海外で出産する

海外で出産するかどうかを考えてらっしゃる方は、現在海外に住んでらっしゃる方がほとんどではないでしょうか。

フランスは出産費用が保険適用

国によってメリット・デメリットがありますが、フランスの場合、出産費用は基本的に保険が適用されます。大きなメリットです。

出産するまでの間、 妊婦は母親学級を受ける権利があります。この母親学級もタダです。もちろんアタシも受けましたが、残念ながら、そこで習ったこと、まったく覚えていません。

ひとつ、とても印象的だったのは、出産に備えて赤ちゃんが出てくる入口をマッサージするようにいわれたこと。フランスでは多くの女性がやっていて、しかもコスメ化粧品で有名なWELEDAから、専用のオイルもラインナップされています。


日本助産学会誌 によると、日本では妊婦の半数ぐらいしかやらないみたいですね。アタシなんかは、フランスの義母に「ちゃんとやってる?」と言われたりしましたが…。

フランスでは無痛分娩が普通

さらに、この母親学級で知ってビックリしたことは、ほとんどのフランス女性が無痛分娩を希望していることでした。

自然分娩というのは、陣痛の間、女性はその痛みに苦しむわけですが、この苦しみがあってこそ母となったときの幸せひとしお…というのは、日本の習慣みたいです。

そういうわけで、アタシは母親学級で特別に自然分娩のときの呼吸法などを習いましたが、陣痛がはじまったとき、あまりの痛みにすぐに無痛分娩をお願いしました。

なので笑いの絶えない楽しい出産でした。助産師が「ほら頭が見えてきたわ」というと、パートナーが「あ、本当だ!」みたいな。

へその緒がほしかったら出産前に頼むこと

ちなみに、出産前に、へその緒をどうするのか、ちゃんと伝えた方がいいです。へその緒を取っておくのも日本の習慣です。アタシはへその緒を取っておきたいと言ったら、「何㎝ぐらいなの?」とかいろいろ聞かれて困りました。

というわけで、海外で出産すると決めたら、よくわからないことがいろいろあって楽しいですよ。



投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です