フランスの小学校を今日で卒業します

日本に行くことが決まり、フライトがキャンセルになってから、しばらくして突然、また行けることになり、何だか気持ちが落ち着かない日々が続いていました。でも、その一方で確実にカウントダウンがはじまっていて、いよいよ今日、ミミズはフランスの小学校をやめることとなりました。

あまり悲しんでいる様子はなかったけれど、今朝、友だちと別れて悲しくなるなぁとつぶやきました。親友のソフィアが心配です。彼女にはほかに友だちがいなくて、ミミズがいなくなるとさみしくなります。昨日は、クラスメイトの男の子の友だちから、手作りネックレスをもらいました。なかなか本格的でビックリ、ミミズのことが好きだったみたいです。アタシもよく知っている子で、サッカーの仲間でもあります。こんなふうに悲しんでくれるお友だちに恵まれて、ミミズは本当にいい子なんだなと思いました。

最近、とても物の言い方が悪くて、パパと毎日言い合っていますが、今回の旅立ちと関係があるように思えてなりません。でも、コロナ渦でずっと何もできずにいたので、今回の旅立ちは、たぶんいい方向へと進んでいくはず。少し早めの夏休みに日本へ行くつもりで楽しもうとふたりで言い合っています。

アタシが20年ほど前、日本からスペインへ旅立ち、スペインで10年ほど生活し、夫と結婚してフランスへ旅立ったとき、もうスペインには生活者として戻ってくることがないと思ったら本当に悲しかった。でも、今回、フランスから日本へ旅立つのは、あんまり悲しくなくて、それはここフランスに家族がいるからです。ミミズがやっぱりフランスがいいと言ったら、何の問題もなく戻ってくることができる。学校の校長先生も、ミミズのためには門はいつも開いていますよって言ってくれました。だから、あんまりあれこれ考えずに、日本へ行ってこようと思います。

今日、パパが作ったケーキを持って学校へいきました。アタシはさまざまなアクティビティに参加していたので、全学年の生徒たちから親しくしてもらっていて、心のやさしい生徒たちは泣いてくれました。アタシもついもらい泣き。でもミミズは終始、元気でした。CPの先生が涙目で別れを惜しんでくれました。とくにアタシに。CPの生徒たちのお手伝いをやっていたからです。担任の先生もスカイプで会いましょうと言ってくれ、勉強できるように本を2冊くれました。来年予定の先生も連絡を取りましょうと言ってくれたし、本当に小さな学校で育ったミミズは幸せ者だなぁと思います。

これからは家でフランス語の日々となります。アタシもフランス語を真剣に勉強しなければならないから、ミミズといっしょに勉強を続けていくつもりです。フランスで日本語教育ではなくなりますが、これからも二つの文化を共有するミミズの成長ぶりをつづっていきます。







投稿者: ミミズ母

現在、フランスに住んでいるミミズママです。フランスの学校に通っている娘に日本語を教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です