成長痛で眠れない夜も

ミミズの今年度の習い事は、柔道と水泳です。柔道がCOVID-19のせいで週に1回となってしまったため、偶然、近所に住んでいるお友だちが習うという水泳を習うことになりました。相変わらず元気よく飛び回っているわけですが、そのせいか、ここ最近、成長痛のような症状が出ます。

成長痛とは、子どもの成長期に起こる骨や筋肉の痛みのことで、アタシ自身、子どものころに膝やふくらはぎが痛くなった記憶があります。ミミズの場合、どういうわけだか、左腕や左手、左足のふくらはぎで、夜中、痛くて眠れないことがあります。痛みで暴れて大変なこともありますが、いろんなママ友に聞くと、子どものあるある症状のひとつのようで、改善法としては足などの患部を高くする、マッサージをするなどしかないみたいです。ちなみに、アタシたちはほぼ毎晩お風呂に入っていて、筋肉の張りは和らげています。

毎晩というわけではなく、ちょっとマッサージしてあげるとスーッと眠ってしまうこともありますが、23時頃まで痛がったり、真夜中、痛みで目が覚めてしまったりすることもあります。ミミズは、ほかのクラスメイトよりも体が大きく、いま、急激に成長しているのかもしれません。それにしてもちょっとかわいそうです。

この成長痛、不思議なことに昼間には起こらず、先日もパパとアイススケートに行ってきました。しかも3時間ぐらい遊び、子どものくせに大人に混ざってクルクル回転してきたと大喜びでした。ま、元気で何よりですが、そのせいで成長痛も人の倍なのかもしれません。

ここ最近、いろんなことができるようになり、反抗的な態度もこれまで以上になっています。すべて成長している証拠なんだろうけれど、痛くて眠れないというのはさすがにかわいそうです。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です