佐野洋子『おれはねこだぜ』は愛にあふれる話

『100万回生きたねこ』の著者であり、エッセイストでもあった佐野洋子さん。大好きな絵本作家のひとりで、我が家にも数冊の著作があります。ミミズも大好きで、『空とぶライオン』はよく読む本のひとつです。そのせいか、ミミズが描く動物の絵は、佐野洋子さんの絵のように自由な色合いの豊かな絵で、たくさんの影響を受けていると感じます。

さて、そんな佐野洋子さんの『おれはねこだぜ』は、『100万回生きたねこ』と対比され、ナンセンスだと称されることもある絵本です。でも、この絵本には、佐野さんのねこに対する強い愛や、ねこのサバに対する愛であふれています。それをナンセンスだと思わせる佐野洋子さんって、本物の魔法使いだと思います。

主人公のねこは、佐野洋子さんのお話によく出てくるちょっぴりニヒルなねこです。でも、サバが大好きで、いつもサバのことばかり考えています。愛のあふれるねこです。いつものように「久しぶりにサバでも食うか」と歩いていたら、サバが飛んでくるのです。しかも、とても美しい声で「 きみはさばをくっただろ 」と歌いながら。ミミズはここでとてもきれいな声で「きみはさばをくっただろ」と読みます。ここはミミズのパートなのです。そしてさばから逃げ切ると、再びさばのことを思い出すのです。

何て強い愛なんだろうと、最初に読んだとき感じました。本を購入する前、ブラックユーモアでナンセンスな絵本だと評されていたのを読んで、疑いながら購入しました。アタシの直感は当たりました。

落書きっぽいタッチのねこの姿も、実はものすごくたくさんの計算をして描かれいます。茶色の二色刷りであることで、逆に絵が引き立ち、話の展開がシンプルだからこそ、物語が引き立っています。

だれかが、この本を読んだら子どもが魚を嫌いになるかもしれないと書いてらっしゃいましたが、ミミズはそんなことありませんでした。いっしょに本を読みたがり、おやすみ前にいっしょに読むこともあります。

ミミズの誕生日には、また新しい佐野洋子さんの本を買おうと思っています。ミミズはこれを選びました。また佐野洋子さんの本でいろんな感情や表現を学ぼうと思っています。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です