漢字検定を受けてみた

10月18日、アタシたちはパリで漢字検定を受けました。COVID-19で微妙な時期でしたが、この日のために勉強してきたし、だれかと会うわけではないし、試験を受けて少し観光するだけだし、前から計画していたことだし、義父母には反対されていたものの、あーちゃんは賛成してくれて、最後の最後に行くことにしました。

出発の直前で、予約していたホテルの場所を会場となる学校のそばに変更しました。そのホテルは、通常ではきっと高いホテルなんでしょうけれど、事前に予約していた都心から離れたホテルと料金が同じだったことから、こっちのほうがいいと判断して変えました。

いちばん心配だったのは電車でしたが、行きも帰りもほとんど乗客がいない中での旅行となりました。パリまでは新幹線で2時間、少し長い時間でしたが、パリに着くと、ミミズ、目がキラキラと輝き、テストを受けることなんか忘れていました。

ホテルはとてもきれいな部屋で、ホテルがあるのは日本人街。ちょうどこの週末から21時以降の外出ができなくなってしまいましたが、アタシたちには関係ありません。目的のアジア系レストランで和食をいただき、夜は早めに寝ました。

翌日は朝からアタシの試験、昼はまた同じレストランでランチをいただき、午後はミミズの試験。ミミズは、さっそくお友だちができて、また来年もパリに行きたいといいました。パリに行くということは漢字検定を受けるということなので、この旅行が終わってから小学2年生の漢字の勉強がはじまるということです。そんなわけで、日本の本を扱う書店で小学2年生の漢字の練習帳を購入しました。

日曜日はママ念願のピカソ美術館へ行き、月曜日はミミズ念願の国立自然博物館で恐竜の骨などを見て、最後にエッフェル塔のそばの公園で遊び、エッフェル塔と写真を撮り、楽しかったパリ旅行が終わりました。話せばきりがないほどさまざまな楽しい思い出がありますが、ともかく生まれて初めて日本語で試験を受けたミミズ、結果はともあれ、楽しく受験できたようで何よりです。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です