小学校1年生最後の登校日

すったもんだがありましたが、やっと1年生が終わりました。2カ月半ほど自宅待機で、先生と遠隔で授業を行ったり、Youtubeづけになったり、本当にいろいろあった1年でした。今日は、学校でのお仕事はなし、リュックに水筒を入れて、ごみ袋を持って、学校の近くの自然を掃除する日でした。

フランス人はわりとゴミを平気であちこちに捨てます。タバコの吸い殻とか犬のフンとか、平気です。道を歩いていると、だれがどう捨てたのか、ゴミが落ちています。ミミズは「これはダメだね!」と強く怒ります。だから、今日の学校の掃除イベントは、積極的にやるだろうなぁと想像していました。

今日の日のことを前日から楽しみにしていて、めずらしく準備をしたり、みんなで遊べるゲームを持って行ってもいいからと、日本であーちゃんに買ってもらった魚釣りゲームを持っていきました。で、迎えに行くと、みんなで「nettoyer la nature(自然をキレイにしよう)!!」と大声で叫びながら、ごみを拾ったと楽しそうでした。

先生のお誕生日が明日なので、プレゼントを持って行きました。ミミズとアタシが描いた絵、のり巻きセットです。楽しいお誕生日となることを祈ります。ミミズはプレゼントを渡しながら、少し寂しそうでした。ソフィー先生が大好きで、来年から別の先生になるのが寂しいのです。でも、来年の先生も、どうやらやさしい先生みたいで、ワクワクしています。9月から落ち着いて学校に通えることを祈ります。

というわけで明日からバカンスです。今年はとくに予定を入れていませんが、7月終わりごろからピレネー方面へ行くかもしれないと話しています。朝勉強を続けて、運動も心がけて、健康的な夏を過ごす予定です。





投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です