恋愛ドラマもいっしょに見るようになるとは…

最近は、いろいろ大変なミミズです。何が大変かというと、習い事が忙しいのと、学校の宿題、日本語の勉強で、一日があっという間に過ぎていくのです。スムーズにいろいろやってくれるといいのですが、そうなかなかうまくいかない。学校の宿題は、しょうがないからやるんだけど、日本語の勉強までなかなかいかない。「ちゃんと勉強しないと日本の学校に行けないよ」「だからいまやってるじゃん!」と、やる気なさげに机に向かうミミズを見ると、むかついてしまう。アタシの方にやる気がなくなる。ケンカ。ミミズ泣く。と、まぁ、こんな感じです。

日本語の勉強は義務ではないけれど、日本に行きたいというミミズはやはりちゃんとやっておいた方がいいと思っていて、外国ぐらいの子どもが苦手な漢字だって、まあまあちゃんとやっているんだけど、続けていかないと忘れてしまうのが漢字勉強のたいへんなところで、この続けるのがどうも面倒らしい。10月には漢字検定を受けようかどうかというところで、またパリで遊ぶためにがんばろうと盛り上げているものの、どうなることやら…。

その一方で、テレビや動画を見るのは大好きで、先日、恋愛ドラマ「恋はDeepに」をたまたまミミズがちら見して、「あの子、お魚さんだったの?」って話から、最終話をいっしょに見たのです。ドラマの評判はいざ知らず、ミミズとアタシの間ではとても楽しめたドラマで、最終話に現れた主人公の女の子はホンモノだったのか、それとも彼の幻想だったのかというところをワクワクしながら見ました。予想通り、彼女はふたたび彼の元に戻ってきたのですが、「やっぱり恋するふたりは結ばれるね」と、ミミズも大喜び。ずいぶんとおしゃまな女の子になったものだと感動しました。

子どもに見せられないような内容ではなかったら、こうしていっしょにドラマも見られるようになりました。あとは勉強なんだけど、何かいい手はないだろうか…。







投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です