再び外出制限される前にラスコー洞窟に行ってきた

とうとう再び外出制限となりました。3月のときとは異なり、学校は閉鎖されず、通勤もこれまでどおり、高齢者施設などへの訪問も制限されませんが、せっかくのハロウィンも秋休み最後の週末も台なしになってしまいました。

そんな中、駆け足で念願のラスコー洞窟へ行ってきました。ラスコーといえば、世界史の教科書の最初のページを飾る有名なクロマニョン人の洞窟で、その壁画が有名です。この洞窟、もちろんオリジナルの洞窟は専門家しか見学できず、レプリカが3つもあります。アタシたちが訪れたのはラスコー4という新しいレプリカで、洞窟の様相はまったくない博物館でした。ガイド付き1時間半のツアーに参加しました。おもしろかったけれど、洞窟っぽさがなくて残念でした。スペインのアルタミラの洞窟の方が印象的だったなぁと思います。ミミズは、本物の壁画ではないとわかった瞬間、しらけてしまいました。仕方ない。今度はほかのレプリカも見学したいなぁと思いました。ラスコー2はオリジナルの洞窟を細かく再現しているのだとか。

ところで、今回の見学は、急に決まりました。訪れたのは水曜日、明日にはもしかしたら外出制限になるかもしれないという矢先で、慌てて出かけたのです。なので、あまり計画性がなく、ランチ時間にレストランで食事ができず、パン屋でパンを買って食べる始末、洞窟見学の後、ミミズもアタシも眠ってしまい、夜のレストランでのディナーも結局なしと、すべて駆け足となってしまいましたが、とりあえず行ってみたかった場所へ行けたのでよかったかなと思っています。

今回の外出制限で、どの程度、状況が回復されていくのか、よくわかりません。ただ、柔道も水泳もジムもなく、再び家に閉じ込められる日々となります。せめて近所を走って運動するしかないけれど、雨の多いころなので、どこまでできるものなのか微妙です。このままフランス経済が悪化し、社会状況がますます悪くなっていくと、いつまでもここにいても明るい未来が見えず、どのタイミングでどう変化していこうか、そんなことばかり考えてしまいます。2020年、年女だと喜んでいたのもつかの間、とんでもない年になってしまいました…。


投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です