年々盛大になるフランスの母の日

5月30日、今日はフランスの母の日でした。お母さんを大切にするフランスでは、どの家庭でも盛大にお祝いをしますが、我が家では昨晩からミミズがプレゼントのことを言いたくてたまらない様子でした。

で、プレゼントは、学校で作ったカードと紫のダリアでした。このダリア、実は数日前、義理のお母さんのために買った花を見て、ミミズがアタシのためにパパと買いにいったものです。ミミズがお金を払うんだと言っていました。すごい。ママが大好きな紫色を選んだあたりもなかなか。今日はママから離れず、べったりの一日でした。

今日は午後からひいおばあちゃんの家に行きました。93歳になるひいおばあちゃん、ちょっと調子が悪くて、おばあちゃんたち家族で介護をしています。6月に入ったら、義母と義母の妹が交互に1カ月ごとに家で世話することになりました。花をキレイに咲かせていたおばあちゃんの家、ちょっとさみしくなりそうです。

ところで、ミミズの母の日のイベントはこれだけでは終わりません。水曜日にはハンバーガーを食べに行って、ママにピアスを買ってくれるのだそう。ま、アタシが払うことになるんだろうけれど、せっかくだからかわいいのを選ぼうと思います。

と、年々、盛大になっていく母の日。8歳にもなると、なんでもうんうんと聞いてくれるわけではなく、むずかしいこともいろいろありますが、なんでも言い合って、けんかしても仲直りして、とても楽しい毎日です。









投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です