時間の感覚が生まれてきたような気がする

子どもの時間の間隔って、よくわからないことがあります。今日よりも過去のことはすべて同等に扱うこともあるので、昨日のことなのか、3年前のことなのか、よくわからないこともあります。

ところが、6歳を過ぎると、時間の感覚が生まれてきたというか、未来の予定もしっかりと理解できるようになり、過去の記憶もはっきりとするようになってきました。

今年の母の日までのカウントダウンもそのひとつです。1カ月ほど前から幼稚園で母の日のプレゼントを準備してきたせいか、あと〇日だよとうれしそうに話していたのは記憶に新しいことです。

そして今日、実は6歳の予防接種を受けてきたのですが、1週間前ぐらいから憂鬱で、ここ数日は怖くて悲しくて泣くこともありました。結果的には、チクッとしたものの、ほとんど痛みは感じなかったようですが…。

そういえば、最近、「おととい」とか「来年」とか、そんな言葉も使います。こういうときが言葉を学ぶいいタイミングなので、一度、時間の言葉を整理しておしえておこうと思います。



投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です