今日から日本の小学2年生がはじまる

ミミズ、あと1カ月で8歳。フランスでは昨年の9月からCE1という学年ですが、今日からやっと日本の小学2年生となります。「小学1年生のとき、日本の学校に行かなかったから、次に日本に行くときは、小学1年生からはじめるのかなぁ」と心配していましたが、ダイジョウブだよと安心させました。

そんな日本の新学期、やっぱりコロナで大変なのでしょうか。フランスでは、土曜日から再び外出制限となります。学校も閉鎖、ただし、1週間後から春休みが2週間はじまるため、春休みが3週間になるという感じでしょうか。また家での勉強が大変になりますが、この春にスマイルゼミで、学年末テストという特別講座があったので、来週はこれをやろうと思っています。移動の制限もありますが、地域圏内であれば可能みたいです。1カ月、前向きに乗り切る以外、方法はありません。

さて、スマイルゼミでも小学2年生コースになりました。小学2年生のキーワードはかけ算ですが、ほぼミミズはマスターしているので少し安心です。やっぱり漢字と作文でしょうか。作文はちゃんとやったことがないため、「おはながめっちゃきれいでした」など、口語体が混ざってしまいます。これも練習しないと…と思っています。英語プレミアムも基本的に継続する予定。英語は「ミミズ、英語強いよね」と学校でも言われると自慢げに話していましたので、とりあえず続けます。

ところで、割と授業についていっているミミズですが、図形の問題が苦手です。どういうことだろうか、ちょっとよくわかりません。見ればわかるのではないか…と思うのですが、苦手みたいです。このバカンスの間、楽しみながら勉強できるように工夫しようと思っています。

最近の教材のサイトは実にバラエティが富んでいて、うまく活用することでいろんな勉強方法が可能です。アタシがミミズとの日本語学習に使っているのは、ぷりんときっずというサイトやちびむすドリルというサイトで、ほかにも実にさまざまなサイトと出会えます。

それでも、スマイルゼミを続けているのは、朝日子ども新聞がときどき閲覧できたり、学校で行われるようなテストができたり、キャラクターを使ったイベントなどがあったり、登録した人にメールなどが送れたりと、さまざまな楽しみ方があるからです。これは、日本に住んでいないアタシたちにはありがたいシステムで、同じようなドリルを繰り返しながら、しっかりと頭の中に入っていっているように思います。

来週からスマイルゼミ、教材サイト、そしてフランス語の勉強と、遊びながら学習していこうと思います。





投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です