小さいころからの夢は交番女子

ちょうどいま日本でドラマになっている交番女子。ミミズは小さいころから一貫して交番女子になりたくて、2年前のクリスマスには警官の制服をサンタさんにお願いしました。変わらずいまも交番女子になりたくて、このドラマ、ふたりで楽しく見ています。

「交番女子はしっかりと日本語を勉強しなきゃね」とか「親切にしないと日本のおまわりさんにはなれないよ」など、いろんなことを言いながら、この夏もしっかりスマイルゼミを続けています。「何でワタシだけバカンスなのに勉強しないといけないの?」というから「日本では夏休みにたくさん宿題が出るよ」と言ったり、「フランスと日本の家庭に生まれたミミズはスーパーウーマンなんだから」と励ましたり、ときに怒り合ったり言い合ったりしながら、コロナ下の夏を過ごしています。

フランスでは、コロナ感染緊急対策のワクチンを打たないと、ほとんどの余暇活動ができなくなりました。プールも花火大会も、スポーツジムもダメです。9月からは柔道もダメになりました。さらに昨今、11歳以下の子どもにもワクチンをという議論まではじまっていて、一部の識者から批判が出たり、擁護する人がいたりと、もう毎日うんざりです。

というわけで、本日、おそらくフランスで最後の柔道のお稽古です。ミミズは続けますが、アタシはしばらくお休みです。ミミズは柔道を止めないと決意していて、その理由はドラマで交番女子たちが柔道をやっていたからなのだとか。「大きくなったら黒帯で悪い奴を退治する」と盛り上がっています。本当に交番女子になりそうでこわい…。





a8mat=3H7Y4B+AYQEUQ+4OOI+631SX” alt=””>





投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です