フランス最後の冬休み(かも)は曇り空とシトシト雨

先週からフランスの冬休みがはじまり、あと数日で終わろうとしている今日このごろです。ずっと悪天候で、どんよりとした曇り空、時折、うっすらと雨が降り、雨はやんでも何だか湿っぽい日々でした。この冬休み、山の方に出かける人が多いみたいで、何だかうらやましくもありますが、アタシたちはトイレのコントロールができない元気なフレンチブルドッグのすみちゃんと楽しいひとときを過ごしています。

今回のバカンスでは、1週目は午前中、パパと過ごす時間が多く、ミミズは毎日バトルっていました。口うるさいパパに反抗的で、信じられない言葉遣いで話します。今どきの子どもは…なんていう言葉では収まり切れないほどのXXL態度には驚きます。ミミズ、すごい。「自分だって止めたはずのタバコを吸ったりしているでしょ?」とか、一人前の意見を言い、こんなにも自己主張し、自分の気持ちに忠実でいられるなんて、ある意味、うらやましいです。

とはいえ、いま現在の課題は、おかたづけ。出したものを片づけるのにすごい時間がかかります。それから、言葉遣いかな。日本語ではそうでもないんだけど、フランス語でお父さんに対する言葉遣いがひどすぎます。ま、学校ではそういう態度ではないみたいだから、一種のガス抜きだと思うけれど。

毎日の勉強も、イヤイヤながらなんとかやっています。目下の課題は漢字かな。算数は問題なし。かけ算はほぼ完ぺきだし、学校の授業は簡単な様子ですが、家庭でやっている日本語の漢字や文章の書き方がめちゃくちゃかな。それでもまぁ、何とかやっているので、いま、日本に行ってもたぶんダイジョウブだと思います。よかった。

一方で、アタシの課題は、日本に行ってからのフランス語教育で、まず、アタシ自身、しっかりとフランス語を勉強して、公的な試験を受けようと考えています。たぶんダイジョウブだと思うDELFのB2を帰国前に受けてみようかと。その後は Ma classe à la maisonなど、サイトで勉強できる教材を使って行こうと考えています。しばらくは、日本とフランスを行き来することになるかもしれないけれど、いまのところは日本に腰を置く予定。







投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です