今回のバカンスはちょっとちがう

バカンスがスタートしました

秋のバカンスがはじまりました。この時期になると、子連れのおじいちゃんおばあちゃんなどをよく見かけるようになります。働く親は大変です。

ところで、今回のバカンスは、いつものバカンスとはちょっとちがいます。ママといっしょに遊びたがります。しかもすごく。小学校がはじまり、フランス語の勉強も本格化し、パパがお迎えにいくこともあるせいか、ママとの時間が少し減りました。というわけで、今回はいっしょにジムへ行き、絵を描き、映画を見たりしていますが、おかげで仕事がまったくできません。しょうがない。

初めて作曲した歌

とはいえ、ひとりでおもしろいものを作っては見せてくれます。ペットボトルを使った楽器や乗り物、水性絵の具を出して絵を描いたり、そういえば音楽を作曲していました。おもしろかった。かなしいうたとか風のうたとか、よくわからないんだけど、いろんな歌を作りました。おばけからのメッセージがあって、そこに書いてある場所へいくとプレゼントがもらえるのだと言っていっしょに遊んだり。何もなくてもいろいろ遊べるなぁと思います。

ところで、ミミズは英語の歌をよく歌い、英語でいろいろ聞いてきます。小学校で英語の先生が来ておしえてくれるのだそうですが、それにしてもよく覚えてくるものです。One little two little three little Witchesという歌が好きですが、これはそのむかし、アタシが小さかったころはIndiansと歌っていました。Head, shoulders, knees and toesという手遊び歌も好きです。What date is it today?と曜日を聞いたり、What’s the weather like today?と天気を聞いたり。答え方も教わったみたいで、MondayからSundayまで、It’s sunnyやIt’s rainyなどもちゃんとわかっているみたいです。

サンタさんに送る手紙

そういえば、クリスマスも近くなり、広告などでも子どものおもちゃの案内が増えてきました。今年のクリスマスでは、日本のサンタさんにはおまわりさんの服をお願いしました。お手紙も上手に書いています。フランスのサンタさんにはみんなで遊べるゲームのようです。個人的には画材のようなものがいいのではないかと思うのですが、おもちゃがいいみたいです。「わたしが欲しいものはわたしが選ぶの!」というようになりました。

いろいろな成長が見られながら、日に日に年の瀬に近づいています。クリスマスの前にハロウィーンがあります。このバカンスでは小さなイベントが盛りだくさんありそうです。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です