次のバカンスはプール教室へ

飛び込みプールから上がったすがすがしいミミズ

先日の日曜日、プールへ行ってきました。ここ最近、ミミズは毎週木曜日、学校でプールを習っていて、アタシたちがよく行くプールで指導員の先生と父兄たちといっしょに泳ぐ練習をしています。で、ミミズはプール教室で習ったことをアタシに見せたいわけです。で、行ってきました。

プールでは、ミミズが教室で習ったことを教えてくれたり、追いかけっこやら何とかごっこで散々楽しみましたが、今回、はじめて飛び込み台から飛び込んでみました。飛び込んだら、自力で泳いでプールから上がるのですが、これがすばらしく華麗な泳ぎで大笑い。とりあえず水は怖くないのですが、まだ顔をつけて泳げないので、両腕をクロールみたいにバチャバチャとしながら、何とか泳ぐわけです。

アタシはこういう滑り台は苦手なんだけどね…

ってなわけで、ミミズスゴイ!と大笑いしていたら、何とクラスメイトのマティスとお姉ちゃんのローラがママと三人でいました。で、子どもたちは遊びはじめました。ふたりのママは、プール教室に父兄として参加していて、子どもたちふたりとも泳ぎがとても上手です。何やら夏にプール教室に通ったとのこと。ふたりが大きなスライダーをやるというので、ミミズもはじめてやってみたらとても楽しかったみたいで、5回ぐらい繰り返しました。これまた初体験。すばらしい。

そんなことがあって、ミミズにプール教室に通うかどうか聞いたら、はじめは怖いから嫌だと言いました。でも、後から、やっぱり習ってみたいと言います。理由は、上手になって友だちに自慢したいのだとか。ま、負けず嫌いゆえの決断みたいです。ミミズは潜るときにどうしても鼻を押さえる癖があるので、両腕を使って泳げないため、これはいい機会かもしれないと思っています。自分のことを振り返ると、アタシはいまでこそ泳ぐのが好きだけど、子どものころは泳ぐのが苦手でした。ミミズはその点、とてもチャレンジャーで、そういうミミズの前向きなところが大好きです。本当にやりたいのかどうか微妙だけど、とりあえず申し込んでみようかなと思っています。というわけで、次のバカンスはプール教室へ行く予定です。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です