フランスから日本への旅行【2022年5月11日現在】

5月11日にパリのCDGから日本へと出発しました。空港内の雰囲気はマスク着用の義務がないためか、これまでとほとんど変わりませんでしたが、想像していた以上に観光客がいたのには驚きました。もっと閑散とした雰囲気を想像していたからです。

ただ、JALのチェックインカウンターにはほとんど観光客がいなかったので、待ち時間なしでチェックインできました。パパとの悲しいお別れの後、飛行機の待合室へと進んでいった際もほとんど待ち時間なしでした。

日本に行く人も少ないかなぁと思いましたが、中にちらほら日本人以外の人もいました。一般の旅行者はまだ規制されていたと思うので、家族とか外交官とか、そういう人たちだったのかなとも思いましたが、詳細はわかりません。機内はガラガラかなと思っていましたが、想像以上に人が多かったです。ただ、飛行機の機体も小さかったせいもあったかなと想像します。

ミミズは3年ぶりの飛行機旅行のせいで、おなかが痛いと何度もトイレに行きました。コロナだったらどうしよう……心配で気が気ではありませんでした。しかも、パソコンのバッグがないことに気づき、愕然としました。そんなハプニングだらけの旅行でした。

ミミズは機内で寝ていましたが、アタシは着陸後のテストのことやらミミズの体調のことやらパソコンのことやらでまったく眠れませんでした。起きた後、ミミズは飛行機の揺れで乗り物酔いをしてしまい、着陸後に嘔吐しました。ただ、アタシもかなり疲れていたし、この後のテストのことなどで頭がいっぱいだったので、たいして心配してあげることもできませんでした。

日本に到着してもしばらく機内で待機し、指示通りに空港施設に入っていきました。ところどころに空港職員がいて、ていねいに誘導してくれましたが、あちこちで書類を見せたりパスポートを見せたり、手荷物を持ちながらでけっこう大変でした。アタシたちは着陸後、唾液によるテストがありましたが、なかなか唾液が出なくて大変でした。それからアプリが入っているのかの確認などがあり、出口付近でテスト結果を待ち、陰性証明をもらったときはとりあえずホッとしました。

荷物はすでにターンテーブルの横に並んでいて、そこから荷物を探し出し、外に出ました。迎えに来てくれる弟に連絡をしたところ、予想以上に早かったため、羽田空港内で夕食を食べることにしましたが、飲食店はほとんどクローズしていました。最上階にいろんなショップがありますが、そこは営業時間外だったので閉まっていました。それでも、デッキで飛行機を見たり、プリクラを撮ったり、楽しいひと時を過ごしました。

とりあえず2泊3日の予定でホテルを予約していたので、大きなスーツケースは実家に置き、アタシたちはホテルへ行きました。高齢の母を思い、3日間はホテルで過ごしましたが、一歩も外には出ませんでした。旅行者の管理をするアプリから一日一回連絡があり、位置確認をさせられましたが、最初はよくわからず手惑いました。3日目に政府指定の検査会場で抗原検査をして、陰性証明をもらってようやく待機期間が終わりました。

日本に到着後、陰性証明が出るまではちょっと心配でしたが、あれから今日まで何事もなく、ミミズは小学校に通いはじめています。フランスの田舎と日本の都会、生活スタイルがまったく異なるので戸惑うこともありますが、そんなドタバタ劇はまた後日。





投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です