外出制限以来の家族ディナー

フランスでは7月から日本を含む特定の国から入国した人に対するコロナウイルス感染拡大防止の制限を解除しました。これにより、2週間の自主隔離の必要もなくなりました。今日からバカンスがはじまったからというのもあるかもしれませんが、人の移動が増えたのを日常的に感じます。今朝は、ミミズと近くの森でジョギングをした際、オランダからキャピんぐかーで来たという若者たちと会いました。

うっかりマスクを持参し忘れたり、すっかりコロナウイルスはなくなってしまったような開放感に包まれていますが、やっぱりまだ怖いです。日本もそのうちさまざまな制限を解除していくでしょうけれど、14時間、飛行機に乗って日本へ行く勇気がなかなか持てません。行きたい気持ちはたくさんあるんだけど、微妙です。

さて、そんななか、久しぶりにパピー宅へ行きました。パパにはミミズが使えそうなバイクを持ってくるという目的があり、ミミズには最近大好きなバービー人形のお友だちや洋服をマミーがくれるという目的がありました。で、ワクワクしながらパピー宅へ。

マミーはかわいいバッグに山ほどの服と古くさいお人形を持ってきました。とてもかわいいとは言えない古いものでしたが、ミミズはそれなりに喜んで、2体いただきました。エルサとみゆきという名前をつけました。洋服は90年代のものです。よく見ると縫製もいい加減なので、これを見ながら洋服を作ってみようかなと思いました。

パピーもマミーも久しぶりにミミズとゆっくり過ごせてうれしそうでした。とくにマミーは必死に写真を撮っていました。コロナウイルス感染拡大防止で、家族での食事会も控えていたので、少しは親孝行できたかなと思っています。日本に行くことになったら、もうあまり会うこともなくなってしまいますので、いまのうちにもっと会いに来ようと思いました。





投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です