生後6カ月の終わりごろとうとうミミズは立ち上がった

生後6カ月から家族でプールに通いはじめました。ベビースイミングに興味があったからではなく、アタシたちの運動不足解消のためでしたが、結果的にこのプール通いのおかげで、いまの元気なミミズがあり、だれの力も借りずに泳げるようになったんだと思います。

そんなミミズですが、もうすぐ生後7カ月を迎えようとしていたころ、つかまり立ちをして、伝い歩きをするようになりました。とうとう世界への第一歩を踏み出したのです。

当時の記録によりますと、ママといっしょにお風呂に入るときも、浴槽につかまって立ち上がり、湯の中でひっくり返ろうが平気だったとあります。このことからもわかるように、赤ちゃんのころから怖がらせずに育てると、プールなんかもへっちゃらになるのかもしれません。

あとは食育のおかげもあるかなと思います。とにかく毎日、マニュアルとして使っていた本のメニューを繰り返し使って、バランスの良い食生活を目指してきました。炭水化物、野菜、タンパク質の三つを柱に、いろんな食材を食べてきました。

よく食べて、よく遊んで、とても元気よく育ってきました。寝るときだけ大変だったことを覚えています。元気がありすぎて、なかなか眠れませんでした。幼稚園がはじまると、だんだん一日のリズムができてきて、夜21時ごろになると眠たくなってきましたが、このころは大変でした。

でもこんなふうにミミズは世界への一歩を踏みはじめました。2013年11月25日のことです。









投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です