外出制限で気づかなかったさくらんぼの季節の到来

5月11日から段階的に外出制限が解禁されることになりました。わが地域の学校は、月火と木金でクラスをふたつに分け、週2回の登校とすることになりました。でも、週2回だけ学校に行かせて何か学ぶことがあるのか、コロナ感染のリスクと隣り合わせで学校に行かせるのが本当にいいのか、ちょっと疑問です。そもそもミミズが「コロナが怖いから学校に行きたくない」と言っているので、当面、登校を見合わせることになりそうです。

そんな中、今日の散歩で改めてさくらんぼの季節が到来していたことに気づきました。我が家の庭では、バラ子がきれいに咲いていますが、アイリスもきれいです。ボタンの蕾が少しずつ花開き、いよいよ季節は初夏へと動きつつあります。イチジクの実が大きくなってきていますが、まだ実は食べられません。道行く庭木のさくらんぼ、青から赤へと色づく途中です。

毎日、コロナのニュースやコロナ感染への恐怖、不安、将来の心配などと隣り合わせでいると、コロナうつになるというニュースを読みました。実際、いつでも元気なアタシでも、何だか気分が落ち込んできますが、今日の散歩では久しぶりに単純に春めいた季節を喜ぶことができました。

ミミズのお誕生日の日、バンビを目撃しました。実は昨日の朝も、バンビを目撃したのです。だから、今日も会うかなぁとワクワクしていましたが、今日は人出が多かったので、出会うことはありませんでした。でも、明日の朝はもしかしたら出会えるかもしれません。明日からまた仕事。何だかいやだなぁと気分が落ち込みますが、前を向かなきゃ。



投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です