ランドセルが板についてきた

ランドセル姿も慣れてきました

小学校がはじまって早1カ月が経ちました。7時に起床、8時半に登校、いきなりはじまったフランス語やら算数やらの授業、学校が終わってからの宿題、月曜日と水曜日の柔道など、日々のリズムにもようやく慣れてきました。

事実、ミミズのフランス語はかなり上達していて、最近ではパパとふたりで話しているちょっとした会話が理解できないこともあります。また、すごいことに「ママのフランス語ってちょっと違う気がする」と感じはじめ、ママがよく理解できないと通訳しようとしてくれることもあります。

ランドセルを背負っている姿もだいぶ板についてきて、すっかりそこらへんにいる小学1年生のようです。でも、ランドセルが大きく見える日本の小学1年生よりも体が大きく、ちょっと生意気な感じかもしれません。

学校生活はとても楽しいみたいで、学校での話もいろいろとしてくれます。毎週木曜日はobjetsの日といって、何か家にあるモノを持っていくのだそうです。どんなモノを持っていったらいいのかよくわからないんだけど、明日、ミミズは手作りしたギターを持っていきます。本物のギターを持っていけばいいのではないかと思うんだけど、工作のギターがいいんだって。モノを忘れたら、毎日の評価表に黄色がついてしまうから、忘れずに持っていかないといけないと張り切っていました。

柔道も楽しんでいます。今年は人数が増えて、子どもクラスは25名ほどいます。幼稚園時代のお友だちもいて、なかなか楽しく通っています。おかげでずいぶん細くなったような気がします。入らなかった服が入るようになりました。

あと2週間で秋のお休みです。学校が忙しくなったせいもありますが、お休みがとても楽しみです。もしかしたらどこかに出かけるかもしれないので、ワクワクしています。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です