ミミズのルーティン

あまりよく見えないけれど森の紅葉がきれい

先週まで信じられないほど暑かった日々が、秋分の日を迎えたら途端に秋空に変わりました。朝晩、少しずつ肌寒くなり、どんよりとした冬への足音が聞こえてきます。この写真は、秋色の森の遠景を撮ったつもり。紅葉がきれいです。

ミミズの日々は、朝勉、学校、宿題、テレビ、夕食、お風呂、睡眠です。朝勉が少し大変みたいですが、スマイルゼミを7ミッション、漢字検定の練習、硬筆の課題、おはなしドリルと、日本語オンパレードで、よくまぁやっているなぁと感心します。漢字検定は、もう1カ月を切っていますが、ミミズは問題ないだろうと。問題はアタシで、まだまだ勉強が足りませんが、最後まであきらめずに勉強します。日本習字の硬筆の課題は、本当に毎日練習しているとどんどん上達するなぁと驚きます。7月8月の添削がどのように返却されてくるのかとても楽しみです。おはなしドリルは、やっぱり読み物としても楽しくて、あと2冊ほど追加で買おうと思います。

学校の宿題は、さほど面倒なものではなく、時にパパと、イヤイヤながらやっています。算数よりもフランス語の宿題が多いところを見ると、やっぱり子どもたちにとってもフランス語って難しいんだなぁと思います。最近のテレビは、ドラえもんとここなっちゃん。ドラえもんの歌をとても上手に歌い、つい最近まで音痴だったのに…と不思議です。

音痴といえば、日本大使館から教科書をいただいていますが、音楽の教科書もあったので、少し歌の練習もしたいなぁと思っています。というのも、昨日のことですが、これから習う水泳教室のために主治医の診断書をもらいに町医者に行ったとき、日本好きの先生が「さくらさくら」の歌を流してくれていたのに、ミミズ、知らなかった。そりゃそうか…と思いつつも、やっぱりちょっと教えておきたいなぁと思ったわけです。車の中で動揺を聞くようにしようかな。

ミミズが得意の変顔です

教科書といえば、先日、後期の教科書が数冊届きました。本当に毎回ありがたいです。というわけで、またいろんな課題が増えそうで、ミミズ、嫌がるかなぁと少し危惧します。日本語を使った学習は、あまり強制したくはないけれど、メリハリをつけてやらないとだらけるし、ドラえもんやここなっちゃんの動画で学ぶ言葉を、必ずしも正しく使っているわけではないので、やっぱりちゃんと教えたいと思うわけです。楽しく勉強するを心がけていますが、なかなかむずかしいです。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です