母の日にはアサガオの種まき

フランスの母の日は6月ですが、今日は日本の母の日。ということで、金曜日からプレプレ母の日、プレ母の日と、ここ数日、母の日のプレイベントを祝ってくれていたミミズ。昨晩も母の日だからマッサージをしてくれて、さぞすばらしいサービスを受けることだろうと期待した本番の母の日でしたが、「ママ、母の日おめでとう」という一声で起こされ、「母の日だからお仕事しないでしょ」と、遊びにつきあわされました。しかも、「今日は母の日だからお勉強はやめにしようか?」と提案され、「いやいやちゃんとやろう」といさめました。

ところで、勉強というと何か嫌な響きがあるのかもしれませんが、「スマイルゼミをやったら?」というと快くはじめます。フランス語では勉強することを「お仕事をする」という言葉で表現しますが、つまり勉強することは働くことで、あまり楽しいことではないというニュアンスがあります。でも、実際には、学ぶことは楽しいことだし、新しい発見があることなわけで、このあたりをうまく伝えていけたらいいなぁと改めて思いました。

さて、日本の教科書をもらってから、スマイルゼミのきょうのミッションのほか、漢字の練習や日本の教科書を読んだりしていますが、アタシが小学生のころにはなかった教科「生活」の教科書に、種を植えてみようというページがありました。我が家では、わりといろいろな花や果実を植えていますが、今日、5月10日の母の日を記念して、アサガオの種を植えてみることにしました。今日はあまりいい天気ではありませんが、これから元気よく咲いてくれるといいなぁと思います。

昨日のお買い物で、トマトの苗も買いました。我が家の庭の土は石だらけなので、土を耕さないとうまく根が伸びていきません。せっかくの休日でしたが、来週の天気のいい日に譲ります。トマトを植えて、家庭菜園のトマトを楽しもうかなと。今年は日本行きも危ういので、枝豆も植えようかな。

明日から外出制限が少しずつ解除されます。すっかりコロナウイルスがなくなったような機運で、最近では人の出も多いのですが、何だかかえって恐ろしく感じています。近所の子どもたちにいろいろと聞いてみると、まだ学校に行かせないという家庭が多く、学校の動向も気になります。ミミズは、スマイルゼミのおかげで、かろうじて毎朝、勉強する習慣がありますが、学校で学ぶことのほうがきっと多いはずなので、いつごろから学校へ行くようになるのかがポイントです。まだわかりません。来週以降の感染者の割合などを見ながら、ミミズの気持ちを確認していこうと思います。



投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です