朝4時プレゼントを確認【サンタさんがやってきた】

アタシはキリスト教徒ではありませんが、サンタさんが世界中の子どもたちにプレゼントを届けにやってくるという話はとても夢があると思っています。だから、ミミズが生まれたときから、ずっと12月25日にサンタさんがやってくるから、12月に入ったらサンタさんに手紙を書いて、プレゼントを頼むということをやっています。8歳のミミズはそろそろサンタさんって本当にいるのだろうかと微妙に思いはじめていて、クラスの子たちから「親が買ってくれるんだ」などと吹き込まれたりしますが、「サンタさんのことを信じない子の家にはサンタさんはやってこない」と言い張っています。

そんなわけで、24日の夜を迎えました。相変わらずあんまりやさしくない態度に、パパから怒られ、ママとも言い争い、この日の夜も涙を流しました。「でもね、クリスマスには奇跡が起こるんだよ」と言って、ミミズは23時ごろにやっと眠ってくれました。

さっそくパパとお仕事です。このクリスマスのお話しは、それぞれの家にいろんな人の分のプレゼントが届きます。たとえば我が家の場合、パピーやマミー、おじさんやおばさん、いとこたちなどです。で、その山のようなプレゼントを25日の家族でのランチに持って行くのです。というわけで、アタシたちは20人分のプレゼントを一斉に包みました。気づけば1時を過ぎていて、アタシは2時ごろに床に就きました。

いつもだったら9時ごろに目を覚ますミミズは、どういうわけだか3時ごろに一度アタシを起こしました。「プレゼントが届いているかどうか気になるから見に行こうよ」と言います。アタシは本当に眠たくて、「ママ、まだ眠たいからひとりで行って来れば?」というと、「ひとりは嫌だ」といいます。クリスマスツリーは畳の部屋に飾っていて、アタシたちはその上の部屋で寝ています。

ミミズはどうしても気になって、4時ごろに「ママ、プレゼントが見える気がする」といいます。もう仕方ない。クリスマスだし、4時にプレゼントを開けたのです。いやいや、眠たかった。

日本のサンタさんからはキッズスマートウォッチ、フランスのサンタさんからは髪の毛の色が変わるバービーです。ママの書道の筆、絵本2冊、すみちゃんの洋服、おやつなどなど、たくさんのプレゼントをいただきました。ありがとう。

そして、お昼にパピー宅へ行くと、またたくさんのプレゼントがありました。サッカーのウエア、空手バービー、ゲーム、チョコレートの山です。これからどんどんいろんな人からもらい、お返しし、ということを年内繰り返します。

今日は0時まで映画を見ています。ま、たまにはね。明日はおばあちゃまとスカイプです。クリスマスって楽しいね。









投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です