはBになりました。つまり、初登校は6月4日です。

日本のお友だちが、久しぶりの学校に喜んでいる姿を見せてくれましたが、ミミズはそんなふうに喜んでいる風ではありません。「とりあえず1回だけ行ってみる」という感じです。家でママといっしょに過ごすのでいいみたい。この外出制限の間に、そんな雰囲気ができ上ってしまいました。悪いことではないけれど、ちょっと心配です。

学校の先生だって大変です。学校ではものすごい神経を使って生徒対応に追われ、その日の夜には自宅待機している一部の生徒のために課題を送るわけです。プライベートも何もありません。学校が再開してからは、遠隔での授業がなくなりましたが、先生が授業の様子をビデオに撮影してくれて、それを見ながら勉強して課題を提出します。しかも、とても細かく見てくれます。この状況下でフランス語と算数の試験も何とか行い、ミミズはフランス語18/20、算数19/20という好成績で2年生に進級することになりました。

このままコロナ新型ウイルス騒動はどうなっていくのだろう。不安はいっぱいです。フランスでは、銀行口座のお金の引き出しに制限がかかったり、ド素人のアタシでもわかるようにジワジワと経済不安を感じるようになっています。やはり将来は日本の方がいいのではないかとか、いろいろなことを考える毎日です。そんな大人たちの不安をよそに、ミミズは最近、思い切りYou Tubeにはまっています…。



2カ月ぶりの買い物へ出かける

2カ月近くに及んだフランスでの外出制限が解禁され、町や村に活気が戻りつつある昨今ですが、まだまだコロナウイルスの恐怖とは隣り合わせの生活を送っています。町の近くの小学校でコロナ感染者が出たために再び閉鎖されたりしていますが、人はそんな中でもたくましく生きています。

でも、ミミズはまだコロナウイルスが怖くて、なかなか出かけることができません。でも、今日、諸事情により、三人で買い物に出かけることになりました。いっしょに車でモールへ行き、アタシはスーパーへ、パパとミミズはDIYの店へ立ち寄り、スーパーのパーキングでアタシを待つという流れでした。

スーパーはだいぶ買い物客が増えていました。アタシはいまだにマスクとゴム手袋を身に着けていますが、もうマスクすらつけていない人もいます。子どもも来ていました。学校にいけない子どもたちだけで留守番させるわけにはいかないので、仕方のないことです。アタシのようにマスクとゴム手袋で完全防備している子もいましたが、あちこち走り回る子どもを叱りながらも野放ししている家庭もいます。何だかよくわかりません。

スーパーでの買い物を終え、パパに電話をすると、近くのスポーツショップにいるといいます。ダイジョウブだろうかと心配になりましたが、すぐにスーパーで合流しました。「パパにね、ボールを買ってもらうの」と嬉しそうなミミズ。スポーツショップに行くと、信じられないほど賑わいでいました。「店内では人との距離を1m以上取ること」と書かれた張り紙のそばで子どもたちが走り回っています。本当にこれでダイジョウブなのだろうかと心配です。ミミズも何だか久しぶりのお買い物が嬉しいらしく、あれでもない、これでもないと、いろいろ検討し、ボールを買ってもらいました。

「久しぶりのお買い物、楽しかったでしょ?」と聞くと、「別に…」と返ってきましたが、嬉しかったみたいです。家に帰るとボールで遊びはじめました。

今日、買い物に出かけて、あまりにも開放的で驚きました。社会が少しずつ正常化していくことは大切ですが、突然、ここまでオープンになってしまうと、コロナウイルスの第二波がすぐに訪れるのではないかと不安になります。とはいえ、あまりにも引きこもってしまうのもよくないので、本当に対応の仕方がわからなくなります。ただ、ミミズは6月に入ったら1回だけ学校に行くという気になったので、少しホッとしています。いろいろ心配ではあるものの、学校生活は大切だし、お友だちとの交流だって重要です。



フランス外出制限解禁1週間でふたたび学校が一時閉鎖…

1週間前、フランスは外出制限を解禁しました。ミミズの学校ははじまりましたが、ミミズはまだ怖くて家にいます。近所の仲のいい子どもたちは、学校に行く子も行かない子もいますが、これまでの遠隔授業はなくなり、学校から膨大な課題が送られてくるようになりました。この1週間、実に大変でした。

まず算数とフランス語のテストがありました。先生からテストの模様を録音したデータが送られてきて、それを聞きながら同じようにテストを行いました。ミミズは、まあまあの成績でしたが、学校で行われるであろうテストの状況とはやっぱり違っていて、集中力もかなり落ちている中で行いました。

