漢字検定ダブル合格!

クリスマスごろに届くと言われていた漢字検定の結果が今日届きました。アタシはぎりぎり落ちたと思っていたのですが、奇跡的に合格。一応、試験対策の勉強はしていましたが、十分に勉強できない状況に加え、コロナ第2波で再び閉鎖されるかどうかという時期で、パリまで試験に行こうかどうか微妙に悩んでいたため、準備不十分の状態でした。それでも200満点中165点、合格ラインが155点だったかな、何とかセーフでした。

一方のミミズはというと、150点満点中145点という高得点で10級合格でした! すばらしい! ふたりで抱き合って大喜びしました。

ミミズはたぶん合格するだろうと思っていましたが、きちんと正しくこたえられるかどうか微妙に心配でもありました。試験直前に、実際の試験ではちゃんと枠の中に字を書かないといけないことなどを伝えましたが、直前すぎました。でも、こんな高得点で、ミミズもがんばったかいがあると大喜び。パパにかなり得意げに自慢していました。

ミミズはすでに小学2年生の漢字をスタートさせています。パリに行ったときに購入した漢字練習帳を使ってやっています。カードを作って読みの練習はほぼ毎日繰り返していますが、まだ書く練習はしていません。でも、漢字を先行して学習しているため、『おはなしドリル』を読むペースもスラスラとかなり上手で、やっぱり勉強している成果が見えているような気がします。

フランスの学校での勉強がときに理解できずに大変だったりしますが、よく続けて勉強していると思っています。とりあえず来年に9級の試験を受ける予定です。アタシは準1級の勉強をしていますが、準1級は日本でしか受けられません。来年の夏、日本に行けたら受験しようかなと思っています。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です