九九を覚えた冬のバカンス

冬のバカンスが終わり、この月曜日から学校が再開されました。2月って短いのに、ミミズのバカンスと重なるので、例年、けっこう大変で、いろんなことを書いておきたかったのに、なにもできずにいます……。

この冬のバカンスは、プールも柔道もなく、天気も悪かったので、ふたりで太ってしまいました。で、ふたりで目標体重を決めて、その体重に戻るまでは大好きなアイスはお預けということにしたのです。

バカンス中の宿題はほとんどなく、詩の暗記と本の朗読はもう完璧なまでに練習しました。なのでアタシたちは、九九を暗記しようということにして、2週間で覚えてしまいました。まだ学校ではしっかりと習っていないみたいだけど、日本の小学校ではたしか2年生に九九を覚えたような気がして、フランスのCE1の算数の本でも、掛け算の問題があるので、覚えておいた方がいいということになったのです。

覚え方はもう完全なる丸暗記で、何度も唱えて覚える方式です。なので、お風呂で覚えました。ミミズは猛烈な勢いで唱え続け、2週間でほぼ丸暗記。覚えたことを忘れないように、ときどき「7の段は?」などと質問すると、まぁだいたい言えます。すばらしい。

この丸暗記は、どうやらミミズの自信ににもつながったようで、冬のバカンスを振り返ると九九を暗記したからもう不安がないと話していました。しかも、新学期の席替えで、念願の最前列となり、これでもっと頭がよくなると何だか喜んでいます。本当かどうかはわかりませんが、ともあれ、覚えられてよかったかな。





投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です