それから、たくさんの課題が定期的に送られてきて、それをこなすのはとても大変なことです。細々と働いていることもあって、毎日、学校に通っている子どもと同じような分量の勉強はできませんので、時間がある日の午前中は、半ば強制的に勉強しています。スマイルゼミのおかげで、日本語を使った勉強もやっていますが、いまフランスにいるため、フランス語での理解も大切です。家庭でフォローできる範疇を超えています。

日本でも、どうやら似たような状況になっているようで、ステイホームが解禁になった学校の生徒たちは、いつ、また学校が閉鎖されるかわからないために、ものすごい勢いで勉強させられているようです。フランスでも、というか、アタシたちが住んでいる村でも、少し似たような状況になっていて、おそらく働いている家庭は大変だと想像します。

そんな折、今日の地元新聞に、ふたつの学校がふたたび閉鎖になったというニュースがありました。感染者は学校職員のようですが、月末まで学校がクローズになったとのことです。この1週間の外出制限解禁で何か動きはないのか気にしていましたが、やっぱり怖いです。ミミズの学校は、完全にクラスをふたつに分けて、15人以下の小グループで授業やアクティビティ、給食が行われています。給食も、食堂には15人以外誰もいない中で食べるみたいです。ミミズ、いよいよ友だちが恋しくなって、もう少ししたら学校に行こうかなと言っています。が、今日のニュースを見て、ちょっと怖くなりました。

ずっと家にいても退屈だったりストレスがたまったりするし、コロナウイルスが完全になくなるのはまだ先だということなので、ウイルスに感染しないような行動を取ることに慣れていく必要があるかとも思うのですが、判断がとても微妙です。



コロナが怖くて不登校でもしっかりと成長している

今週から外出制限が解禁となり、何となく社会が動きはじめています。マスクと手袋を身につけながらの買い物も慣れましたし、距離を取って話したりするのにも慣れてきました。散歩をしても人の出が増えていて、道行く人とあいさつをしたり、少しおしゃべりしたりします。ミミズは、散歩に出るのは平気だけど、学校には行きたくないのだそうです。

コロナになりたくないから学校には行きたくないというので、引き続き、先生からの指示に従いながら勉強を続けていますが、アタシも働いている身なので、できるときにやるという感じになっています。それでもスマイルゼミは毎朝やっていて、日本の学校で習う内容はとりあえずカバーできているので、本当にこのスマイルゼミは買ってよかったと思っています。

この数カ月でだいぶ太ったアタシたち。それまでけっこうハードに運動してきていたので、歴然と体重に現れています。ミミズもアタシも、3kgは太りました。自らをコントロールするのは本当にむずかしいなと実感します。腕立て伏せが重たくてできなくなってしまったり、ちょっと動くだけで息が上がります。もう少しハードに運動をはじめないといけないなぁと思っていますが、いつになることやら…。

そんな中、ミミズの前歯が動きはじめました。前の2本です。右側はもうすっかり大きく大人の歯が出てきていて、乳歯の前歯を前に押しているので、歯が前に出ているように見えます。これまで抜けてきた歯の倍ぐらいの大きさがあるので、きっと抜けるときはもっと痛いだろうなぁと思います。ミミズが寝た後、こっそりグラグラと動かしています。不思議なことに、寝た直前に歯を動かしてもまったく反応しません。一方、朝、目が覚めたときに同じことをやると、眠っていますがすぐに嫌がるそぶりをします。おもしろい。睡眠の深さが明らかにちがうのがわかります。

外出制限が解禁されて、コロナ感染率がどうなっているのか、まだよくわかりません。実際、怖いし心配も多いけれど、コロナがまったくなくなることはないということを考えると、少しずつ社会に出ていかなければならないので、もう少し様子を見て、ミミズにも学校へ復帰してほしいなぁと思うばかりです。



遠隔授業でもテスト

今週からミミズの学校がはじまりました。ミミズは、コロナが怖いからまだ自宅待機です。学校の話によると、全体に半数ぐらいが登校することになったみたいです。クラスの先生からは、初日はとてもたのしい一日だったと報告がありましたが、子どもによるコロナ感染とか、そんな心配はダイジョウブなのでしょうか、ちょっとまだわかりません。

そんな微妙な状況の中、算数のテストがありました。これまで遠隔授業で習った内容のテストでした。先生は、授業で行ったテストの様子を録音し、それをビデオで送ってくれました。テストの前に先生がかんたんにテストの内容を説明している様子で、それを聞いてからテストを行うというものでした。

音声が悪く、あまりよく聞こえませんでしたが、とりあえず課題をやりました。足し算と引き算が中心で、数字を大きい順に並べたり、商品の値段を少ない紙幣と硬貨で支払うにはどうしたらいいのかを書かせたりと、さほどむずかしいわけではない内容で、先生に試験結果を贈ったら20点中19点だということでした。

