日本の小学校への準備

おばあちゃまからいただいたランドセルと

気づけばもう2週間も経っています。まず、ミミズは幼稚園に通いはじめました。これで3年目です。ほとんどすべての先生を知っていて、園庭も教室も、おなじみの幼稚園です。今年はふじ組になりました。去年のうめ組から変らず、同じ先生が担任の先生です。

昨年まで、仲良しのお友だちと、ケンカをしたり仲直りしたりを繰り返していたミミズですが、今年になってもうケンカはしなくなったのだとか。ケンカをしても、お友だち同士で解決の方法を考え、第三者が間に入ったりすることもあるのだとか。お友だちと一緒に成長しているようです。

そんな中、かなり心配していた小学校の短期入学について、調べてみました。実家のある東京の某区では、2週間以上の体験遊学が可能で、まず区の学務課だったかな、そこに連絡をして実家の世帯主が申述書を記載して提出、それが区の教育委員会へ届き、教育委員会から該当する小学校へ連絡が行き、校長先生と面談した後、入学が許可されるという仕組みになっているのだそうです。というわけで、ミミズは住所を移動する必要もなく、体験できることがわかりました。

現在、通っている幼稚園のお友だちも通う地元の小学校へ行けるはずなので、小学校でも同じような体験ができると思います。フランスの小学校でも勉強が忙しくなるだろうから、どうやって日本語を続けていくのか、いろいろ考えないといけないんだけど、とりあえず来年の幼稚園は行けそうなのでホッとしました。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

「日本の小学校への準備」への1件のフィードバック

  1. おひさしぶりです!ミミズちゃん、来年体験入学ができそうでよかったですね!ランドセル、素敵ですね~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です