フランスの水泳教室はすごい

飛び込みが終わって指導を受けるミミズ

本日で水泳教室4日目ですが、ミミズは深さ4メートルもあるプールで浮き具なしで泳ぎました。フランスの水泳教室ってすごいです。平泳ぎからはじまりましたが、昨日からプールに飛び込む練習がはじまり、今日は背泳ぎをしていました。ミミズは、基本的に水は怖くないのですが、潜るときに鼻をつまんでいました。でも、水泳教室がはじまってからは鼻をつまむことなく泳いでいます。すばらしい!

この5日間の講習、会員カード作成料金を含めて90ユーロぐらいでしたが、90ユーロ以上の収穫がありました。また、ミミズのすばらしい体力に気づかされました。ほとんどの子どもたちが今日、ぐったりとしている中、ミミズだけは元気で問題なしと先生から太鼓判を押されたのです。アタシもそうですが、健康的で何よりです。病気がちのパパですが、体力はアタシに似たみたいです。

実は、ミミズに習ったことを聞いたり、仲良くなったプールの職員に少しアドバイスをもらって、アタシの泳ぎも改善されました。アタシも水泳を少し習いたいなぁと思ってプールの職員に聞いてみたら、大人にも短期の水泳講習があることがわかりました。個人レッスンになりますが、1回45分×5回で50~60ユーロぐらいなのだそうです。柔道週3日も習っているアタシには、毎週水泳教室へ通う時間はありませんが、短期の個人レッスンだったらできるかも。

フランスの水泳教育ってすごいなぁという話を友だちとしていたら、フランスで水泳教室がさかんになったのは、現政権の大統領であるマクロンがはじめた教育改革のおかげなのだと話していました(未確認ですが…)。だれがどうはじめたのかはいずれにせよ、ミミズはこの5日間ですばらしい成長を遂げたのは事実です。この夏、ミミズと日本のプールで泳ぐのが楽しみです。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です