自宅でテストというと、ズルもできるわけなので、微妙といえば微妙ですが、それでもテストが不可能ではありません。アタシも手伝いませんし、ミミズがひとりでやりました。この状況が続いていくのは実に厳しいのですが、それでも何とかやろうと思えばできるのかなと思います。毎日を無駄にしないために、これまでのやり方をいろいろと変えるいいチャンスだともいえます。

今日の夕方、何だか息苦しくなったアタシを見て、ミミズが「私がママを守る!」といろいろな世話をしてくれました。ミミズがオレンジとミントの葉のお薬を楽しそうに作ってくれて、それを飲んだらすっかり元気になりましたが、早く温かくならないかなぁと思うばかりです。



母の日にはアサガオの種まき

フランスの母の日は6月ですが、今日は日本の母の日。ということで、金曜日からプレプレ母の日、プレ母の日と、ここ数日、母の日のプレイベントを祝ってくれていたミミズ。昨晩も母の日だからマッサージをしてくれて、さぞすばらしいサービスを受けることだろうと期待した本番の母の日でしたが、「ママ、母の日おめでとう」という一声で起こされ、「母の日だからお仕事しないでしょ」と、遊びにつきあわされました。しかも、「今日は母の日だからお勉強はやめにしようか?」と提案され、「いやいやちゃんとやろう」といさめました。

ところで、勉強というと何か嫌な響きがあるのかもしれませんが、「スマイルゼミをやったら?」というと快くはじめます。フランス語では勉強することを「お仕事をする」という言葉で表現しますが、つまり勉強することは働くことで、あまり楽しいことではないというニュアンスがあります。でも、実際には、学ぶことは楽しいことだし、新しい発見があることなわけで、このあたりをうまく伝えていけたらいいなぁと改めて思いました。

さて、日本の教科書をもらってから、スマイルゼミのきょうのミッションのほか、漢字の練習や日本の教科書を読んだりしていますが、アタシが小学生のころにはなかった教科「生活」の教科書に、種を植えてみようというページがありました。我が家では、わりといろいろな花や果実を植えていますが、今日、5月10日の母の日を記念して、アサガオの種を植えてみることにしました。今日はあまりいい天気ではありませんが、これから元気よく咲いてくれるといいなぁと思います。

昨日のお買い物で、トマトの苗も買いました。我が家の庭の土は石だらけなので、土を耕さないとうまく根が伸びていきません。せっかくの休日でしたが、来週の天気のいい日に譲ります。トマトを植えて、家庭菜園のトマトを楽しもうかなと。今年は日本行きも危ういので、枝豆も植えようかな。

明日から外出制限が少しずつ解除されます。すっかりコロナウイルスがなくなったような機運で、最近では人の出も多いのですが、何だかかえって恐ろしく感じています。近所の子どもたちにいろいろと聞いてみると、まだ学校に行かせないという家庭が多く、学校の動向も気になります。ミミズは、スマイルゼミのおかげで、かろうじて毎朝、勉強する習慣がありますが、学校で学ぶことのほうがきっと多いはずなので、いつごろから学校へ行くようになるのかがポイントです。まだわかりません。来週以降の感染者の割合などを見ながら、ミミズの気持ちを確認していこうと思います。



プレ母の日は特製料理

スマイルゼミで、きょうのニュースというアイコンがあります。ここではさまざまなニュースが読めるのですが、金曜日ごろに「母の日」のことが取り上げられていました。実は、母の日は各国で日付が異なり、フランスでは6月の1周目の日曜日です。日本は明日、5月10日の日曜日ですが、ミミズは、スマイルゼミのニュースを読んで、てっきり金曜日かと思い、金曜日の朝、目が覚めると、枕元に朝ご飯がありました。「これ、どうしたの?」と聞くと、「母の日だから朝ご飯を準備したの」とのことでした。

というわけで、これはプレプレ母の日で、今日の朝も朝ご飯の準備がありました。何だかよくわからないけれど、アタシがまだウトウトしている間に朝ご飯を準備するのが楽しいみたいです。

で、今日は、事あるごとに「明日は母の日だから…」と、いろんなサービスをしてくれました。軽いマッサージとか、好き好きはチュとか。でも、いちばんうれしかったのは、特製サラダを作ってくれたことで、とてもボリュームのあるサラダでおいしかったです。

最後に、アタシもママにお礼を一言。いつも本当にありがとう。いつもいつまでも大好きよ。早く会いたいわ。もう数年来のおつきあいがあるカーネーション、キレイに咲きました。我が家の白いバラ子、美しく輝いています。ボタンもかわいい。庭が春めいています。