節分で豆まきをしたら鬼が逃げた

毎年、豆まきは楽しい家族イベントです。今年も前日に豆を茹で、豆を煎って、豆まき用の豆を用意しました。日本だったらスーパーでおいしい豆がかんたんに手に入りますが、フランスでは仕方ない、自分たちで作ります。アタシはあんまり上手に作れませんが、それなりにおいしくいただきます。

で、2月3日、ミミズは「今日は豆まきだ!」と声を張り上げて目を覚ましました。先週末は体調を崩して幼稚園を休みましたが、すっかり元気です。

ミミズが鬼に扮して、ミミズに向かって豆をまきました。鬼になったミミズ、逃げる逃げる。ママ、必死に追いかける。しばらくおいかけっこで遊びました。めずらしくいい天気だったのです。

ところで、昨年の豆まきはというと、アタシが投げた豆を拾って食べていました。豆まきの風習を理解しつつも、投げた豆を拾って食べるのが楽しいという感じでしたが、今年はそれよりも鬼になって走り回った印象が強いです。少しずつ大人になっているなぁと、また実感。元気よく鬼が逃げたことで、家庭内の悪運が外に出て行って、幸運が家に入ってきてくれるといいなぁと思います。

それからなんちゃって恵方巻を食べました。アタシは東京出身なので、本来的には恵方巻の習慣がありません。が、日本を離れて、恵方巻を食べている関西出身の人の話を聞いて、アタシもイベント的に作るようになりました。ま、楽しいからいいね。ミミズもしっかりと2019年の方位である東北東の方向を見ながら食べました。

今年もよい一年になりますように!

というわけで、今週はいまだペンディングのクレープを作らないといけません。いつにしようかな。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です