新しい先生と新しいクラス

9月1日、楽しいようでめんどくさい、バカンス明けの始業式の日でした。日本とは異なり、式らしい式は行われませんが、校長先生から新しく来た先生の紹介やらコロナウイルスに対する注意喚起やらの説明がありました。昨年は、校長先生がひとりひとりの名前を呼び、呼ばれた生徒は先生といっしょにクラスに入っていきましたが、今年はなしでした。

ミミズは小学2年生、フランスではCE1となります。教科も増え、勉強の内容も濃くなってくるため、この初日は帰宅後、ずっと不機嫌でした。そんなこんなで1週間が終わりましたが、学校での話はあまりしなくて、むしろアタシの方が宿題などのことを気にしている始末です。ただ、昨年以上にやさしい先生で、ま、アタシたちはお豆扱いされているから、わからないことがあると学校中の先生が手伝ってくれます。ま、ありがたい、田舎の小さな学校でよかった。

コロナウイルス感染防止のため、今年度はいろんなことが例年とはちがいます。そのひとつが柔道で、今年度の柔道と体操は、ひとり1競技のみ参加が許可されています。昨年は、ミミズは週2回、アタシは柔道2回、体操1回と、かなりお世話になったわけですが、今年はそういうわけにもいきません。ミミズもアタシも柔道を継続しますが、家の畳で練習するか、別の何かを習うかしないと、ちょっとエネルギーが発散されないかなと心配です。

で、今日は、ミミズがプールに行きたいというので、少し肌寒い中、行ってきたわけですが、そこでたまたま近所のお友達とバッタリ。で、終日、いっしょに遊びました。元同級生の男の子とそのお姉ちゃんのふたり兄弟ですが、男の子はプールに通うかもしれないと話していて、ミミズも行きたいと言い出しました。水泳教室、ちょっと高いので、どうしようか考えてしまうのですが、今年は柔道がほとんど稽古できないので、水泳教室もいいかもしれません。ちょうど来週、見学会があるみたいなので、行ってみることにしました。

明日は、きのこを探しに出かける予定。ミミズは、来年の夏の自由研究できのこをテーマにすると決めたので、きのこの写真を撮ってこようかなと思っています。パパも参加予定。我が家、きのこ運がなかなかないんだけど、今年はなんだか見つかりそうな気がします。乞うご期待。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です