ランドセル背負ってCPへGO

ちょっと憂鬱なミミズ

2カ月の日本での夏休みが終わりました。この2カ月でいろんなことをやりました。そのいろいろは、また追って記録するとして、9月2日からミミズは小学校へ通っています。あーちゃんから買ってもらったランドセルを背負ったCP(Cours préparatoire=フランスの小学1年生)です。

小学校が始まるまで、ミミズは憂鬱でした。何が憂鬱かっていうと、小学校でテストの点数が0点になるのがイヤなのです。何だそれ?と思ったら、ネタ元はドラえもんでした。のび太くんが0点ばっかり取るからです。

登校初日、入学式のような公式なものはなく、小さな校庭に集まって、校長先生のお話を聞きました。今年は去年よりも生徒数が少ないのだそうです。それから、CPの生徒の名前が呼ばれ、教室へ入りました。いちばん手前の教室です。アシスタントは幼稚園にも来ていたDorineなので、ちょっと安心です。が、教室に入って好きな机に座ると、何となく不安な表情のミミズ。ナーバスになって泣いている子もいたので、そのせいかもしれません。

でも、迎えに行くと、小学校はとても楽しいところだと喜んでいました。ま、ダイジョウブかな。クラスメイトのほとんどが知っている子なので、あまり不安はないかなと思います。が、宿題があったことに気づきました。かんたんな宿題だけど、アタシもいっしょに勉強しようと思っています。ミミズには日本語の勉強を教えているので、フランス語はいっしょにやらないとフェアじゃないしね。

というわけで、ミミズの人生の第二ステージがはじまりました。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です