書道作品を仕上げた

ミミズはこの4月から日本習字の小学部で書の学習をはじめています。

日本習字の小学部では、硬筆と毛筆の課題があります。お手本には月の課題の文字が書かれています。アタシたちが行った練習は、硬筆の字を毎日練習することと、週1~2回、毛筆の練習をすることです。

硬筆は、毎日、アタシがお手本を書いてミミズがそれを練習するだけ。お手本のとおりに書けるようにひたすら書きます。課題は3単語ですが、名前も毎日書きました。うまくなったかどうかよりも、書くことが苦痛ではなくなったというのは大きな成果です。とにかく毎日書きました。右側が4月1日、中央が4月15日、そして左が今日、4月30日です。筆圧が強くなり、自信に満ちていて、表現がずいぶんと豊かになったかと。字を書く楽しみみたいなものが見えています。

毛筆は、大変でした。本人は習字が好きだといいますが、毛筆はそんなに好きではないように思います。ママがやっているから私もやるという印象です。だから、練習するといっても10~15分程度。3~4枚書いておしまいです。書くたびにお手本と見比べて、こうしたほうがいいねと言い合います。あんまり繰り返すと「私はどうせ下手でしょ」と卑屈になるので、細かいことはよしとします。

好きという気持ちを大切に。日本に行ったとき、どんなことも苦痛にならないように。教える方法がよくわからないのですが、とりあえずはじめています。



投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です