やっぱり日本で育った子とはちがう日本語で話すことに気づく

日本に来てからすっかり時間が経ち、あと2週間ほどで帰らなければならなくなってしまいました。アタシたちはいったい何をしていたのか、ミミズはどれほど日本語を上達し、日本文化に慣れ親しんでいったのかというと……

日本に来てからすぐに3年目の幼稚園体験をしました。かれこれ3年通った日本の幼稚園生活となりました。幼稚園に行くと、いわゆる日本の子どもと同じようなことを話し、同じようなことに興味を持つようになります。今年も、例年どおり、プリキュアです。

プリキュアは毎年ストーリーが変りますが、今年は星座の話です。日本に来てからプラネタリウムに行ったりとタイムリーなテーマなのでなかなかいいのですが、弟夫婦よりプレゼントでスターカラーペンダントをもらうと、歌って踊って変身する毎日を過ごしています。もうまったく、ほぼ完璧に、日本の子どもです。

でも、ちょっとしたことが日本で育って子とはちがっていて、とにかくママと日本語で対等に話すため、何か言ってもすごい剣幕で言い返してきます。何度ケンカをしたことか。何か悪いことをして注意しても「はい」と聞かない。まったく関係ないことを言ってママも悪いと言い返すなど。表現が豊かな分、言うことがすごくて何度も大声でしかったりしています。

いつか日本で暮らしたいというパパやミミズですが、この調子だと日本で暮らすのはむずかしいように感じたり。どうなることやら。今年はいろいろ考え、経験し、迷う日本滞在です。