子どもの絵から心理を読み取ることって本当にできるのか

ミミズが幼稚園からこんな絵を持ってきました。でも、ちょっと違和感がありました。こういう絵は家では絶対に描かないからです。

幼稚園から持ってきた絵

そもそもどうしてフランスの国旗なのでしょうか。実はこれ、ミミズが絵を描いていたとき、まわりのだれかがフランスの国旗を描き、子どもたちがこぞってマネしてフランスの国旗を描いていたのです。太陽の隣に雲が並んでいます。 ミミズの隣に座っていた子がまったく同じように雲を描いていました。

つまり、この絵は幼稚園で描いた幼稚園のお友だちの絵のマネをした絵なわけです。

見方によっては、ミミズの絵には紫が多いと感じる方もいるかもしれません。紫色には、ストレスが多く、癒しを求めているとか、そんな意味があるとよく見かけます。でも、ミミズに限らず、だれしもストレスを抱えて生きています。さらにいえば、ミミズとアタシは、紫色が大好きで、ミミズの絵にはよく紫色が登場します。ちなみに、この絵の紫色に描かれたものはキャンピングカーなのだそうです。

さて、この絵から読み取れるミミズの心理とはいかに? 太陽は愛情、雲や雪は心の陰り、家は本人の立場、木は成長、ハートは愛情などなど。大きくなって愛情不足になったミミズは愛を求めているとでも分析できそうです。

が、本当にそうでしょうか。アタシはこの絵から、ミミズはだれかの絵をマネしながらも、自分が好きなものをいろいろ描いたと見ます。

太陽も雲も雪も、ミミズは大好きでよく話します。太陽に水をかけたらどうなるかとか、どうしてうちの方は雪が降らないのかとか。大好きなネコとミミズらしき女の子がつながっています。家の中にはネコのえさまで描かれています。さらに家からキャンピングカーがつながっていて、これからキャンプにでも行きそうな雰囲気です。フランスの夏の思い出といえば、キャンピングカーでのキャンプです。地面からハートが生まれています。ミミズはハートが大好きで、最近、上手に描けるようになったといってあちこちに描きます。

絵から心理を分析するとか、そういう研究というか、学問というか、そういうのがあります。でも、アタシは、人は好き嫌いで行動するものではないかと思います。黒が好きな人は心が暗いかとうとそんなことはないし、明るい色の服を着ても気分が沈んでいることだってあります。ミミズやアタシが紫色を好むのだって、癒しを求めているからではなく、紫色が好きだからです。

というわけで、ちょっとぐらい子どもが変な絵を描いたからといって気にすることはありません。ほめてあげましょう。



投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です