書道は楽しい

ミミズが生まれたとき、きれいな日本語を教えるために書道をはじめました。気づけばもう5年も練習しています。ミミズもときどき書道の練習します。週1回ぐらいはいっしょに書道をやりたいなぁと思っていますが、相変わらず15分程度しか集中できません。集中して子どもと書道をするのはとても大変です。

鉛筆で字を書くのとはちがって、書道の筆で運筆するのは子どもにとってむずかしいことです。どうしても力が入ってしまうし、気づくと筆が倒れてしまいます。書道がうまくできないから、もういいとやめたがります。でも、一回の練習でだいたい5枚ぐらいは書道をやってみることにしています。

「み」を書いてみた

今日の書道では、「み」を書いてみました。ミミズの「み」だから書き慣れているんだけど、実際に書道の筆で書いてみるとむずかしい。くるっと書くところがとくにむずかしい。力んでしまって筆がつぶれてしまうし、アタシもそうだけど、今日の書道はうまくできませんでした。

「み」の字は書道ではとてもむずかしい

15分程度の書道でしたが、継続して次はもっと楽しくできるように考えたいと思います。アタシももっと上手に書けるようになりたいです。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です