フランスの小学校コロナで4月15日まで閉鎖

パパとサッカーして楽しむミミズ

外界との接触がほぼ閉ざされて2週間が経とうとしています。学校最後の日、学校から電話があって、熱が出たから迎えに来るようにと言われ、パニックになったあの日から、たった2週間しか経っていないのに、あれからバタバタとテレワークに移行し、パパの会社も閉鎖となり、ミミズは来週から学校がはじまるとワクワクしていたところ、学校閉鎖がさらに延期されました。

ミミズは「エーッ! 学校に行きたいよぉ!」と叫んでいます。この孤立した状況、子どももストレスになっています。

とはいえ、田舎で生活しているアタシたち、小さいながら体を動かすことのできる庭があって、外出制限の範囲内にちょっとした雑木林があるので、ストレスを貯めずに何とか毎日楽しく過ごしています。近所の人たちも元気にしています。このあたりの人たちは、何もやることがないから、庭の大掃除をしています。毎朝、草刈り機の音が聞こえてきます。よくいえば、のんびりしていて、あまり危機感がありません。

妖怪バックベアードが写真に写っている……

ミミズにちょっとした変化があったとすれば、想像の世界がどんどん広がっていて、何だかとてもおもしろいということかな。雑木林での散歩では、ここはゲゲゲの森(ゲゲゲの鬼太郎の世界)で、ミミズは電気妖怪、アタシは猫娘という設定で戦いが繰り広げられています。最近では、ポイントとなる木に名前をつけて、大切な木、チョキの木、新しい木などと呼び、「猫娘、大切な木に避難しよう」と楽しく遊んでいます。

パパともいろいろ遊んでいて、外ではサッカーやらバスケ、家ではゲームなんかをやっています。ゲームは一日1時間が上限で、スマイルゼミのゲームもやっているので管理が大変です。

夜のお風呂では、ママとミミズが入れ替わり、ミミズがママとなってワーキングママの役を演じ、アタシは3歳のミミズを演じます。ミミズはお世話するのが大好きで、何でも買ってあげるママです。本当のママはダメというからかもしれない。すぐに何でも買ってくれます。

忘れてはならないことですが、朝の勉強はいつも以上にやっています。スマイルゼミが小学生講座に移行し、いつもの課題にプラスして、学校から毎日の課題もあります。週4日、朝10時から仕事がありますが、それまでの時間で勉強と朝の散歩をこなしています。ある意味、健康的な毎日です。

あと2週間、また我慢の日々です。でも、そのまま春のお休みに入るので、まだ1カ月、こんなふうに家で過ごすことになるのでしょうか。本当に学力が心配になってきます。

投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です