ママを越えた日

小学校で黄色い花が咲きました

小学校がはじまってそろそろ6週間、秋のお休みがそろそろはじまります。そんな昨今、ミミズはついにママを越えました。何が越えたのかというと、フランス語のレベルです。まちがいなくミミズは自分の方がママよりもフランス語を理解していると自覚しているし、パパがフランス語で勢いよくしゃべると、「ママはフランス語がよくわからないんだから!」と必ず味方してくれます。何よりアタシ自身、ミミズの方がまちがいなくフランス語の音を理解していると実感するのです。

たとえば、テレビ番組を見ていて、歌が流れるとミミズはいっしょに歌うようになりました。歌詞がわかるようになったのです。アタシが「なんて歌っているの?」と聞くと、スラっと答えてくれます。あ、そういう歌だったんだとアタシはわかるのです。

パパとの会話が理解できないことがあります。ミミズの受け答えがめちゃくちゃ早く、ふたりが何を言っているのかまったくわからないこともあります。何だかイヤな気分なんだけど、すごいなぁと感心します。

ついこの前、「ママのフランス語がちょっとへんな気がする」と言っていたミミズですが、最近は「私がママにフランス語を教えてあげる」と言って、学校の先生のように教えてくれます。たぶん先生にそうやって習っているんだと思うのです。何はともあれすばらしい、完全なるバイリンガルへと転身しました。

アタシは、父と同じ仕事をしていたころがあって、忘れもしない、27歳のとき、父を越えたと実感した瞬間が訪れました。それまでは、仕事の相談をしていたのに、その瞬間から、父から相談されるようになったのです。27歳にして、自分よりも倍以上生きている先輩から頼られるようになったというのは、なかなか自信がつくことだったのですが、ミミズは6歳にしてそれを成し遂げました。あっぱれです。

これからは、ミミズが学校で習得した言葉を日本語で同時に教えていかないといけないと思います。学年が進むにつれ、学校での勉強が大変になって母語の勉強を止めてしまうパターンもかなりあると聞きます。それでもがんばって続けていくことが、彼女の可能性を広げてあげられることにつながると信じています。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です